<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

5月25日 ワンちゃん手作りご飯セミナー

えー、このたび柄にもなく、
「ワンちゃん手作りご飯セミナー」なるものに出てみましたよっ!

気になるカフェCocoroさんのワン用看板メニューを学ぶ今回のセミナー。
ホリスティックカウンセラーのオーナーママが、マクロビオティックに基づいて
考えていらっしゃるオーガニック野菜を使ったお料理です。
実は、こちらの「玄米と野菜のポトフ」はバトーくんのフェイバリットメニュー。
カフェに行くたびにお料理が出てくるカウンターをガン見しつつ、
清く正しくお座りして待ってしまうくらい好きみたい(笑)

そんなこともあり、
ワンちゃんのご飯どころか人間のご飯作りも怪しい私も、
いそいそと、おずおずと、おそるおそる参加してみました~。

(写真はクリックで大きくなります)
b0070950_15194555.jpgb0070950_1520453.jpgb0070950_15204235.jpg
玄米は先に圧力鍋で炊いておきます。
玄米を洗うときは右回りで念を入れながら洗うんですって!
お野菜も育った形に沿って切るらしい。育った形かぁ~。
むむむ・・・恐るべし(笑)

b0070950_15265184.jpgb0070950_15273079.jpgb0070950_1528717.jpg
にんじん・ささみ・玄米・さつまいも・かぼちゃ・ブロッコリーなどを
鍋に順番に敷くように入れて圧力鍋で調理。
火から下ろしても玄米が勝手に水を吸っていってくれるので、
ワンコが食べるときには水分もいい感じになってるようです。
ポトフをもらうバトー選手の目も真剣そのものですね(笑)
小分けにして冷凍したものを解凍する場合は、
冷蔵庫で自然解凍するのではなく再加熱が必要なんだけど、
電子レンジでやるのはあまりよくないんだそうです。
まあ、マクロビって基本的に電磁波嫌いだものね~。

b0070950_15343543.jpgb0070950_1535029.jpgb0070950_1535384.jpg
さてさて。今回のお土産がこちらのお野菜達。
こーんなにたくさん!無農薬野菜がぁ~!すごい!!
だってね、今回受講料は1500円だったんだよ~?
その中にワンドリンク(カフェの500円メニューの中から)と、
ワンちゃんのポトフが付いてたのよ?
それだけで1000円くらいするよねぇ。
その上にこの野菜・・・ワンへの愛情溢るるオーナーご夫妻の、
食にかける気合を感じました。はい♪

そんなお気持ちにこたえるために、さすがの私も早速調理開始。
おいしい野菜を人間も食べたいという下心から(爆)
大きめに切って煮た後にバトー用のものを取り分けて、
人間用のものには味付けしおいしく頂きましたわ~。
バトーのものはその後小鍋に移してバーミックスで小さくつぶして。
今回は間に合わなかったので玄米は無しにしちゃった。
(え?アレンジするの早すぎ?? 笑)

そういえばセミナーの時にね、
「ワンちゃんは自分の食事を作ってくれてるって分かりますから」
って言われたの。
確かに、いつも食べてるものを用意するならと習慣で分かるだろうけど、
バトーに鍋で加熱調理したものあげたことないから、
それは無理かもねぇ~・・・と思っていたのよ。

だがしか~し!
野菜ペーストを小鍋で温めながら、なにげなくふっと振り返ったら!
私の真後ろにバトーがお座りした状態でガン見してたの!!
いやぁ~、びっくりしたのなんのって(笑)
バトーくん、どうしてキミのご飯だって分かったのかなぁ?

その後バトーくんには、
野菜ペーストと生の馬肉ミンチと亜麻仁油を混ぜた
いまだかつてない「完璧手作りメニュー」をお召し上がりいただきました。
b0070950_1547889.jpg
もちろん、すごい勢いで堪能してらっしゃいましたよ♪

そうそう。
これはちょっと関係ないっていうか気のせいかもしれないんだけど、
バトーは常に黄色い目やにが出る「目やにマン」なんだけど、
この野菜ペーストと肉混ぜご飯を4食くらい連続で食べたら、
目やにが出なくなったの!!

んで、野菜ペーストがなくなったので(作れよっ!!)
元のフリーズドライのオカラ+フード+生肉に戻ったら、
またトロォ~っと出てきたのよぉ・・・。

これってこれって、手作り食効果?なのか??
こんな早くに効果って現れるものなの?だったらすごいかも。

次のセミナーは「野菜スープ」だそう。
うーん。もしかしてもしかしたら、参加しちゃおうかしら~ん?
by fenfenblog | 2008-05-29 15:51 | バトーくんヘルスケア

春夏版ダッコ紐

以前にもご紹介した、りゆり~なさんのショップ「圓(en)」。
春夏モノのborsa mavie(ダッコ紐)さっそくGETで~す♪

b0070950_1241515.jpgb0070950_12412778.jpgb0070950_12421167.jpg
今回購入したのは「Paradiso」
表はフラワープリント、裏はボーダー。
とっても可愛いんだけど甘すぎないところが GOOD!
だって、持つのは私、入るのはバトー、の男前(?)コンビだものねっ。

でも地味すぎる服&持ち物はさびしいのぉ~!という、
大阪のオバちゃん、いやラテン気質な私のハートをわしづかみな、
この色合い、そして大柄プリント。

ふっふっふ~。
毎日のお散歩が楽しくなるってモノよ!

これでみんな私に大注目♪
素敵なダッコ紐と共に、どうみても農家フィールな私の散歩ファッションを
人々は目にすることでしょう(笑) ま、それもまた一興よね。

そうそう。
バトーくんもだいぶスリング入りが上手になりましたよ~。
b0070950_1250306.jpg

b0070950_1251166.jpg
(逆光でごめんなさい~)
こうやって片手を出してスリング・インするのがバトーくん流な模様。
こうしてみると、柄ゆきにブラウンが入ってるから、
何気にバトーの毛色とマッチしていていい感じね~!

りゆり~なさん。
またまた我が家のツボにはまるダッコ紐、ありがとうございます~!

ご興味のある方は、りゆり~なさんのショップblog圓(en)のカタログ
大きくてちゃんとしたお写真を見てみてね♪
by fenfenblog | 2008-05-29 12:56 | バトーくんグッズ

5月23日 2年越しのお買い物

2006年のダーリンのお誕生日。

写真を撮るのが好きなダーリンに思う存分香港を撮ってもらう為に、
デジタル一眼レフカメラをプレゼントしようと思っていた私。

でもその後すぐ日本に本帰国になって、
カメラも「一体それで何を撮るの?」っていう話になり、
というか「カメラより先に買わなあかんものがあるやろ!」という話で、
カメラ購入は忘却の彼方へ飛んでいっていた。

が。
我が家にバトーくん加入後、ひとつ気付いたことが。

あまりたくさんバトーの写真を撮ってるとは言えない飼い主ふたりだけど、
その数少ない写真を見渡してみると、明らかにそこにはふたつのグループが。

そう。
「私が撮ったバトー」と「ダーリンが撮ったバトー」である。

明らかにダーリンが撮った写真のほうが、うまい。
もちろん、ダーリンが写真がうまい!という意味ではなく、
我が家における相対評価での話だけど。
そうね、うまいというより私好みといったほうが正しいかな。
自分で撮ったのが気に入らないっていうのも、Why?だけど(爆)

そんな我が家における撮影技術事情とは別に、
最近お疲れから突発性難聴になってしまったダーリン。
何か趣味をしようにも、時間のかかることは現実問題無理。
なので少しでもストレス解消になりそうなことをしていただこうと、
二年越しのデジタル一眼レフカメラを、誕生日には少しはやいけど、
このたびプレゼントすることに♪

っていうか、ダーリンと赴いた家電量販店のリニューアルオープンデイに、
またしても私が「男前買い」(←別の名を衝動買いともいう)しちゃったの~!

Canon EOS kiss X2 でございまっす!
b0070950_20161415.jpg
カメラの箱にもこのライオンちゃんの横に「コドモにキッス」の文字が。
その「コドモ」の部分をちょこちょこっと油性ペンで修正して、
「ふぇんふぇんとバトーにキッス」ってしちゃいました~(笑)

これからダーリンには、
大好きなビルや風景と一緒に、
バトーと私もたくさん撮っていただこうという意思表示です。

ということですので。
ダーリン、よろしくお願いね~♪


追伸:
「デジタル一眼レフ」の略称って、「デジイチ」と「イチデジ」と
両方あって、別にどちらでもいいみたいなんだけど、
こちらでは先日読んだ「カメラは知的な遊びなのだ」での表記に合わせて、
「デジイチ」でいこうと思います~♪

カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。 (アスキー新書 51)
田中 長徳 / / アスキー
ISBN : 4756151396
by fenfenblog | 2008-05-24 20:24 | 日々是日常

私のささやかな挑戦

b0070950_0241471.jpg


実は近頃、ある小さな決意をした。
その決意がゆらがないように、とりあえずしたためておこうと思う。
ほとんどの人に興味のない、私の話でございます。

新婚の頃、小さな賃貸マンションに1年半程住んでいた。
当時我が家はしょっちゅう人が遊びにきたり、泊まりにきたり。
来る人も、私の学生時代の友人やら、ダーリンの会社の同僚やら、
ダーリンの大学時代の仲間やら、英語の先生やら、色々。
みんなでコタツで雑魚寝して、朝出勤するダーリンを友人がお見送り・・・
なんてこともあったくらい、オープンな家だった。

それから10年後。今の家に引っ越してきて1年半。
家に来てもらったのは、親と親戚と幼馴染と高校時代の友人1人だけ。
そう。いつしか私はあまり人を家に招かなくなってしまったのだ。
今や我が家は「開かずの家」状態。

理由は分かっている。駐在生活のせいだ。

まだ新婚さん気分が抜けきらないまま赴いた海外。
到着2日目、まだ荷物も届いてないときにお呼ばれしたお宅。
目ん玉が飛び出ちゃうかと思うくらい、素敵なインテリア・・・。
完璧なテーブルセッティングで振舞われるのは、
奥様手作りの絶品スィーツ・・・。

今思えば、住んだアパートメントがそういうところだったのね。
日本語が通じないってことで、海外慣れした奥様方ばかりで。
どのお宅に行っても、皆さんそれぞれに個性あふれるインテリアで、
突然伺っても「今ちょうど焼きあがったのよ~、食べて行ってね」と、
手作りのスィーツが繰り出されてくるという日常。
それが一人じゃなくって、結構な数の方がそうだったの。

料理やお菓子作りが出来るだけではなく、
フラワーアレンジメントやテーブルセッティング、
お茶にお花に着付け・・・。
どれひとつとして出来ない私は呆然としたわね。

でも、当時スタバすらない中国で、皆で集まれば自動的に
お茶はどなたかのお宅で・・・それもさりげなく持ち回りで・・・というムード。
我が家にもいつか呼ばなくちゃいけない。でもお菓子なんて作れない。
なので常に日本から何か送ってもらって、
「ちょうど母からお菓子を送ってきたのでどうぞ」ってお茶を濁してたわ。
ティーセットなんかも毎回同じのを出せないから、
帰国のときに買い足したりして・・・。
あの頃の私は、なんだかとっても一生懸命だったなぁ。

でもどれだけ努力しても、
よそのお宅に伺えば、まず手作り洋菓子とコーヒーで始まり、
途中で日本茶に切り替われば、また手作り和菓子が登場し、
帰宅の際には、麗しくラッピングされた手作りケーキのお土産つき。
なんて技は繰り出せるはずもなく。
自分の「おもてなし下手」ばかりが目に付く毎日。

きっとそうやって少しずつ疲れていったのね。
そして知らず知らず嫌になっていたのね。
人を招く=めんどくさい=落ち込む という微妙な図式。

それをどうやら日本に帰ってきてまでずっと引きずっていた模様。
「まだ家がきれいじゃないし~」とか色々エクスキューズつけて。
でも最近色々行動範囲も広まるにつれ、お招きしたい人も増えてきて、
ふと考えてみれば、おもてなしやインテリアが完璧じゃなくっても、
楽しい会話さえあればいいんじゃないかなぁ?って。
昔はそれでとってもとっても楽しかったものねぇ?って。
そもそも、完璧になる日なんて来るのかしら?
こないわよね、きっと。いくら考えても所詮私の頭なんだから(笑)

「何も出来ない(しない)けど、おしゃべりしに来てね」って、
そう思うことにしたわ。
なのでこれからはどんどん我が家で楽しい時間を過ごすつもり。
練習に大学時代の友人Tちゃんと愛娘のKちゃんに早速来て貰ったけど、
やっぱりとっても楽しかったわ。。。

ということで、
これから我が家へお越しになる皆様。
何も出てこないどころか、ピザを頼んだり中華の出前を取ったり、
私がそんな暴挙に出ても決して驚かないでね(爆)

だって、出来ないのもあるけれど元々お料理好きじゃないんだもん(笑)
出来るようになるわけないわよね?!
今だったらそうやって開き直れるんだけど。
あの頃は何せ若かったので。私もきっと可愛かったのね。


以上。

私のささやかな挑戦のお話でした。
by fenfenblog | 2008-05-21 01:10 | 雑感あれこれ

5月19日 居心地のいい家って?

和室をバトー部屋にして10日あまり。
まだまだ完成までには道半ばといったところ。

b0070950_22254291.jpg
本棚は中身を入れたらこんな感じに。


b0070950_2228153.jpgb0070950_22283324.jpg
トイレはパッと見隠れるように、格子の裏に配置。
バトーのクレートは夏仕様にゲージを置いてみました。
(通販のゲージだったので色をちょっと失敗!上掛けで誤魔化してます・・・)


バトーは、和室のゲージで寝ることはどうにか慣れたみたいだけど、
トイレの成功率は以前よりちょっと下がり気味。
場所は覚えてるんだけど、入場角度(?)が悪いのかはみ出てるのよね。
お留守番については、中におもちゃを入れて格子を閉めただけで、
5分足らずで当てウンに当てション(涙)
ウンはなんとかトイレでするものの、ションは格子のまん前で・・・。
「抗議の排泄行動」は、パピーのときからほんと変わらないねぇ~!

これでは、和室内フリーで留守番させようものなら、
畳がウンとションで煮しめられそうなので(笑)
サイズオーダーできるラグをやっぱり最初だけでも、
畳の上に敷き詰めようかなぁ?と検討中。
あぁぁ~、いつになったら長時間留守番していただけるのか・・・。

それでも、やっぱり和室をバトーのスペースにしてよかった。
たった6畳のスペースだけど、へルニアのことを気にせずに
ボール投げや引っ張りっこしたりして遊べるしね。
お互いにゴロゴロしながら色々と遊ぶと意外に楽しい♪
今までは、フローリングで遊ぶと足腰が心配で、
遊びにも全く熱が入らなかったのよねぇ~・・・。

こんなことができたのも、
冬に寒さに耐え切れず、和室にコタツを置いたことがきっかけ。
「インテリア的に格好悪いけど、意外と心地いいなぁ~」と気付いて。
インテリアも大事だけど、居心地のいい家ってやっぱり家族すべてが、
過ごしやすい環境じゃないと楽しさが目減りしちゃうんだなぁ~って、
今更ながら気付いたわたくしでございます。

更にバトーと暮らしやすくするために、
ちょっと部屋に対して圧迫感がある気もしないでもないが、
ダーリン+私+バトーがくつろげる程度のスペースがとれる、
合皮のソファをリビングに置いてみることに。
b0070950_2234339.jpg
私達がソファでくつろいでいるときに、バトーも傍にいたら楽しいかな?って。
合皮なら、たとえ毛がついても汚れても掃除しやすくて腹が立たないし(笑)
上り下りは腰に負担がかかるので今までどおり禁止だけど。

こうやって、ちょっとずつ犬仕様になっていく我が家。
まぁ、そういう「ゆるさ」も今の私には必要かなぁ~?

b0070950_22401552.jpg
爆睡中のバトーくんに代わって、先輩の山王丸くんどうですか?

山王丸:「いいんじゃないですかね?」
by fenfenblog | 2008-05-19 22:41 | バトーとの日々

5月17日 おねだり反抗期

バトーは後10日で1歳半。

ここ数週間くらい、「なんかちょっと大人になったかな~」と
私にも感じられるようになってきた彼。

小型犬は1年で、大型犬は1年半ほどで成犬になるというので、
バトーは半年前にとっくに大人の仲間入り!なはずなのに、
ようやく今だなんて、まあなんというか「らしい」んだけど、
大人になったといっても、聞き分けがいいとかお利口になったのではなく、
「自分の意思を私に伝えるようになった」ということ。

今まで彼からは「ご飯くれるの~?」くらいしか感じなかったけど、
最近は「今日はそっち方向へは散歩行きたくありません」とか、
「お散歩まだぁ?」とか、「ボクのご飯は?」とか、「帰りたい」とか、
彼なりの方法で要求を表現してくるようになった。

どんな要求方法かというと、
「きちんとオスワリorフセで飼い主を凝視してのおねだりビーム」
もう少し極まった場合の進化バージョンに、
「ぴょん!と前足を飼い主の膝においての接近おねだりビーム」
というのもある。

これを最小の努力で最大の効果を生むタイミングで繰り出してくる。

例えば、
散歩要求は、まだ陽の高いうちは言っても行ってもらえる訳もなく、
今の季節ならもうそろそろ日が沈みますよぉ~、という午後6時半頃、
PCに向かっている私の足元にそろそろとにじり寄ってきて、
オスワリして私を見ているので、ちょっと椅子を動かして、
「バトーくん、なぁに~?」というと、その膝に向けてピョン♪と
前足を乗せ、小首をかしげてジーっと私を見てくる。
ふと外を見ると、もう外は夕暮れ。
「そっか~、そろそろお散歩行かなきゃねぇ~?」という流れになる訳(笑)

この場合、
決して飛び跳ねたり、吠えたりしないところがミソね。
そんなことしたら最後、日がとっぷり暮れても散歩に行けないからね(爆)
飼い主のツボをばっちりついた、省エネおねだり法。

まあ、このへんは最悪無視すれば諦めるからいいんだけど、
困るのは、最近朝私を起こしにくるようになったこと。
普段、リビングの外の廊下に出てはいけないと言ってあって、
昼間と夜はそれをちゃんと守っているんだけど、
朝、ダーリンにクレートから出してもらって、でも私はまだベッド・・・
というときだけ、テケテケと廊下から寝室に入ってきて、
これまたピョン♪とベッド脇に前足を置いて私を見ているのだ。

「これこれ、バトーくんここにきたらダメでしょ~。」と起きると、
すぐさま「ボクについてきてよ♪」とばかりに後ろを振り返りながら、
またテケテケとリビングに戻り、自分のクッションで丸まって寝てしまう。
そしてその後は、もう廊下には出ようとしないの。
私にかまって欲しいのではなく、明らかに「起こしに」来てるよね~(笑)
なんだかついつい言う事聞いて起きてしまうけど、
これをあまりやると、彼のペースに合わすことになってよくないんだそう。

そっか~。
可愛くてたいしてどっちでもいいことは許してしまっていたけれど、
(きっとそれこそが、バトーの作戦なのかもしれないけれど)
ちょっと考えないといけないよねぇ~、と反省。

なぜかというと、
ここのところ、クレートに入れて留守番させると吠えてる・・・(汗)
「どうしてボクを留守番させるんだよぉ~っ?!」っていう抗議かしら。
昼でも夜でも短時間でも吠えてる様子なのよ~(滝汗)
パピーのときに練習して以来、今までずーっと大丈夫だったのに。

それ以外にも、
夜寝る際にも、一日だけだったけど1時間半以上夜鳴きしたし!
ゴミ捨てに行っただけで、リビングの入り口で「当てション」したし!

むむむ・・・
おねだりも甘えたも反抗も、ここに極まれり!って感じね。
これがパピーじゃなくって1歳半っていうところが泣かせるわ・・・(涙)

b0070950_1531162.jpg
バトーくんとの「仁義なき戦い」は、まだまだ続きそうです♪
by fenfenblog | 2008-05-18 01:47 | バトーとの日々

5月15日 実は疲れてたのね・・・

今日はダーリンのお話。

GW明けくらいから耳の調子がおかしいって言い出して、
(耳が詰まって、ゴーッと音がする感じらしい)
1度大阪の診療所へ行ったものの全然良くならないので、
再度地元では有名な耳鼻科へ行ったところ、

「突発性難聴」という診断が。
正確には低音が聞こえにくいという特徴の、
「急性低音障害型感音難聴」というらしんだけど。

20~30代の女性に多いようで、男女比は1:2ほどだそう。
原因はストレスや疲れによる自律神経の乱れらしい。

ダーリンは1年前から社会人向けマスターコースに通っていて、
平日の夜を数日と休日の授業をこなしていたから、
もしかして、体の疲れが徐々にたまったのかなぁ?

確かに物理的な授業時間に加えて、家での学習時間もあるものねぇ。
そのうえ、やれグループ発表やら課題研究やらで集まることも多くて。
そういえば、最近家でほっこりしているところを見たことないような。
学校自体は楽しそうに通っているので、そんなに疲れてるなんて盲点だったわ。

なのに私ときたら、
一緒にいられる休日が日曜日だけになってしまったから、
その1日に虎視眈々と「あそこ行きたい~」「これして~」「あれしよ~」って、
お願い&お誘いばかり(汗) ごめんねぇ~!わがまま言って!
超・超・超・反省させていただきました。

今後はもう少し、
ダーリンの休息についても思いをはせることにします。
車の運転ももっと練習して、週末に連れて行ってもらわなくても、
どこにでもひとりで行って用を足せるようにならなくてはね!

お食事なんかにも更に気を使ったほうがいいのよねぇ、きっと。
「らでぃっしゅぼーや」みたいな、旬の野菜が勝手に送られてくる
宅配サービスでも頼もうかしら??
お料理はとっても苦手だけど、再発がとっても多いらしいので、
とにもかくにもがんばりま~す。


さてさて。
ダーリンの話は置いておいて。(早っ!)
この記事をアップしたのには他の理由もあるの。
浜崎あゆみがなったことで注目をあびた突発性難聴だけれど、
これの怖いところは、症状を放置するとダメなこと。
先生も診療の際、カレンダーを出してきて「いつから始まりましたか?」
ってすごく真剣に問診してらっしゃったそう。

ダーリンによると、すごく不快感はあるけれど痛くはないらしいので、
忙しい人だったら、ついつい受診を後回しにすると思う。
でも、耳が聞こえにくくなってから1週間程度で治療を始めないと
完治しにくくなるらしい!ね、思いもかけず怖いでしょ!?

浜崎あゆみさんもきっと超多忙だから受診タイミングを逃したんだろうね。
でも、ダーリンが早く病院に行ったのは彼女のニュースを見てたから。
あゆ、ありがとうございました!

だからこれを読んだ皆さんが今後そんな症状がもし出たときに、
このことを思い出して、早く耳鼻科に行って欲しいなって思って。

みなさんも、毎日たとえ楽しく過ごしていても、
知らず知らず疲れが溜まってるかもしれないので、
ぜひ気をつけてくださいね~♪
by fenfenblog | 2008-05-16 23:21 | 日々是日常

5月1~2日 滋賀・比良の旅~くつろぐ~

比良での「くつろぐ」編です。

今回宿泊させていただいたのは「比良の森 オーベルジュMeson」

こちらは実は、10数年前にここでウェディングをしたらどうかなぁ?って、
ダーリンと何度か訪れていた思い出の場所。
その当時はアメリカ人女性がオーナーで、
私達も最初にここをどうやって見つけたのか、
今となっては思い出せないような森の中にポツンと佇んでいたのだけど、
今回行ってみたら、大きな道が出来てて立派な別荘地の一角になってました。

(写真はクリックで大きくなります)
b0070950_2016358.jpgb0070950_20162160.jpgb0070950_20163946.jpg
一棟だけあるログコテージのみ、犬の宿泊OKです。
現オーナーご夫妻はアメリカ人前オーナーのお知り合いだったのが縁で、
このオーベルジュを引き継いだそうで、とっても素敵な方々でした♪

b0070950_20214059.jpgb0070950_20222595.jpgb0070950_20225022.jpg
現オーナーになってから作られた挙式会場。
広々としたダイニングは10数年前と全く同じ。
お食事は原則こちらで頂くのですがワンちゃん入場はNG。
ディナーはちょっと雰囲気的に辛いけど、朝食はワンと一緒にテラスもOK!

b0070950_2028342.jpgb0070950_20285424.jpgb0070950_20292373.jpgb0070950_2029473.jpg
ログコテージは前オーナーがアメリカから資材を持ち込んでつくり、
現オーナーも内装はほとんど変えてないそうなので、
なんだかとってもアメリカン~な雰囲気です(笑)
バトーくんも、家では禁止のソファの上にのせてもらったりして♪

さてさて。
「オーベルジュ」とは宿泊のできるレストランという意味ですから、
やっぱりお楽しみはディナータイム~♪
犬連れだと本当に食を犠牲にしなければならないことが多くて、
嫌になることもしばしばだけど、今回は期待でムンムン~!
千円ほど追加料金を払えば、お食事をコテージまで運んでいただけます。
b0070950_20362581.jpgb0070950_20364423.jpgb0070950_2037319.jpg
b0070950_20373772.jpgb0070950_20381610.jpgb0070950_20383138.jpg
コテージの食卓なので、テーブルセッティングとかは劣るかもだけど、
お部屋でゆっくりこれだけのディナーを堪能できて、
バトーが騒ぎまくらないか気にしなくていいって至福~♪
サーブの方が入ってくるたびにちょっと吠えてたけどね(汗)
シェフは東京で修行された滋賀県出身のお若い方のようです。
素材のおいしさが分かるようなお料理でとっても楽しめました。

ディナー後は、たくさん置いてあるビデオのなかから、
実在の数学者をモデルにしたラッセル・クロウとジェニファー・コネリーの
「Beautiful Mind」を久々に鑑賞。
長いスパンでの夫婦の在り方について、ふと考えさせられたわぁ~。

そんなこんなで一日目の夜も更けて・・・。
楽しい楽しい二日目の朝がやってきましたよっ!
b0070950_20482267.jpgb0070950_20484351.jpgb0070950_2049347.jpg
朝起きたらバトーくんは、お外をガン見で無言のお散歩要求(笑)
朝食前に周辺をお散歩です♪
いろんな意匠のおうちが多くて見るだけでも楽しかったわ。
「これは別荘か否か?」って推測しながら歩いたりしてね。

b0070950_20522322.jpgb0070950_20524925.jpgb0070950_2053814.jpg
散歩から帰ったらお待ちかねの朝食タイム♪
お部屋でも食べられるけれど、お天気もいいのであえてテラスで。
バトーくんのご飯は部屋に帰ってからゆっくりとね~!
コテージはキッチンが付いてるので、ワンちゃんの食事をつくったり、
フードボールを洗ったりしやすいので便利だわぁ。

朝食が終わったら、10時にチェックアウトです♪

楽しかったね!と思ったのもつかの間・・・。
近江舞子に行った後、ランチタイムにまた戻ってきました~(笑)
というで、ランチもどうぞ!
b0070950_205753.jpgb0070950_20573020.jpgb0070950_20575334.jpg
野菜のワンプレートランチ。
もう少しお値段上がればコースも食べられますが、
どうやら昨日のディナーと同じようだったのでこちらに。
野菜いっぱいでなかなかでした♪
「ボクの、ボクのランチはぁ~~?」と間抜けな顔で訴えるバトーくん。
君のランチはねぇ、悪いけど持ってきてないよぉ~。
っていうか、バトーくんは1日2食だしねっ♪

そんなこんなで、3食をこちらで食いつくし(?)
とっても堪能させていただいたオーベルジュ宿泊。
とても前々日に思い立って予約した宿とは思えなかったわ(笑)
たまたまこの日だけ空いていたことにもびっくりだけど。

なんだか、
10数年前と現在を結んだ不思議なご縁を感じた1日でした。




 
by fenfenblog | 2008-05-15 20:41 | 旅と宿

5月1~2日 滋賀・比良の旅~楽しむ~

もうそれっていつの話~?って自分でも思うほど、
月日が経ってしまいましたが(汗)、
GWに滋賀県は湖西地方の比良に一泊で遊びに行って参りました。
大阪から一時間ちょっとで、山あり水あり、意外なほど楽しめました。

まずは「楽しむ」編。
(写真はクリックで大きくなります)
b0070950_2220469.jpgb0070950_2220159.jpgb0070950_22203260.jpg
こーんなゴンドラに乗ってどんぶらこ~と向かう先は~!
(バトーも300円ほどの乗車料を払い、貸クレートに入ってどんぶらこ~。)
おやおや?スキーリフトが見えますよぉ?
ということで、ここはびわ湖バレイでございまっす♪

こちらはレストランはワンちゃんNGですが、
その他はどこでもワンちゃんOK♪ レストランもテラスはあるし、
お弁当なんかを食べるところもいっぱいあるので、
寒くない限り困ることもなさそう。

b0070950_22261746.jpgb0070950_22272854.jpgb0070950_22275548.jpg
バトーも大喜びで、10mのロングリード短しと走り回る~!
山や坂なんかの高低差が大好きなバトーの面目躍如。
ドッグランだったら勝手に登ってらっしゃ~い、で済むけれど、
リードがあるので着いていかなければならない飼い主は、
その高低差にヘトヘトです。(当たり前よね、スキー場なんだから~ 笑)
ものすごーく広いので、どこかの一角をドッグランにして欲しいって、
真剣に思っちゃったわよ~(笑)

上へ上へ突き進んでいくバトーに付き合っていたら、
いつの間にか地図上のほぼてっぺんに。
我に返ると、寒い~!!GWとはいえスキー場上部は侮れませんね!
これ以上バトーに付き合っていると、確実に風邪引く~ということで、
レストハウスまで下ってテラス席でカレーライスを。

スキー場のカレーライスってすっごい久々に食べたわ(笑)
学生時代、ダーリンは基礎スキーをやってたから、
冬は山にこもってずっと帰ってこなかったよねぇ~?
クリスマスもお正月もバレンタインもなかったよねぇ・・・。
昔はよくこの味のバカ高いカレーを食べたよね♪
なーんて、思わず昔話に花が咲いたりして(笑)

さてさて。お山のあとは水辺へGO! 
車で10分、あっという間に到着。ビバ!琵琶湖!でございます。

b0070950_22412456.jpgb0070950_22414932.jpgb0070950_22421452.jpg
どうです?ちょっと琵琶湖っぽくない感じで素敵でしょ?
こちらはワンちゃんとマリンスポーツが出来る、
「カーメルビーチクラブ&ビーチサイドドッグカフェ」です。
無駄吠えしないワンちゃんなら店内OK。そうじゃない子はテラスへ。
我が家は「まだそうじゃない子」なので(涙)テラスへ~。
お料理もなかなかおいしかったですよ♪
今度は夏にマリンスポーツをしに来たいなぁ~。
でも夏はワンは1日5組(だったかな?)限定らしいので要予約です。

カフェの奥には人知れずドッグランがあり、
ちょうどロングヘアーのブラタンばかり4ワンが遊んでました。
バトーも仲間に入れてもらい、みんなでボールレトリーブ合戦♪
これだけ大勢の中でバトーのボール取りを見たことがなかったので、
すごくおもしろかったんだけど、感想を一言で言うとね・・・
「キミって一人っ子体質だねぇ~。」ってことかしら(爆)
ダーリンがボール持ってるときは一番前でガン見。
ボールが投げられたらそっから後ろへ走るから、
当然走行距離は誰よりも長く・・・。ダッシュでボールには追いつくものの、
毎回ピンクの女の子にやられてました♪
ぷぷぷ。体力はあるけど頭使ってね~、バトーくん(笑)

で、この後オーベルジュにお泊りに行ったんだけど、
先にまとめて、2日目に行った他の場所のことを。

オーベルジュを出て向かったのは、
お宿から車で5分?ほどの、近江舞子水泳場。
たまたまか、いつもなのか、バスで課外活動?に
バーベキューをしに来ていた高校生で浜はいっぱい~!
でも、ワン連れでもBBQできるってことだろうから、
時期を間違えなければ結構使える浜かもしれないわね。
b0070950_2303985.jpgb0070950_231961.jpg
高校生をよけながら浜をゆく。
琵琶湖ってこの周りの松林が雰囲気あるのかないのか・・・(笑)
どうにもこうにもジャポン~♪なのよねぇ。
カーメルさんは松じゃなかったけど、切ったのかな?

やっぱり高校生が多すぎて歩くスペースもなくなってきたので、
駐車場へ戻ってきたところ、裏側におあつらえ向きの釣堀が♪
b0070950_2371485.jpgb0070950_2373126.jpgb0070950_2375028.jpg
なんかいいよね~、こういうのどかな風景。
砂浜対策で珍しく服を着用させられているバトーも
Tシャツの白さが思いもかけずいい感じかも♪
釣堀で寡黙にがんばってらっしゃる釣り人さん達を横目に、
ほっこりぼーっとしちゃいました(笑)

そうそう。
今回思いもかけなかったのが、それぞれの遊び場の近さ!
お宿を中心に全部車で10分くらいなの!びっくり!
10分で山で緑を、湖で青を堪能できるってなんて贅沢なのかしら。
それもワン連れOKでよ~。奇跡~!

滋賀県って湖西はあんまり来ないけれど、
琵琶湖のよさはあまり開発が進んでない湖西とか北のほうにあるのかも。
あ、もちろんワン連れじゃなくってお子様連れでも楽しめるはずよん♪
関西在住の皆様、どうぞお試しあれ~。

絶対また遊びに来よう!って心に決めた我が家でした。
by fenfenblog | 2008-05-14 22:54 | 旅と宿

5月13日 滞る日常

お久しぶりです~!
GWボケもほぼ終わり、元気にしております。

が。

衣替えのシーズンに部屋の模様替えを始めてしまったため、
家の中がすごいことになってしまってました。

まず先日もアップした壁面本棚が到着。

本棚の整理

飾り棚をリビングに移動

寝室の飾り棚兼本棚を実家に移動

リビングのソファを寝室に移動

新しいソファ到着

とまあ、結構な家具の大移動と平行して、

冬物のクリーニング出し

衣替え

靴の衣替え

をやらないといけないってぇ!(汗)
(何気に後半2つは終了してません・・・)
模様替えの時期を明らかに間違えましたね(笑)

でもここ数年、1年半に1度くらいの頻度で引越ししていたせいか、
それくらいの期間たつと、部屋を変えたくなって仕方ないのよねぇ~。
もうこれは一種の「生活習慣病」だわね。
だって、今ちょうどこの家に住んで一年半だもん!

ということで。

GWにバトーくんとダーリンと、
「関西でだって犬と旅行できるもん♪」企画と題して(?)
滋賀県にあるオーベルジュにお泊りにいったのですが、
まだアップできてない・・・。

そのうちUPしたいと思いますのでもう少々お待ちくださいませ。
できれば明日、UP予定です!!(本当か?)

とりあえず告知してしまえば書くだろう・・・がんばりまっす!
by fenfenblog | 2008-05-14 00:44 | 日々是日常


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

人気ジャンル