<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久々更新~☆

b0070950_2192573.jpg

先日の選挙日に市役所前でのバトー。
キャリーインでの投票後、外に出て下ろしてあげたのに、歩きたくないのか全く外に出ません・・・(笑)
相変わらずの省エネバトーくんでござります~。


久々の更新!皆様ご無沙汰してます~。
4月から新規の仕事先が増えたのもあって、
生活サイクルが定まらず~、
プラス、お仕事ブログやTwitter、Facebookなどにも
どんどん投稿しないと・・・ってことで、
こちらのブログ更新が滞ってます(汗)

でもこのブログは私のオアシス~♪♪
(だって、仕事ブログは好きなこと書けないんだも~ん)
なので、忘れた頃更新になろうとも細々続けていく予定ですので、
今後ともよろしくお願いします~。

皆さんのブログにも最近コメントできずご無沙汰してますが、
Googleリーダーで携帯などから楽しく読ませてもらってます!
また落ち着いたら皆さんのブログにもお邪魔させてくださいね☆

ではでは。
取り急ぎの近況報告でしたっ♪♪
by fenfenblog | 2011-04-23 02:32 | バトーとの日々

元気出して行こう!

b0070950_253100.jpg

色んな学校の入学式も終わり、
本格的な春!って感じになってきましたね~。

春は嬉しくて楽しい季節の反面、
慣れない生活でバタバタ&心もザワザワ、
なんだか疲れたりもしますよね。

私もこの間、初出勤から帰った後に気絶(爆睡)してて、
ダーリンに怒られました~(汗)
気絶前には、ロックの解除を忘れずに☆


そんなこんなで。
春は色々あるけれど。
特に今年の日本の春は色々あるけれど。。。

元気出して行こう~!!
by fenfenblog | 2011-04-12 02:12 | 日々是日常

Sweet TOMATO

b0070950_11221344.jpg

おいしそうなトマト♪♪

風評被害を受けているとニュースで見た、
「とまとランドいわき」さんから届きました。

ある朝、
ダーリンから「代引きでトマトが届くからよろしく」って
携帯メールが・・・。

いわき市は、ダーリンが数年間暮らした街。
そういえば、前日夜のテレビで風評被害のニュースを見たっけ。

しばらくして届いた二箱のトマト。
バトーくんも嬉しそうにくんくん・・・最後はペロペロ~(汗)

こーんなにおいしいそうなトマトが廃棄処分になったらもったいないよね。
他のお野菜も風評被害で同じようになってるんだろうなぁ~。

丹精込めて作られたお野菜達。
できるだけ無駄にしたくないなぁ・・・と思う私です。
by fenfenblog | 2011-04-06 11:36 | 日々是日常

『いと-運命の子犬』

いと―運命の子犬

原田 マハ / 文藝春秋


発売前から色んな方のブログで紹介されていた、
『いと-運命の子犬』を読みました。

介助犬候補の子犬だった「いと」の成長を、
『盲導犬クィールの一生』の秋元良平さんの写真と、
原田マハさんの文章で綴った物語。

「いと」ちゃんの物語とともに、
「介助犬とは何か?」ということや、その歴史も併せて語られています。

読んでみて最初に思ったのは、
なんとまぁ、いとちゃんの可愛らしいこと!!
レトリバー好きの私。メロメロにノックアウト~でした。

介助犬については、テレビ番組などの特集を見たりしていたので、
知っている内容もありましたが、とても勉強になりました。

確かに盲導犬とは違って、
介助犬を街で見かけたことは、私もないような気がします。
でも本当は、介助犬がもっと身近な存在にならなければいけないですよね。

もし自分が何かのことで介助が必要な身になったとしても、
その時頼もしくて可愛いワンちゃんがそばにいてくれたとしたら・・・
なんだかとっても頑張っていけそうな気がします。
そんな人はきっと多いんじゃないかしら??
そう思うと、これは決して他人事ではないと思いました。


そして、読了後数日。
思いがけず、全く別の感想を持ちました。

それは私が今、
大震災の影響で飼い主と離ればなれになった犬のことや、
避難所で問題になっている犬のことなどを、
しょっちゅう考えてるからだと思うのですが。

いとちゃんは、介助犬候補の子犬だったので、
「繁殖ボランティア」→「パピーホーム」→「訓練所」→「一般家庭」
と4回もホームが変わっている。
でもそのいずれででもすごくみんなに愛されている。
そのことにとても感銘をうけました。

みんなに愛されて、いとちゃんはどこへ行っても幸せだろうなぁ~って。
それはいとちゃんがみんなに愛されるような犬だからなんだろうなぁって。

そう感じたとき、
こんな不安定な世の中では、
自分の愛犬を「どこへ行っても愛される犬」にしてあげることが、
飼い主の一番の責任なんじゃないかな?
と改めて思いました。

自分が自分の犬を愛してるだけじゃいけないんじゃないかなって。
自分が自分の犬を愛するのは当たり前だものね。
(もちろんその当たり前のことが出来ない人もいますが)

明日何が起こるかわからない。
いつ可愛い愛犬と離ればなれになってしまうかもしれない。
そんな時でも、愛犬がどこかの誰かの目に留まって可愛がってもらえるように。
もしかしたら、そんなことも視野に入れる必要があるのかもしれません。

例えば、バトーの場合。
人懐っこいキャラクターというのは、もはや望めないので(汗)
見知らぬ人に可愛がっていただけるかは謎ですが、
せめて、ある程度お行儀よく、しつけが入った感じがわかるように、
そして、なるべく身綺麗にして、衛生上問題ないことがわかるように。

「特に誰のお邪魔にもなりません」ということをアピールできれば、
きっと誰かから「助けてあげよう」と思ってもらえるかしら・・・?
などと、飼い主としてはあれこれ考えてしまいます。


介助犬のような、お仕事をする犬だけでなく、
一般の家庭犬も「公共の中での自分の愛犬」というのを、
意識する必要があるということを、
今回の大震災で考えさせられた私です。
by fenfenblog | 2011-04-01 13:34 | 読書


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

イヌ
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

人気ジャンル