ゆく年くる年

今年も最後の1日。

NHKしかうつらないので、視聴率競争なんかそっちのけで紅白を見るしかない。
しかしいざはじまったものの、なんか今日は日本が悪天候だからか、
途切れ途切れにしか映らないし、映っても砂嵐を上からかけたような映像。
モーニング娘。の時も、Wユーが出てきた時点でブチッと。
Aikoもワンフレーズしか映んなかったし。。。
途中でESPNというスペイン?の放送局に勝手に切り替わっちゃって、
サッカーの試合なんかになったりしちゃうし。
調子わるいんである。

別にこの辺りはうつろうとうつるまいといいんだが、
私の楽しみにしている「マツケンサンバ」の時だけは持ちこたえて欲しい。
マツケンサンバだけが私の年越し気分を盛り上げてくれると言っても過言ではないのだ!


さて、ここで年末お決まりの今年の総括と来年の抱負をば。

今年は・・・
人生自分のコントロール通りにならないんだなってはじめて体感したよね!
今までの、どちらかといえば、「やりたいことは力技ででもなんとか叶える」人生に
突如襲ってきたビッグサプライズとでもいいましょうか。
「およよぉ~っ!」ってな気分ですね。

だって今年はずっと瀋陽にいても、日本に帰った後のことばかり考えてた。
瀋陽でやってたことも、日本に帰ってからの準備ばかりだったし。
中国から逃げはしなかったけど、完璧に目はそらしてたなぁ。
もう中国にオサラバする気満々で、オサラバできるだろうと信じてたしね。
それが思いもしない上海転勤。

瀋陽でやったことがムダだったとは思わないけど、
あんまり先取りして準備しても外的要因によってムダになる場合もある、ということに
最後の最後に思い知らされた年だったかな。

来年・・・ねぇ。
これほど次の年に対してビジョンがないことって今まであったかなぁ?
っていうくらい来年何してるか自分でも謎。
今まで常に「来年」「3年後」「5年後」くらいまではビジョンがあったんだけど。

今は私にしてはめずらしく
「どうなってもいい」って感じ。
変な意味じゃなくってね。

という状況だから、来年のことは全然わからないけど、
少なくとも新たな気持ちで中国に向き合わなきゃな~、と思っている。
中国にいるということに目を背けちゃいけないんだな~、って。
それが来年の「基本理念」ですね。

よく考えれば、
なんのビジョンもない自分、というのも久々すぎてかえって新鮮!
このニュートラルさを生かして、無理なくチェンジしてこうかな?

来年はみなさんどんな年にしたいですか?
それぞれにとって素敵な1年になりますように!

さて、
マツケンサンバ、無事にうつるかな?
by fenfenblog | 2004-12-31 20:52 | 上海・瀋陽


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

その他のジャンル