かごの中の平和

我が家のおじいさんたち。
b0070950_20175378.jpg

「おじいさん、お茶でもいかがですか?」
「いただきましょうかね~」

おじいさん達は毎日とても平和です。
自分達が鳥かごの中に閉じ込められていることにも気づいてないようです。


明日からとりあえず大阪です!
# by fenfenblog | 2004-11-30 20:21 | 上海・瀋陽

三秒勝負

今年初めてのロングダウンジャケットと起毛ブーツを装着し、
寒空の中、銀行へお金を下ろしに行った。
どれくらい寒空かと言うと、日が当たらないところを10分歩いたら、
自然に鼻水が出てきちゃうくらい。。。この現実はそこはかとなく悲しいね。

着膨れて機敏な動作が出来ないながらも、えっちらおっちら大通りを歩いていたら
横の交差点の横断歩道から荷車自転車(荷車が自転車の前についてるタイプ)の
おっさんがシャーっと横断してきた。
彼はそのまま真っ直ぐ進むように見えたので、おっさん通過後に交差点を渡ろうとしたら、
なんとおっさんがこっちへ曲がってくるではないか!

おっさんはのんびりハンドルを切っていたようだが、
荷車自転車は荷車が前についている為、前の荷車は1メートル以上先を急カーブで
私の方へ突進してきた。その上荷車の先っぽにはギザギザの板が!!
あやうくぶつかりそう!

すかさず、おっさんに向かって
「ちょっと!あぶないやんか!何すんのよ!」と日本語でガン飛ばしてしまった。
おっさんはチラッと見ながらも、ふふーんとそのまま走り去っていった。
それを見て憎々しげに舌打ちしながら道路を渡る私。

・・・あぁ・・・「大和撫子」なのに・・・

いいんでしょうか?こんなことで?
やりたくってやってるんじゃないんだけどね!

だってそうでもしないと生きていけないんだもぉ~ん。
まあ、がんばって張り合ったりしなければいいのかもしれないが、
がんばらないと、余計に嫌な事が降ってくるのが中国なのだ。


実際、中国では出だしの3秒ですべてが決まっているのでは?と思わせられることが多い。
これを私は「3秒勝負」と呼んでいる。

道行く人たちはお互いをじろじろ見て、いろんな意味で「値踏み」する。
お金持ってそうか?人が良さそうか?騙せそうか?自分が勝ちそうか?お得そうか?
お店の人だって同じ事をする。まずお客を値踏み。
みんな別に悪人だったり悪気がある訳じゃなく、それが中国での普通なのだ。

そしてその3秒の値踏みの後、みんなおもむろに行動する。
しゃべりかけてきたり、横入りしたり、しつこく薦めたり、値段吹っかけてきたり。
話し方そのものも、丁寧になったり、つっけんどんになたりする。
「友好」なんていうのは値踏みの後にしか存在しない。

だから最初の3秒は私達外国人にとってもとても重要。
ここでどう思われるかで、不快な目にどれくらい会ってしまうか決まるのだ。
なんとしても「3秒間ガン付け勝負」に勝たなければならない。

これに勝つ、もしくは一目置かれるかすると、
みんな丁寧に対応してくれるし、あんまり嫌な目にも会わない。
もしくは「嫌な奴だが一筋縄ではいかない」と思わせなければならない。
中国では「攻撃は最大の防御」なのである。

だから私は道やエレベーターで見知らぬ中国人にジロジロ見られても
ガン飛ばし返し攻撃!で絶対目をそらさない。甚だ態度のでかい恐い女である。
お店でもよくしてもらってからしか「にっこり」もしない。
まず「勝負」。それから「気が向いた場合のみ友好」なんである。

こういう自分の行動を日本女性として振り返ると「どうかなぁ?」とは思う。
「どうかなぁ?」と思いながらも日々「三秒勝負」を繰り返す私なのである。
# by fenfenblog | 2004-11-29 22:08 | 上海・瀋陽

ご立派なお姿

我が家のオクラ、通称「おっくー」の晴れ姿。
立派に10センチ近くまで成長しました。
b0070950_10561348.jpg

毎朝「見て~!おっくーがこんなおっきくなってる~!」という楽しみを
私達夫婦に与えてくれた、かわいい「おっくー」。

晴れ舞台は
カツオブシちゃんとしょうゆくんとマヨネーズさん
とのコラボレーションに決定。

立派にネバネバしてました。

「おっくー」が私に教えてくれたこと。
瀋陽でもやればできる(笑)
# by fenfenblog | 2004-11-29 11:03 | 上海・瀋陽

カラオケ、のちチーズケーキ

またまたダーリンとふたりカラオケへ行ってしまった。。。

ダーリンはカラオケは全くと言っていいほど興味ない人なのだが、
私が大好きなので、気の向いたときだけお付き合いしてくれる。

しかし、
今回は結構盛り上がりましたね~。(ふたりで?)

お目当ての周傑倫の「七里香」が、お客の歌いすぎ?のためか
そのディスクだけ針のとんだレコードみたいになっちゃってて
画像と音楽がずれずれで歌えないやんけ~!!と
ちょっとお怒りモードに陥ったり、

私の大好きなEasonの歌が全然ラインナップされてなくって
これまた不機嫌モードになりそう!という危機もあったけれど、

それらはすべて「勝手に孫燕姿メドレー」でカバー!!
やろうと思えば連続10曲もいけるしね!(・・・って自慢?)

ダーリンも「カラオケで歌えそうな曲の発見・および練習」という目的?
で臨んだせいか、私との歌唱比率は40%までアップ!
前回のカラオケで比率1%だったのに比べたら大進歩である。

ボックス内で踊ったり、デジカメ撮ったり、まさにアホ丸出しなふたり。
会計時に初めて3時間も歌っていたことを知る熱中ぶりであった。

その後そのまま西塔にサムゲタンを食べに行く。

帰ってきたのが7時。
普段ならもう「へとへとモード」なのだが、気分がハイになっているせいか、
「よっしゃ、チーズケーキでも作るか!」と夜8時から2人してケーキ製作。
b0070950_13214622.jpg

そんなこんなで夜10時にチーズケーキを食べ、
今日はちょっぴり胸焼け気味です・・・(笑)

でも楽しいっていうのはいいね!
# by fenfenblog | 2004-11-28 13:29 | 上海・瀋陽

出会い

きのう、塩野七生の「サイレントマイノリティ」を読んでいる時、
ふと突然に

「やっぱりピンとこなきゃだめなんじゃないの?」

と強く強く感じた。

こんなこと突然言っても謎かけのようになっちゃうので、
ちょっとさかのぼって帰納的にご説明いたしますと、

少し前にNHKの「トップランナー」(だったと思う)に
今年直木賞をとった「邂逅の森」の熊谷達也さんが出ていて
小説を書こうと思ったきっかけは、保険の代理店業務をしていたある日、
出かけてから突然その日はアポがひとつもないことに気づき、突然
「そうだ!小説を書こう!」と思ったのだそうだ。

・・・すごい飛躍。作家さんってやっぱりすごいな~、と思う私。

それからしばらくたった先日。
村上春樹の「やがて哀しき外国語」の中にも、
29歳の時神宮球場に野球を見に行って、外野席に寝転んでビールを飲んでいて、
ヒルトンが二塁打を打った時に、突然「そうだ、小説を書こう」と思った、
というくだりがでてきた。

・・・春樹、お前もか。とこの時点では思っていた。

でも、きのう全然違う塩野さんの本を読んでいる時に、
半分の脳は、読んでいた小難しい内容が分かるような分からないような気になりながら、
半分の脳は、ここしばらく将来についてあーでもないこーでもない考えて、
その割には全然答えが見つからないこと、
なんではっきり決められないんだろう、いつ決心がつくんだろう、
などと考えるともなく考えていたようで、

その時、ふと、でもとてもとても強く、
「やっぱりピンとこなきゃだめなんじゃないの?」
と唐突な想いが浮かんできたのだ。

私は別に作家になるわけじゃないけど、
「なんかやりたいな~、これはなかなかよさそうだな~」とかじゃなくって
「これだ!これをやるぞ!その後はどうなってもいい!」というのが来ないと
何やってもダメなんじゃないかって。

「恋がしたいなー」と探すんじゃなくって
「恋に落ちてしまった」ような。
なぜそうなのか、理由を説明できないような。

もちろんそういうタイプじゃない人もいるだろう。

でも、私の今までをつらつら思い起こしてみると、
ピン!と来てやったことしか成功(長続き)していない事が判明。
典型的とも言える「直感型」だったことを久々に思い出す。

最近行動力がめっきり落ちてきたな~、よくないな~と思っていたが、
それはそうじゃなくって、行動したいようなことに出会ってないのかもしれない。

これぞというものに出会えない時は、
次の出会いのために力を蓄えておくのもいいかもしれない。
全然関係ないけど、その時がんばりがきくように体を鍛えるとか。

世の中すべて「出会い」なのかもしれない。
その「出会い」の中には、運命とかタイミングとかすべて含まれてて。
それをコントロールすることは私達には出来ないのかもしれない。
決めることが出来るのは「出会った後」のことだけ。

火山の噴火のように突然かつ強烈で、
あっ!と思ってるうちに足元が盛り上がって山になってしまって、
その後、山は確実にそこに存在し続けて、
私も、ほかの誰も、そこが以前どんなだったか思い出せない。

そんな「出会い」を私は待っている。
# by fenfenblog | 2004-11-26 12:16 | 雑感あれこれ

やがて哀しき外国語

村上春樹の「やがて哀しき外国語」を今更読んでみた。
ブッシュパパが大統領だった時代のアメリカプリンストン滞在記。

村上春樹の本って、すごく透明感のある「僕」の話って感じで
清らか過ぎて?あんまり手に取る気になれない時期が続いたんだけど
なんかこの間東京の本屋でふと手にとってみたのよね。


さてその中に、
『にぎやかなディナーで大勢の話す英語の会話のスピードについていけず、
2時間くらいで神経がくたびれて集中力が低下し、
こっちの英語もだんだんうまく出てこなくなる。いわゆる「電池切れ」症状である。』
というくだりがあるのだが、

何冊も英語の翻訳をしている春樹氏でもまだあるのねぇ、そんなこと。

私も最近電池がゼロになって落ち込んだことがあった。

その日は昼に日本領事館でのランチ会があり、
大勢のご婦人方と久しぶりに一気に対面したので、それなりに頭がつかれていたようだ。

そのまま夜にアメリカ人教師の家でのクッキングパーティーに行ったのだが、
その時点で電池の残量は低かったらしく、聞き取りもイマイチできない状態。
返事も「Yes」「OK」レベルのみ。

その日初対面のドイツ人(英語ペラペラ)がいて、色々話したいと思ってはいたものの、
もうテーブルを囲んでトークタイムに入ったときには、私は電池が切れてて、
耳で話の筋を追うのもおぼつかない。
中国人クラスメートの英語に口を挟むことも出来ない。

私はただじっとして、寝そうになりながら目を閉じないように踏ん張っていた。
そんなんだから、時々良く分からない「アルカイックスマイル」なんか浮かべてみたりして。

彼は、私にあきれたのか憐れんだのか分からなかったが、
私についてはほぼ無視だった。。。

こういうの!哀しいよね~。
力を発揮してもイマイチなことには変わりないけれど、
ベストコンディションでないときの外国語って!

春樹氏は、
外国語を話すのは「気の毒と言えば気の毒、滑稽といえば滑稽」であり、
ときおり「なんでこんなことやってなくちゃいけないのか」と思う、
と言っている。

まさに私もそうです。
もちろん中国語も英語も。

ほんとう「やがて今も哀しき外国語」なのである。。。
# by fenfenblog | 2004-11-25 12:59 | 学び

オクラの花

b0070950_11405742.jpg


オクラの花って~
こんなんだったんですね。

結構プリティ。

その横のが親指大のオクラちゃん。

彼しかちゃんと育ってくれてないんですけど、
誰が食べるんでしょうかね?

ケンカしないように切り刻んだり・・・?
# by fenfenblog | 2004-11-24 11:46 | 上海・瀋陽

現状報告

さて、ブログオープンもうまくいったところで!

今の私について。
(さっそくの自己中ネタでごめんあそばせ~!)


今ね~、私はね~、

「精神的浮浪者」なの。
または、
「精神的ドッペルゲンガー」でもいいけどね。

ドッペルゲンガーって知ってます?
日本語で言うと「幽体離脱」ね!

ま、わかりやすくいえば
「心ここにあらず。」

それも
「心全然ここにあらず。」

困りましたね。これは。


とにかく日常的なルーティンなことに
全く興味が沸かないのよね。
ご飯をつくるとか。
お風呂に入るとか。(ま、さすがに入るけど)

なのに
肩こりダーリンに「バリニーズマッサージ」してあげる!
なんて気だけは満々にあったり。

久々に着付けの練習でもするか!
中国に来て一度も出したことのない着物を出してみたり。


理由はわかってます。
言えないだけで。

「王様の耳はロバの耳」
でも穴も掘れない非力でおしゃべりな私。
幽体離脱するしかないわよねぇ。

「王様は実は裸なんだよ」って言えたら、
現世に帰って来れそうな気がするな~。

待っててね!
# by fenfenblog | 2004-11-23 19:56 | 上海・瀋陽

つれづれなるままに初ブログ

つれづれなるままに 
日暮らし硯にむかひて
心にうつりゆくよしなし事を・・・


ってわけじゃないですが、
私もはやりのブログデビューしてみました~。

パチパチパチ。

ん?遅い?
でもやっと
「ブログ」とか「トラックバック」とかの用語が理解でき、
どこが提供してるブログがいいか調査検討・・・
と悠長なことしてたら今になっちゃったの。

というより、
来週から一ヶ月ほど日本に帰るので、
それにあわせて、実家のPCからも更新できるように
「別館」を仮オープンしたわけでありま~す。パチパチ。

それに、今大流行のブログとやらをやってみたかったのもあるし。
なんかHPよりも大量の人が個人運営している分、
もっともっとインタラクティブっぽいものね。

ということで、
「別館・我要的幸福」ということもあり、
あんまり瀋陽に特化してないブログになる予定。
今までの「今天的幸福」の拡大版って感じで。

ブログの作成の手引きみたいなのに
「テーマのないブログはだめ」って書いてあったけど(涙)

テーマは・・・
テーマは・・・

「心にうつりゆくよしなしごと」

ですかね?

とっても「自私」なブログ目指しま~す(笑)
# by fenfenblog | 2004-11-23 19:17 | 雑感あれこれ


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

イヌ
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

人気ジャンル