<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

10月29日 バトーと私とトレーニング


b0070950_7221825.jpg

もうすぐ2歳のバトーくん、まだ細々とトレーニングを続けています。

彼は困ったことに(?)とってもボス犬気質なせいか、
散歩中すれ違うほぼすべてのワンちゃんにガウガウ言ったり、
しばらくトレーニングしないと、私の言うこと全然聞かないのよね~。
たぶん、気質的にあわよくば上位に立ちたいんだろうね。
なので私も気を抜けないの。
そうね、言ってしまえば「家庭内下克上」って感じかしら(爆)

なので、
「君がふぇんふぇん組若頭なのはいいけど、
その上には姐さんが(ついでに組長も)君臨しているのだよ!」
ということをコンスタントにわからせる必要があるため(笑)
トレーニングはやめられないんです。
ま~ま~、大人になっても手のかかる我が組の若頭なんでございますよ。
やんちゃ犬上等!な我が家に来てよかったね。バトーくん(笑)

ということで、今日は彼のスクールのお話。
今通っている(というか末席を汚している)スクールは、
アジリティ競技会や訓練競技会、ドッグショーや災害救助犬まで
カバーしているので、生徒さんもすごい犬&オーナーさんばかり。
レベルも高いうえに、皆さんもちろん熱心で。

なので、
「バトーが走り回るのが好きだからアジリティってどうかしら?」
みたいな私の草アジ的な発想での参加はホントは失礼なのよねぇ、きっと。
競技会に出る予定もないし。(というかあらゆる意味で出れません)

こちらのスクールは1回のレッスンでアジリティ+服従訓練をするので、
1回3時間超のレッスン。だから往復ふくめて大体5時間は必要なんだけど、
まだレッスン+運転に慣れてない私は、毎回へとへと~。
家に帰ると大体頭痛がして、その日は何もできないのよね(笑)
なので、一日予定も空いてて体調もいい!という日しか行けない。
そうなると結構行ける日が限られてしまってきて、
レベルが低いにもかかわらず、月1~2ペースでの出席という痛さ・・・(汗)
O先生、ごめんなちゃい。

でもね。
ここからが、こちらのスクールのすごいところなんだけど、
先生が全然そんなこと気になさらないのよね~。
なんていうか、レベルの高低、出席頻度に関わらずとっても平等なの。

この間すっごく久しぶりにレッスンに出た時に、
服従訓練で一列に並んだら、先生がみんなに向かって、
「ここにいる人は~、11月にCDIの試験を受けま~す!」って言ったんだけど、
(*CDとはジャパンケンネルクラブ主宰の家庭犬訓練試験の略で、
 Iは初等科を指し、中等科CDⅡ、高等科CDⅢ、大学科CDXがあります)

まー、私とバトーは今年は関係ないだろう・・・と思って先生をちらっと見たら、
先生の手が指し示す一番端っこに、私も入っていた!!(驚)

えぇ~!?試験って先生・・・そんな無理ですぅ~、殺生な・・・と思ったけれど、
先生にしてみたら平等に声をかけてくれてるわけで。
そう考えたら、受験はこちらのスクールの生徒の義務!?な気も。
「受けません」より「落ちました」のほうが先生に失礼にならない(?)
気がするので(本当か?)、自信はないけどとりあえずエントリー。

でもやっぱり、ちょっとはスクールでダメだししてもらわなければ!
と思って、CDI受験対策のつもりで赴いた今日。
最初の全員での一斉服従訓練の後、
2班に分かれてCD試験対策かと思いきや・・・。

♪ポーニョポーニョポニョ 魚の子~♪という音楽に乗って、
行進したり、フォーメーションになったり、輪飛びしたり・・・という、
11月にある大阪府獣医師会用のイベント練習でした(笑)

どうやら、もう一班は服従訓練っぽいことをしていたような・・・。
私もあちらじゃなくていいんだろうか・・・。
こんなところでポニョポニョ♪言っている場合では・・・。

と一瞬思ったけれど~!
なんかこのスクールのこういうゆるいところが好き☆
明らかに試験がヤバそうな私が、のんびり音楽にあわせて
ポニョポニョやってても、先生はあまり気になさらないってことは、
きっと試験の合否も言うほど気になさってないのかも(笑)
そう思うとちょっと気楽・・・勝手にホッとしちゃったりして~。えへへ。

それに、
やっぱり試験対策より、ポニョポニョ言ってるほうが楽しい私(爆)
途中リードをはずして、輪飛びをしたりとひそかに緊張したけれど、
バトーも脱走せずにポニョポニョがんばってくれました♪

彼は、いつもここで服従訓練するときは、
一応私の言う事を聞こうとしてくれるのよね。
ここは言う事聞かなきゃいけない場所だって分かってるみたい。
(それ以外で言う事聞かないところは問題だけど)
私もなるほどな~っていうアドバイスや練習方法を教えてもらえるし、
バトーもレッスンを受けて1週間はちょっとお利口さんなので(笑)
スクールでの服従訓練は一石二鳥なのよね♪

前半のオビディエンス(服従訓練)に続いて、後半はアジリティ練習。
バトーは私が頻繁に練習に行ってあげないせいで、
いまだに出来ない障害があれこれあるし、私のハンドリングもなってないので、
アジリティというより、「なんちゃってアジ」でしかないんだけど、
それでも、いっつもとっても楽しそうに走ってくれます。
今日なんて、2走目は私のコース間違えで失格退場になったんだけど(汗)
バトーは「あれ?もう終わりなの??」っていぶかしげな顔をしてたっけ(笑)
アジリティのときの楽しそうな表情を見ちゃうと、例えトータル5時間かかっても、
頭痛がしても、またここに来てあげたいな~って思うのよねぇ。

どうやら我が家の力の有り余っている体育会系若頭には、
オビディエンスでバシッと上下関係を再確認させつつ、
アジリティでそのパワーを開放させてあげることが、
やっぱりまだまだ必要なようです。

そんなこんなで、とってもぼちぼちのスローペースではあるけれど、
バトーと一緒に楽しく、ポニョポニョと(笑)
トレーニングを続けていけたらいいなぁ~と思う私。

がんばりま~す♪♪
by fenfenblog | 2008-10-29 20:21 | ドッグトレーニング

紳士的な世界

今日は最近しばしば思うことについて。
(またしても毒舌になる可能性大!なので、興味の無い方はスルーしてね♪)

ここのところ、なんだか世の中が世知辛いな~とよく思う。
何についてかというと、それはまああれこれあるんだけれども。

例えばね。
私の家のすぐそばにコンビニがあるんだけど、
夕方になると中学生が地べたに座って、たむろっている。
もちろん通りかかるこちらとしては、気分がいい訳ではない。
でもふと思うわけ。「たむろするな」と言いたいのは山々だけど、
そうなると彼らはどこへ行けばいいのかなぁ?って。

私の学生だったころだって(ふた昔前ですが)、
中学はともかく、高校のときなんてまっすぐ帰ったことあったかしら?
ミスタードーナツのポイントがたまりにたまって、
景品のお弁当箱とかは全色持っていたっけ(笑)
今も昔も、若者はたむろというより、集っていたいものよね、きっと。

外遊びも同じ。
週末に犬の散歩で公園なんかにいくと、花壇をゴールポストに見立てて、
サッカーボールをぶつけてシュート練習?している親子がいて、
バトーがボールの音にびびって散歩にならなかったりすると、
「ちょっとぉ~!ゴールあるところでやってよぉ~!!」と思うものの、
これまたふと思うわけ。サッカーゴールってどこにあるのかしら?って。

マンション内の駐車場のコンクリート壁だって、ボール当て禁止。
近くの広場も野球などの「危険な球技」は禁止。
もちろん、事故とかがあったら困るけど、なんか窮屈な世の中だな~って
ちょびっと思うのは私だけ??

私のマンションも大型物件なだけに、上の階の足音がうるさい!とか、
ピアノの音がうるさい!とか、犬の吠え声がうるさい!とか、
子供の遊ぶ声がうるさい!とか色々あるみたいなのよね・・・。
そういう苦情も仕方ないシチュエーションはもちろんあるだろうけど、
あんまり細かく気にし過ぎると結局は暮らしにくくないかなぁ?と思ったり。

なんというか、「可・不可」とか、白黒はっきりつけすぎで、
何の余白も余地もないような社会になってるんじゃないかしら。
ちょっとは迷惑かけちゃうけど、すごく迷惑ではない、というような
いい感じにゆるやかなバランスがとれる社会だといいな、と思うんだけど。

しかし、確かに街に出てみれば、
恐ろしいほどに配慮に欠けた場面に遭遇して辟易することが多いのも確か。

昨日もバトーと一緒に行った静かなカフェで、
お子ちゃまが延々泣きわめき・・・は仕方ないとしても、
お子ちゃまは店内を走り回って、アップセットな状態でもう大変(汗)。
なのに、両親はずーっと席に座ったまま。
「座って」とも「静かに」とも言わないのよ。その時店には彼らと私達の2組だけ。

なんていうか、親御さんには泣き止ますのは無理でも、
子供が店内をずっと走り回るのを容認して欲しくはなかったなぁ~。
だって、大人だって走ってたらなんだかこう叫びたくなるでしょ?(笑)
そして泣きわめきが終わったと思ったら、大声でお歌を歌いまくるお子ちゃま。
一曲終わるたびに拍手で称える両親・・・。
私たちと同じ年頃の親御さん。もうちょっと空気読んで欲しかったなぁ~。
こう配慮に欠ける人と同席すると、さすがにクレームもしたくなる気が(笑)
難しいところだわね・・・。

子供やペットって、努力しても「制御不能~(汗)」みたいな
状況になっちゃうことも多いけれど、そばにいる大人の対応で、
周囲の人の印象って天と地ほど違ってくると思うのよね。
大人側の努力を感じれば、たとえ結果が一緒でも、
(子供泣きっぱなしとか、犬吠えっぱなしとかね)
腹が立つ人ってよっぽどじゃないといないと思うんだけど。


ねぇ、バトーくん。どう思う??
b0070950_21582076.jpg
「ま、ジェントルワンのボクを見習ってくれたまえ~!!」

ふふふ。
バトーくんは蝶ネクタイなんかしちゃって、
一足お先に「紳士的な世界」に突入してるみたい♪
(中身はバリバリの極道気質だけどね☆)

そうね~。
私も「淑女的な世界」でも目指してみようかな(笑)

みなさんもいかがですか?
by fenfenblog | 2008-10-27 22:04 | 雑感あれこれ

10月22日 秋支度 ベッド編

先日の三連休にはバトーとお山の中のB&Bに泊まりに行ったので、
そのこともブログにアップしたいんだが~。

ちょっと東京に行ったりバタバタしていて長編(?)が書けないので、
さくっと小ネタでGO~!!でございます(笑)

さてさて。
バトーくんの秋支度ですが、その後もちゃくちゃくと進行中~。
ゲージカバーや私用にちょっぴりカスタマイズしてもらったお散歩バッグは
現在わくわくの納品待ち♪ あー楽しみ♪♪

しかし、それより先にどうしてもどうにかしたかったもの・・・。
それは、バトーくんご愛用のクッション!!
ちょうど去年の10月に私がLサイズを注文してしまって、
あまりにも巨大なクッションが我が家に届いたこと、皆様ご記憶でしょうか?
(巨大クッション画像をご覧になりたい方は→こちらへどうぞ♪

このクッション。中の円形部分と周りのドーナツ部分がファスナーで取り外せ、
カバーもはずして洗濯機で洗えるので、とても気に入っていたんだが、
中綿は洗えないので、最近綿がへたってきちゃったのよねぇ~。
もともと巨大なだけに中綿がとぼしくなると、
なんともいえず「べろ~ん!」って感じで、ちょっと邪魔(笑)。

なので、新しく「ふわもこマシュマロクッション」なるものを投入!b0070950_17522591.jpg

今度は中綿も洗えるよ~。
ふふふ♪

早速このうえで、
おしっこしたよ~。
ふふふ・・・(涙)

今回は渋く、
男らしい(?)スーツ生地
のようなチェックのカバー
にしてみたんだけど、
カバーも取り外し可能。

私の大本命のプリント柄の
カバーはもうちょっとしたら
入荷予定ですぅ~。
楽しみだわ・・・ふふふ♪♪

さて。
そうなると、あの巨大クッションはどうなったのか?というのが、
気になるところであります。(あれ?誰も気にならないって??)

バトーはとっても気に入ってるし、まだまだ使えるので、
「マミちゃん工房」へお直しをお願いしました~♪
(↑簡単に言うと、母にミシンで縫ってもらったともいう)

まずは真ん中の円形部分。
周りについていたファスナーを取り外し、てちょっと小さい円形に作り直して、
へたった中綿でもふっくら感が出るようにお直し。
b0070950_1804648.jpg
バトーくんが
お留守番&
就寝時に使っている
(入れられているともいう)
ゲージの中に入れ、
ふかふかベッドの
出来上がり☆

夏はすのこ敷いてたけど、
それじゃあさすがに
さぶいものね・・・(笑)

元々気に入っている
クッションなので、
とっても気持ち良さそうに
寝ています~。

さてさて。
残りのドーナツ部分。これのリメイクがなんとも難しい・・・。
中綿は一本の長い棒状なんだけど、カバーはドーナツ型。
最初はとぐろのように縫い付けてしまう?とも思ったんだが、
それだと中綿が取り出せなくなるので、カバーが洗えない。
それに丸くしちゃうと、巨大で場所を取るという短所が改善されない!

そのとき、ふと思い出したんだけど、
我が家のリビングの東向きの窓の下に長細いスペースがあって、
そこにちょうど朝日がさんさんと差し込むのよね。
バトーは冬は暖を求めて午前中はそこで寝ていることが多い。

なので、そのスペースにあわせて、長細いクッションにしちゃえ~!って(笑)
結果はこんな感じになりました~。
b0070950_1894363.jpg

通行の邪魔にならない
窓の下ぴったりサイズ(笑)

なんか床とクッションと
バトーが限りなく
同化してる気もしますが。

バトーも床に寝転ぶよりは、
きっと心地いいよね!?
そんなに端っこだと、
床暖房も入らないしね。

クッションの上から眺めると、クッションの円周がいかに巨大だったか、
今さらながら思い知らされます(爆)
だって、バトーって結構デカいダックスなのにもかかわらず、
それでも敷地(?)占有率は半分くらいじゃない?ぷぷぷ。

バトーくん。いかがですか?
なんだか、クッションと一体化しすぎて、新種の地蔵のような趣ですが・・・。

b0070950_18121095.jpg
「むにゃむにゃ・・・我輩はいい気持ちだじょ・・・起こさないでくれたまえ、キミ」
by fenfenblog | 2008-10-22 18:14 | バトーくんグッズ

10月14日 LIVING PHOTO EVENT

週末に梅田のハービスエントにあるソニースタイルで、
「LIVING PHOTO」のイベントに参加しました~。

イベントの講師は今道しげみ先生。
私がデジイチを購入したばかりの7月の記事「キレイに撮れるんじゃなかったの?」
でもちょこっと書いたことがありますが、

おうちで楽しく!リビングフォト
今道 しげみ / / インプレスジャパン
こちらの本の著者でもいらっしゃいます。

この本を読んでから、是非セミナーに参加してみたいなぁ~って
ずっと思っていたけれど、セミナーはいつもあっという間に満席!
だから今回セミナーの半分の時間のイベントという形だったけれど、
しげみ先生のブログでイベントの追加開催を知ってすぐに申し込んだら、
なんとか滑り込みセーフでエントリーできラッキーでした♪

イベントは2時間で、流れとしては、
最初にしげみ先生からのレクチャー(50分ほど)
2班に分かれて、実際に写真撮影(30分)
ソニーの方からフォトショップの使い方やソニー商品の説明(30分)
という感じでした。

レクチャーは上記のご著書の内容に沿ったもので、
私はなんども熟読(笑)していたつもりだったんだけれども、
勘違いしていたことがあったの~!

それは露出!!
私はね、単に暗いところで撮るとき、暗い写真になっちゃうから、
それを明るく補正する機能、としか思っていなかったんだけど、
(ISOと同じようなイメージね・・・)
明るすぎる場所で撮る場合も、カメラが勝手に暗くしちゃうので、
露出を明るめに補正しないといけないんですって!!
んまぁ~。全然知らなかったわぁ~。

続いて、実際に写真を撮ってみるレッスン。
ソニーの開催なのでソニーのα350というデジイチを貸してもらえます。
被写体はしげみ先生が東京からお花を持ち込んでくださって、
かつ撮影用のセッティングまでしてくださったアレンジメント!

ということは・・・
いつも先生がブログで素敵にアップしていらっしゃる、
フラワーアレンジメントのお写真が私にも撮れるはず!
ってことよね~!?と思って臨むものの、結果はこれ~。
b0070950_8295147.jpg
(画像が持ち帰れなかったので、プリント写真をスキャンした画像です)

うーん。
スキャンうんぬんじゃなくって、何を撮ってるのかよくわかんない~!
お花の写真を全然撮ったことがないっていうのと、
人がいっぱいでアングルなんかが限られるっていうのを
差し引いたとしても、なんだかなぁ・・・(笑)

同じお花を同じセッティングで先生が撮影したのがこちら。
b0070950_8323528.jpg
(しげみ先生のブログより、今回の参加者のみ許可を得て画像をいただいてます。)

ね?全然違うでしょ?
でも本当に全く同じ環境でのお写真なのよ~!!
先生のセンスの素晴らしさに改めて感じ入った一枚となりました。

でも、先生の実際の撮影時のセッティングを拝見して、
イラストボードをこんな風に置くんだなぁ~とか、
色々と参考にさせていだけることがいっぱいありました。
撮影技術&センスは、すぐには(永遠に?)真似できないけれど、
こういった小物環境から(笑)整えていきたいと思います。


そうそう。
初めて拝見したしげみ先生は、
ご著書のお写真そのままにとっても素敵♪
でも関西出身でいらっしゃるからかとっても気さくな方で、
香港にいらっしゃったこともあるということで、
失礼ながら、勝手にとっても親近感感じてしまいました♪♪

これまた失礼ながら、
持ち込んだご著書にずーずーしくもサインまでしていただいて、
ミーハー心丸出しの私(汗)

でもとっても有意義な気付きのある1日になりました。
しげみ先生、楽しいレッスンをありがとうございました!
これからもご著書片手に、精進します♪♪
by fenfenblog | 2008-10-14 08:46 | 日々是日常

10月10日 秋支度

b0070950_172558.jpg

飼い主である人間側はまだ衣替えも出来てなく焦っておりますが、
バトーくんから先に秋冬のお支度です。

といっても、バトーはお洋服を着ないし(笑)、
秋冬っぽいハーフチョークとリードも夏に購入済なので、
私が使うバトーくん関連のバッグや、
クッションやゲージカバーなどを、秋冬仕様にするだけなんだけど。
これがまた気に入ったのを見つけるまでが大変なんだなぁ~。

写真は、以前から愛用させていただいてる
「POWDER DOGSTYLE」さんのグラニーキャリー。
秋口にかけて、かわいいキャリーがどんどん出てきて、
思わず買ってしまいそうになるのをじっと我慢の子で耐え(笑)、
バトーに一番似合いそうなものが出てくるのを待っていました!

このヘリンボーン&ファーのグラニーは、
「今後バトーに似合いそうなのって来ますか~?」って尋ねた時に、
柄あわせを聞いただけで「それだっ!」とピンと来て即予約!!
出来上がりもやっぱり私好みでした~(笑)
こういうときの自分の野生の勘!?はいつもながら感心しちゃうわ(爆)

これなら私が冬におでかけコートを着て持ってもいい感じだし、
反対側にはファーがないから、ダーリンはそっち向きに持てば、
男性でも全然OK!な雰囲気じゃない?
何より、甘すぎないのがベスト~♪♪
バトーって、ホントかわいいワンちゃんグッズが似合わないから・・・。

いつもお邪魔するPOWDERさんは、
バトーのキャラと私の好みをよーくご存知なので、
いっつもすっごくツボにはまる提案をしてくださるのよね。
なんでもちょこちょこっとバトー&私仕様にしてもらえるのが嬉しくって♪
いつもワガママ聞いていただいてます~。
POWDERさん、いつもありがとうございます♪♪

そうそう。
このグラニーキャリー。
バトーは初めて見せたときから大好き!で自分からIN~!!
今じゃ彼の頭の中でグラニーとお出かけはバッチリ結びついてるので、
グラニーを棚から出すだけで、大喜びです(笑)

ただおもしろいのが、
いつもリードをつけてからグラニーに入れてあげるので、
リードをつけないとなぜか入らない(爆)
彼なりの手順というか、儀式があるらしいのよね。ふふふ。

ということで。
今リードつけてませんけど、バトーくんどうですか?
b0070950_17493057.jpg
「ん?なんか呼んだ?どうせ撮影だけなんでしょ・・・」

よくお分かりで。

でもなかなか渋くて似合ってるよ~。
これでキミもちょっとはアンニュイに見えるかなぁ~?!
by fenfenblog | 2008-10-10 17:51 | バトーくんグッズ

初めての(?)著書

またまたやってきました「勝手に営業活動!」の時間です~。

しごとの日本語 ビジネスマナー編

外国人が日本や日本企業で働く上で、
まず困る(ひんしゅくを買う)マナーに関するテキストです。

日本でマナーっていうと、とても高尚なことのように思うけれど、
今回のは全然そういうマナーではありません。

例えば、
・食べてるときに貧乏ゆすりしない!
・鼻毛を伸ばさない!
・呼び止められたら「あぁ?」って返事しない!

などなど。

外国人(特に中国人)と働いた経験のある方なら、
ぷっと笑えること請け合い!です。(笑)

こちらのシリーズを書くのは3冊目になるんだけれど、
今回は初めてひとりで執筆しました!!
章立てから構成から全部一からだったから、
みんなに色々相談して、うーんうーんとうなりながらの作業でした(汗)

ささやかなこだわりとしては、
日本語がそんなに出来ない人にも読んでもらえるように、
英語・中国語の翻訳をすべてのページに入れてもらったことと、
これまた日本語が出来ない人にも理解しやすいように、
イラストと漫画をほとんどのページに入れてもらったこと。
私のモットー「最小の努力で最大の効果」がこんなところにも(笑)

イラストレーターさんとのコラボは初めてだったんだけど、
漫画の脚本みたいなものを書くのがすごく大変だったわ~。
脚本家の苦労が少し分かったような気がしました。
でもとっても気持ちのいい絵のイラストレーターさんで、
いつも出来上がりのラフを見るのが楽しみでした!

全体として、
大満足な出来か?というと、もっともっと・・・という気もするけれど、
色々初めてのことばかりで苦労した分、愛着のある一冊となりました。


それからもうひとつ印象的なことが。
この本を作ることになったきっかけなんだけど、
なんと、渋谷の中華料理店での雑談。

一冊目の本のCD収録に東京に行ったときに、
編集者さんと夜ご飯を食べにいったんだけど、
その時「言葉よりもっと大事で簡単なことがあるんですよ~!」と、
どうやら私が持論を力説!?していたらしい。(うろ覚え)
そしたら、編集者さんが、
「それおもしろいですねぇ~、そういうテキストあったらいいですね!」って。

私:「そうですよね~!そういうの必要ですよね!」
編:「じゃあ書いてくださいよ!」
私:「え?私が??」

・・・こんなやり取りがきっかけで始まった話なんです(笑)

でも1年後、クオリティはともかくとして、ちゃんと本になってる・・・。

ということで。
今回私は「思っていることを声に出してこの世にアウトプットする」
ということの大切さを身をもって経験しました。

ということで。
これからも思ったことはアウトプットしてみることにします(爆)
by fenfenblog | 2008-10-09 00:11 | お仕事

私とバトーとブログ

b0070950_22441253.jpg


香港から大阪に戻ってきて10月1日でちょうど2年になります。

大阪に帰ってきてから、
私の関心が初めての犬との暮らしに向けられていたので、
ブログもバトーネタが多かったんだけれども、
3年目を迎えるに当たって多少落ち着いてきたので(たぶん)

昔のように、
いつもコメント数ゼロになってしまう私の雑感ネタとか(爆)
これまた誰も興味がないと思われる時事ネタとか書評とか、
そんなネタも復活させていこうかな?と思ってます。

それと同時に、
3年目はもうちょっと自分自身に活動的になろうかな?
とも密かに計画しています(笑)

私はHP時代も合わせたら、もう8年くらいこういう日記?を
ネット上で公開してる訳なんだけど、
私がどこに行こうと何をしようと読み続けてくださってる方って、
「雑感ネタ」に共感してくれたり、おもしろがってくれたり・・・
っていう人が意外と多いのよね~。
(でもそういうエントリーの時、コメントはゼロなんだけどね 笑)

長年の読者の皆さま、ありがとうございます!
時々は姿を見せてくださっても大丈夫ですよ~。ふふふ。

なので、今後私が誰も聞いちゃいねー!みたいなことを
ブログにエントリーしても皆さん驚かないでね♪♪
変なやつだと思って放置しておいてください(笑)
(昔からの皆さんは今更もう誰も驚かないか・・・爆)

あ、もちろん、バトーネタも書きますよ~。
バトーはこれからもずっと私の大事なパートナーだし、
まだまだ書きたいことあるものね~。


ということで。
皆さま、3年目からの私とバトーとブログを今後ともよろしくお願いします~♪♪


追伸:

写真にある英語は私の大好きな言葉で、

「神よ、お与えください。
変えることの出来ないものを受け入れる心の安らかさと
変えることの出来るものを変える勇気と
そのふたつの違いを見分ける知恵を」

というような意味です。

~「The Serenity Prayer」(ニーバーの祈り)より

by fenfenblog | 2008-10-05 22:48 | 雑感あれこれ

お留守番バトーくん


b0070950_2121289.jpg


東京での前後泊も入れたら、7泊8日も飼い主と離ればなれだった、
我が家のバトーくんはその間どうしていたかといえば・・・。

今回はホテル宿泊でなく、私の実家に滞在。
マミちゃん(母)やパピちゃん(父)に可愛がってもらっていたようです。

マミちゃんとは元々ラブラブなバトーくん。
朝のひととき、和室のマミちゃんのお布団にもぐりこんで一緒に寝てたらしい。
(我が家はベッドだし別室で寝ているのでそんなのありえない)
これはきっと彼的には「至福~☆」のひとときだったはず(笑)

今回はパピちゃんにも、出勤前に散歩に連れて行ってもらったり、
夜帰ってきた後に引っ張りっこで遊んでもらったりと、
すっかりパピちゃん子になってしまっていた様子。
パピちゃんもバトーのことを「サム!」とか呼んでたし(笑)
(サムは昔実家で飼っていた、パピちゃんの愛犬の名前)

とはいっても、やんちゃバトーのストレス発散が心配だったので、
隔日で3回、いつも遊びにいっているお店で日中預かってもらって、
仲良しの看板犬ちゃんと遊んでもらって。
ちょうど幼馴染のひなた君もバトーにあわせて同じ日に、
お店に来てくれてから、帰りはひなちゃんと一緒に送迎車へ~。

そんなわけで、
いつもと変わらずとっても楽しく過ごしていたバトーくん。
周りにいっぱい助けてくれる人がいて、飼い主共々幸せだね~!
皆さんありがとうございました♪♪

そうそう。ひとつ不思議なことが。
バトーは私達の用事で実家に数時間預けられるときなんかは、
階段のそばで玄関の方向を向いてじーっと待ってたりするらしいんだけど、
今回は一切それがなかったんだって!
まるでしばらく私達が戻って来ないことを知ってるみたいに。
ワンズってすごいのかもねぇ~!!

さてさて。
私達が帰ってきたときのバトーくんは・・・。
大喜びしたあとすぐに遊んで遊んで~!!って、
遊びモードに突入~でした(笑)
それじゃあ、数時間会わなかったくらいのときと一緒やん~(爆)
何日会わなくっても、悲壮な感じとか、
ベタベタの甘えモードとかにならないところが、
なんともまあ彼らしい・・・

b0070950_2128352.jpg


でも。
そういうバトーのクールでマイペースなところが好きなのよね~(笑)

バトーくん。
ココだけの話だけど、私はねぇ~、
バトーがもし人間だったら、惚れちゃうかもなぁ~♪って、
いつも密かに思っているんだよ・・・(爆)

お留守番ありがとうね!!
by fenfenblog | 2008-10-03 21:33 | バトーとの日々

amanpulo滞在記 アクティビティ(?)編

滞在中、私達はぼーっとしすぎてあまり活動的ではなかったけれど、
アマンプロでは色んなアクティビティが楽しめます。

無料のプログラムとしては、
毎朝のヨガ(1度だけ参加しました~)
1日2回のシュノーケリング(1度参加しました~)
週に2回?だったかな、の星空観察(参加しませんでした~)

ヨガは晴れのときはYOGA RETREATというジャングル内(笑)の場所で、
雨のときはライブラリーの片隅で行われます。
ヨガなので写真はありません~(笑)

シュノーケリングはちっちゃなボートで、そのとき一番波がよいポイントへ
連れて行ってもらえます。
水中写るんですカメラでパシャパシャ写真撮ったけど、
あれって現像するとやっぱりイマイチよねぇ~(笑)
ということで写真は無しです!!


有料のプログラムとしては、
プライベートのシュノーケリングやダイビング、カヤック、
ウィンドサーフィン、その他のマリンスポーツがあります。

スパも、屋内・屋外選んで施術を受けられます。
私達はTREETOP SPAでヘッドマッサージを受けました。
丁寧だったし特に大きな問題はなかったけれど、
SPAに関してはダーリンも私も見る目が厳しくなってるのか(笑)
感動~!まではいかず、一度きりに終わりました。

アマンプロらしいアクティビティとしては、ピクニック♪♪
前日までにランチボックスをオーダーし、場所を予約します。
場所は無料のところもあれば、$100、$200・・・と色々。
ビーチサイドのSARAとかだと無料なのですが、
アマンプロの売りでもある、GARY'S NESTという岩の上とか、
これまた売りのKAWAYAN BARという巨大イカダの上とかだと、
お値段が張っていくシステム・・・。

ということで、私達は岩の上を断念し(笑)
LAGOON SARAというところでのピクニックと相成りました。
ランチボックスはこんな感じ。
b0070950_2313406.jpgb0070950_23141586.jpg
ランチボックスとはいってもちゃんとテーブルセッティングしてくれます。
でもベーグルと果物を食べただけでお腹いっぱい!なので、
キッシュやクッキーは後でお部屋へ運んでもらいました。

その他のアクティビティとしては、
アマンプロにはハイキングコースのようなものがあります。
b0070950_23182590.jpgb0070950_23184417.jpgb0070950_23191017.jpg
島の先端にあるSOUTHERN TIPまでのコース。
ミニミニコースですが、結構森深いです・・・さすがジャングルアイランド!
森を抜けるとこんな静かなビーチが。
このあたりの海にはサメがいるらしいです。

島の逆側の先端には大きな岩で囲まれているPIERがあります。
b0070950_23234373.jpgb0070950_2324238.jpg
こちらはギリギリまでカートが入れます。
ここは島中をカート移動できるわけだけれど、
このPIER付近を走るのが一番気持ちよかったです♪♪

さてさて。
そんなこんなのアマンプロデイズでしたが、

期待満々で赴いた分、
「アマンだから・・・」って厳しい目で見ちゃったりした部分もあったけれど、
やっぱりよくよく考えても平均点、いや合格点!だったと思います。
行ってよかったなぁ~。。。

また行きたくなっちゃうなぁ~。アマン(笑)
ダーリン、よろしくお願いします~(爆)
by fenfenblog | 2008-10-01 23:35 | 旅と宿

amanpulo滞在記 施設編

なんだかとってもカメ更新になってしまって、
お待ちいただいてた方がいらしたらごめんなさい~!

カメになった理由は分かってるんです。
あのね・・・「写真が気に入らない」からなの(笑)
バリバリのデジイチ初心者なんだから当たり前なんだけど~。

デジイチの練習も兼ねた旅行だったから、写真は撮ってるものの、
さすが練習!っ感じの、何が言いたいかわかんない写真ばっかりで。
旅行記だったら、コンデジとか標準レンズのほうがよかったかも??
いい教訓になりました(爆)

ということで。
今日は「施設編」というより、よくわかんない写真一挙大公開!
ってことで行ってみよう~!!
(写真はクリックで大きくなります)

+  +  +

b0070950_1723576.jpgb0070950_1725843.jpgb0070950_1727185.jpg
プールサイドにあるクラブハウス。
朝食はこちらでいただいてました。メニューは一応あるけれど、
ないものも適当にオーダーすれば持ってきてもらえます。


b0070950_17301887.jpgb0070950_1731022.jpg
ディナーも何度かいただきました。お味は・・・欧米か!って感じ(笑)
繊細なフレンチ~!とはいきません。だって島だもん~♪


b0070950_17332674.jpgb0070950_17335436.jpg
プールはやっぱり昼と夜では顔が違いますね。
個人的には夜のプールのライトアップが好きで、
毎日写真を撮ってたんだけど・・・ブレまくり(笑)
露出の勉強になりました!


b0070950_17393458.jpgb0070950_17395999.jpgb0070950_17411557.jpg
島の北側ビーチにあるLagoon clubにはベトナム料理がいただけます。
何気にこちらの料理が一番おいしくてリーズナブルだったので、
ランチ、ディナーともたくさん行きました。


b0070950_17433780.jpgb0070950_17435729.jpgb0070950_17442715.jpg
Lagoon club前のビーチは波がおだやかで、
カシータ前のビーチよりお気に入り!
でも見事なほどにパラソル下に人がいない・・・。
「誰にも会わないアマンプロ」というのは本当でした(笑)


b0070950_17475436.jpgb0070950_17481494.jpg
島内でお食事がいただける最後の場所「WINDSURF HUT」
一応ちゃんとピザを焼く石釜があります!!
石釜の隣にはバジルやらハーブが生い茂ってました。


b0070950_1752295.jpgb0070950_17522453.jpg
アマンプロは子供ちゃんもウェルカム~!なアマンとしても
有名で、私達が行ったときもお子ちゃまが何人かいました。
こちらプレイグラウンド。小さいけれど滑り台遊具とかブランコ、
シーソーなんかがジャングルの真ん中にありました。
またしても誰もいなかったので、私達もブランコを拝借して、
カメラの連写モードの練習(笑)で遊んでしまいました!

b0070950_1756028.jpgb0070950_17583633.jpgb0070950_1759485.jpg
クラブハウス内にあるライブラリー。
英語の本やDVDなどと一緒に日本語の小説もたくさん。
きっと宿泊客が置いていくんでしょうね。
私も何冊が読み終わった本を寄付(?)してきました~。


+  +  +

これで終わりにしようと思ってたけど、
あまりに長くなりそうなのでこのへんで。
次は最後のアクティビティ(?)編ですっ!!

たいしたことないけど、お楽しみに~(笑)
できるだけ今日中アップを目指してがんばります・・・。
by fenfenblog | 2008-10-01 17:26 | 旅と宿


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

イヌ
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

人気ジャンル