<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『犬と猫と人間と』

b0070950_1334681.jpg

先週、『犬と猫と人間と』という映画を見てきました。

日経トレンディネットL-Cruiseでの
この映画の監督飯田さんと富士丸くんの飼い主穴澤さんの
「動物と人間~そのやさしさの距離」という対談記事を読んで、
見てみたいなと思って。
大阪での公開を待ってひとりで行って来ました。
(大阪では阪急十三駅から徒歩5分の「第七藝術劇場」で上映中です)

内容については、
オフィシャルサイトを見てもらうのが一番いいと思うので、
ここで説明することはしませんが。

映画の中で印象に残った言葉をいくつか。

まず監督によるナレーションでの
日本は「ペット大国」ではあるけれど、「ペット天国」ではない。
っていう言葉。

それから、動物愛護活動をしているマルコ・ブルーノさんの
日本の犬には生まれたくない
っていう言葉。

神戸市で活動している犬の譲渡活動支援ボランティアCCクロ代表の
実現可能の最高峰が「理想」、それ以上は「空想」。
空想を掲げる愛護団体が多すぎる。

っていう言葉。

元日本動物愛護協会付属動物病院長だった前川先生の、
まず人間が平和で豊かに。そうじゃないと動物を慈しむ気持ちになれない。
っていう言葉。

映画の中で語られた言葉なので、正確には少し違うかもだけど、
それらの言葉を聞いて、「あぁ、そうだなぁ・・・」と思う自分がいました。

どんなこともそうだけど、理想と現実を見つめながら、
継続可能な方法を探していくって、本当に難しい。
後、きれいごとを言うだけじゃなくって、責任持って行動することも。
私にはどちらもまだまだ難しい・・・。

私にとって、継続可能で責任持ってできることは、
バトーを迷子にしないこと、ちゃんとしつけをすること、最後まで面倒見ること。
それはとても小さなことのように思うけれど、
これらの理由で行政の動物センターなどにいる仔が多すぎる!

映画の中で「しろえもん」というワンちゃんがいて、
動物愛護協会から1度は里親さんのところに行くものの、
やんちゃすぎて戻されてきて、その後は愛護協会のスタッフさんたちが
あの手この手でしつけ・・・。トレーナーさんによってやり方が違うので、
映画に出ていただけで3人も変わってました。

でもね、しろえもんとバトー、どこが違うのか分からないっていうか、
ほとんど同じキャラクターのような気が・・・。
そんな特別な問題犬じゃないと思ったのよね~。
ただなんていうか、作業意欲が強いって言うか。
しろえもんもパピーのときに、もししつけをしてもらえていたら、
今ここにいないんじゃないかな?なんて思ったり。
(彼は2009年9月時点でまだ里親募集中の5歳のミックスワンです)

だから、一人一人がしつけとかオンリードとか、
飼い主として基本的な、ひとつひとつは小さなことを実行できたら、
日本全国で1日1000頭近くも殺処分されずにすむんじゃないかしら?

増やしては殺す・・・そんな悪循環な社会でいつまでもいてほしくない、
そう心から思いました。

映画自体は、4年もかけて製作されたドキュメンタリーで、
なるべく監督のフィルターを通さないように作られていて、
「動物愛護~!」みたいなヒステリックな論調でも、
お涙頂戴的な調子でもないので、じっくり観ていただけると思います。
by fenfenblog | 2009-11-30 01:32 | 雑感あれこれ

3歳になりました

b0070950_13222421.jpg

我が家のバトーくん。今日が3歳のお誕生日です♪♪

みんながそうなんだろうけど、
「もう3歳~?」と思ったり、「やっと3歳~!」と思ったり。

なんとなくだけど、パピーの頃から色んな人に、
「3歳になったら落ち着くよ~」って言われていたからか、
私の中では3歳からが「オトナの犬」ってイメージで、ちょっと感慨深いです。
とはいっても、バトーが大人ワンコかっていうと微妙だけど~(笑)

b0070950_13512830.jpg


お誕生日プレゼントは何にしようかなぁ?
バトーがリアルに喜ぶものがいいよねぇ?って、
あれこれ考えてたらついうっかり注文が遅れ、
プレゼントも間に合わず~(汗)
バトーくん、もう少々お待ちくださいね♪♪

b0070950_13522214.jpg


3歳の目標は・・・そうねぇ~。
アジについては、もうちょっと足の疾患のことを勉強してから決めるとして。
オビはまずCDⅡに合格できたらいいな~。
ダーリンと一緒に楽しめる何かを始めるのもいいよね!

b0070950_1424623.jpg

バトーくん。
これからも、健やかに、楽しく、一緒にやっていこうね♪♪
by fenfenblog | 2009-11-26 14:05 | バトーとの日々

『獣の奏者』

b0070950_2334489.jpg

バトーと暮らす毎日の中で自然と考えるようになったこと。

それは、「人間」と「動物」の関係についてのあれこれ。
例えば、動物との「絆」とか「距離感」とか「本能」についてとか。

他にも、バトーとトレーニングをする中で感じるあれこれ。
例えば、「人間がリーダーになるってどういうことか?」とか、
「褒めることだけでのトレーニングは可能なのか?」とか、
「指示を聞く犬と自分で考える犬、結局はどちらがいいのか?」とか。

もちろんこういうことに答えはないんだけど、
私って答えのないことをあれこれ考えるのが好きなのよね(←暇よねぇ)


そんなときに読んで引き込まれてしまったのがこの本。

獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)

上橋 菜穂子 / 講談社



獣の奏者〈2〉王獣編 (講談社文庫)

上橋 菜穂子 / 講談社



作者は「精霊の守人」シリーズの上橋菜穂子さんで、
カテゴリーとしてはファンタジーになるのかな?
今NHKで放映しているアニメ「獣の奏者エリン」の原作でもあります。

NHKのアニメを何の気なしに見ていたとき、
それがたまたま主人公のエリンが王獣(巨大な鳥です)のリランに
飛翔訓練をするシーンだったんだけど、
それがなんか犬の訓練にも似ていて思わず笑ってしまって。

それで原作「獣の奏者」を買って読んでみたんだけど、
一冊目なんて、夜ベッドに入ってから何の気なしに読み始めたら
止まらなくなって、結局全部読んでしまったほど面白かった!
上橋さんの本は、ファンタジーと言ってもいつもとっても深いけど、
今回のこの本も、さすが文化人類学者!って感じでした。

テーマはまさに、「人」と「獣」の絆とは?ってこと。

もちろんストーリー上はそれ以外にも色々とあるんだけど、
少女エリンと王獣リランの関わりの移り変わりが興味深くて。
「人」と「獣」の関係って深いなぁ・・・って思っちゃいました。

ファンタジー嫌いの方にもお勧めの、大人のファンタジー小説です!
by fenfenblog | 2009-11-23 00:30 | 読書

MJ

b0070950_2322532.jpg

いろーんな人から「絶対見たほうがいいよ!」って熱く薦められていた映画、
マイケルジャクソンの「THIS IS IT」ようやく昨日見てきました!

もーねー、なんかわかんないくらいよかった!!

見る前は、マイケルの最後の姿を見たいな~って思っていて、
序盤は、元気なマイケルを見て複雑な気持ちになって、
中盤は、パフォーマンスの凄さにどっぷり引き込まれて、
終盤は、マイケルからのメッセージに感動して・・・。

ダーリンと二人、ウルウル泣きながら見ました!!
(お互い「I'll be there」と「Man in the mirror」で泣いちゃった~)

27日まで上映しているそうなので、
興味はあるけどまだ見てないな~、という方には是非見てほしいです!
by fenfenblog | 2009-11-22 23:23 | 日々是日常

THIS IS IT

b0070950_1427452.jpg

今からマイケルに会ってきます〜(^^)/

映画館自体何年ぶりだろ〜?(^^ゞ

楽しみ〜(^o^)
by fenfenblog | 2009-11-21 14:27

雨の日の遊び

昨日の大阪は朝から晩までずーっと雨。

だからバトーのお散歩も、朝も夜もなし。
そのうえ、お留守番も夜8時くらいまでがんばってくれました。
(あ、ちょびっと不満の食ウンしてたけど~)

そんな日ストレスフルな日は、
私も出血大サービスでおうち遊びにお付き合い。
今日は、先日寒さに負けて出してきたコタツを使っての宝探し~☆

ちょっと長いですが、動画でどうぞ♪
動画撮りながら遊んでるので、私の声がちょっと大きく入ってます~(汗)
小狭い部屋がたくさん映ってるのは見なかったことで~(滝汗)

おもちゃ大好きバトーくん。
ご飯を食べてる間にこのおもちゃをささっと片付けたんだけど、
この後もずーっとコタツのどこかに隠してあるんじゃ?って、
延々探し回ってましたとさ♪♪
by fenfenblog | 2009-11-18 13:59 | バトーとの日々

謎はすべて解けた!:脛骨異形成症

b0070950_0561521.jpg
丸大根と格闘中のバトー選手。
喰らいつくその姿は真剣そのもの~。平和ですなぁ~♪


先日のこと。
バトーくんのシッポの経過を見ていただくために病院へ。
シッポは徐々によくなり投薬も終了!パチパチ☆
と思っていたら、先生が全身診察のときに一言。

「この仔の脱臼はおそらく『脛骨異形成症』から来てると思います」って。
続けて先生は、
「非常にまだ新しい症例なので、定まった治療ガイドラインもありません」
「もし手術するとしたら、自分ではとてもできないので、
 名古屋の(超有名整形外科の)○○先生を紹介します」
などとおっしゃいました。

『脛骨異形成症』?なんじゃらほい?そりゃ??

と思った私は家に帰ってから検索したんだけど・・・びっくり!!
まさにバトーの右後ろ足の事よねぇ、これって!という症状でした。
(一番簡単に分かりやすく書いてある記事はこちら→脛骨異形成症

バトーが「膝蓋骨外方脱臼」って言われてずっと、
いつどうして脱臼したのか?って私の中ではずっと謎だったの。
でもこれで謎はすべて解けました!!

脛骨異形成症は、ダックス特有の新しい病気。
それも膝蓋骨外方脱臼を伴うことも多いらしい。

だからバトーの場合、
「脛骨異形成症に膝蓋骨外方脱臼を伴っている」
というのが正しい診断。

湾曲が重度であっても日常生活に支障なく歩いている子もいれば、
少しの変形なのに足が絡まって転倒したりする子もいます。
膝蓋骨脱臼があっても知らん顔して普通に歩いている子も多くいます。


この「知らん顔して普通に歩いてる子」というのがまさにバトーですね(笑)
歩いてるどころか、いつも爆走してますけど・・・えぇ(汗)

まあ、疑いようもなくすっきり診断がついてしまったので、
事実は事実として受け止め、
これからはこの病気とうまく付き合っていくためのお勉強の始まりです!

とりあえず、
脛骨異形成症について書かれた獣医さん向けの専門誌の注文と、
今までに発表された論文を、文献複写サービスでお取り寄せ。
(↑相変わらずマニアック路線まっしぐら・・・)
それを読み込んだら、脛骨異形成症を専門にしている先生が、
奈良県の生駒市にいらっしゃるようなので、1度診察に行こうと思います。

バトーくん。心配しなくても大丈夫だからね♪♪

もうひとつ私が思うのはね・・・
by fenfenblog | 2009-11-17 02:07 | バトーくんヘルスケア

電車でGO☆

b0070950_161182.jpg

今日はバトーくんの電車デビュー☆

いつかはバトーと新幹線に乗って東京へ行きたい~♪
という夢を抱いている私。
そのためにドッグカートを買ったと言っても過言じゃないものね!
カートINにもすっかり慣れた今日この頃。
次のステップとしては、まずは新幹線に乗る前に、
絶対に乗らなければいけない阪急電車に挑戦です(笑)

とはいっても、
いきなり休日に人の流れと同じ大阪方面へ突撃するのも気が引けるので、
逆方向の宝塚へGO~。
毎日通ってる駅だから、様子も良く知ってて練習にはうってつけよね♪

バトーはホームで電車が入ってきたり、
電車同士がすれ違ったりするときの音の大きさに、
少しびっくりしてたみたいだけど、特に大きな問題も無く、
カートのなかでジトーっと伏せてました。

b0070950_118154.jpg
宝塚についたら、大劇場前へ続く花の道から、
宝塚大劇場の横を抜けて、河川敷に出てお散歩。
お天気がよくって気持ちよかったです。

バトーも多少緊張しただろうけど、新しい経験で楽しかったかな?

バトーくん。
練習を重ねたら、いつか新幹線に乗って遠くまで旅行に行こうね☆

ここからはちょっと真面目な気付きの話
by fenfenblog | 2009-11-08 01:53 | バトーとの日々

コマンド変更

b0070950_23293527.jpg

バトーくんのオビディエンス(服従訓練)トレーニング。

バトーのレッスンは基本的にはずっと同じトレーナーさんにお願いしています。
最初はパピークラスでお膝の上に仰向けでネンネするところから(笑)
そのまま室内グループレッスン、屋外グループレッスンへと続き・・・
今は屋外プライベートレッスンでオビを見ていただいてます。
3ヶ月のときからの先生にずっと見てもらえるって幸せだなぁ~と思う今日このごろ。

とはいってもバトーと私の場合、
最初からちゃんとオビをやろう!と思っていたわけではないので、
(そもそもその区別も分かってなかったし、普通のしつけ教室だったし)
「お座り」とか「伏せ」とか「待て」とかの基本コマンドは、
一応出来るけど、オビになってない適当レベルなのね、全部。

せっかく最近、プライベートでオビを見てもらうようになったから、
もうちょっとちゃんと「オビ仕様」にしていこうかなぁ?と
まずは基本動作を見直すことに。

すでになんとなく出来てることをやり直すって、
新しいコマンドをやるより難しい~!
だってほら、どんな動作にもすでに癖がついてるじゃない?

でも「お座り」「待て」なんかは、ご飯のときなんかにも使うコマンド。
訓練のときは、コマンドを1度言ったら絶対にきっちりさせなきゃいけないけど、
訓練じゃないときの生活上のものにまで、きっちりさせるのはお互いしんどい。
(というか、私とバトーの性格上それは不可能・・・汗)

どうすればいいかなぁ?ってことで考えた結果、
オビの時に使うコマンドを全部変えることにしました。
今から修正していく「基本動作きっちりバージョン」のコマンドは、
全部中国語にチェンジ~。
今までの適当基本動作は「お座り」とかのまま残して、
おうちの中や生活上で今までどおり使うことに。

中国語のほうがコマンドが短くて迫力がでるから、
こちらの気迫勝負(笑)のバトーにはちょうどいいかも?
ワンちゃんは最初の音が一番聞き取りやすいらしいしね。
私も話すの遅いから、音がたくさんあると口が回らないし(爆)

ということで、今から気長にコマンド変更していきます~。
ちなみに今終わったのは、「ついて」「ヒール」にあたる「gen」だけ。
道のりは果てしないわねぇ・・・来年の今頃には終わってたらいいんだけど~。

コマンド変更以外にも、
バトーの「脚側行進」ならぬ「周辺行進(惑星行進といってもいいかも)」の改善や、
ターンのときの私の軸足の変更、「立止」のときの情けない半腰の改善、
新しい課目「持来」に挑戦中なるも、バトーはダンベル持つことに興味なし・・・
などなど、いい感じに課題満載です。

ま、オビは犬との遊び方を知らない私とバトーの唯一の遊びだから、
これからものんびり遊んでいきま~す♪♪
by fenfenblog | 2009-11-05 02:15 | ドッグトレーニング

寂しいのはどっちだ!?

b0070950_22382537.jpg

今日からダーリンは上海に出張。週末まで帰ってきません~。
いつものダーリンの肉座布団がなくって寂しいねぇ、バーくん。

バトーはいつも晩御飯の後一眠りするんだけど、
夜10時くらいになるとむっくり起き上がり、
そろそろダーリンが帰ってくるかなぁ~?と玄関へスタンバイ。
30分くらいしても戻ってこないと、一旦リビングへ撤退。
その後もリビングで寝ないで帰りを待ってます。

帰ってきたら、遊ぼ遊ぼコールで夜中にハイテンション!
体勢を低くして遊びのサインを送ったり、
腕に捕まってマウントまがい(?)のことをしたり、
袖を甘噛みしてひっぱったりして遊びに誘います。
犬を遊びに誘うときとやり方が同じなところが笑うけど、
私にはそういうこと絶対にしないものねぇ~。
バトーにとってダーリンは最高の遊び相手のようです。

一方、ダーリンにとってバトーは、一言でいうと「溺愛の対象」(笑)
はっきり言って、私よりかなり「親バカ」入ってます。

え?どれくらい「溺愛」で「親バカ」かって??
これくらいでーす↓
b0070950_22522325.jpg
ダーリンとバトーのショットは全部こんな感じのデレデレ状態~(爆)
あぁ~、あぁ~、あぁ~・・・って感じでしょ!?

今回の出張で一番寂しいのは、ダーリンかもしれないわねぇ♪
by fenfenblog | 2009-11-02 22:58 | バトーとの日々


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

その他のジャンル