<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

12月29日 年末のごあいさつ。

なんだかもういつのまにか年末ですねぇ。。。
今年の勤務を終えた皆さん、お疲れ様でした!

一介の主婦といたしましては、
主婦力が一年でもっとも試されるのがこの時期!

わたくしの主婦力とは・・・

年賀状はなんとか表裏の印刷は終わりました。
大掃除に関してはあきらめました。
迎春準備はしません。

てへ♪

ま、こんなもんだろ。

私がやったのはこれだけ。

b0070950_18364338.jpg
ライスボウルのチケット手配と、それに伴う東京旅行の手配~。

知っている人は知ってるが、
私は高校時代アメリカンフットボール部のマネージャーでした。
(きゃっ!青春~!)

アメリカンフットボールの世界では、
日本学生王者と日本社会人王者の対決が
毎年1月3日に東京ドームで行われます。

今までライスボウルには行った事なかったんだけど、
今年は両カードが我が家にとって応援しがいのあるチームなので、
久しぶりのアメリカン観戦+東京観光してくることに。
楽しみです~。

ということで。
2008年はアメリカンフットボールと共に、
元気よく、弾けて、パワフルに、始動したいと思います!

***

このブログを読んでくださってる皆さん。
2007年は、更新ペースはとっても遅いわ、
誰も楽しくない元気なしネタが多かったにも関わらず、
読み通してくださってありがとうございます!
そのうえ、最後は開き直って「犬ブログ」化しちゃって・・・(笑)
こんなんでよろしかったでしょうか~?

2008年は、
基本こんな感じ+もうすこし「上昇気流」なフィーリングで、
お届けできたらいいな~って思ってます。

来年も皆さんとここでお会いできることを
楽しみ&励みにしています♪
コメントもどんどんお待ちしていますね~!
(↑毒舌すぎて、コメントしづらい?・・・すみません~。)


ではでは皆様。
よいお年をお迎えくださいませね。

  
b0070950_18595884.jpg
 「ボク、来年も登場していいでしょうか・・・?」  
by fenfenblog | 2007-12-29 19:02 | 日々是日常

12月26日 久しぶりの中国茶

中国にいた頃、素人ながらも好きだった中国茶。
大連で中国茶道の老師に夜逃げされたのも懐かしい思い出(爆)

中国茶そのものを習うというより、元々小さくて丸いものが好きな私は、
お茶屋さんをあちこち回って、手頃で好みの茶器を
手に入れたりすることのほうが楽しくて、ぼつぼつ買ったりしてました。

が、しかし。

日本に帰ってきて、実際に中国茶を飲むとなると・・・
中国茶のお道具って小さいうえに数が多いのよねぇ。
飲むときにいちいち全部出して、またしまうのって難しい・・・。

結局は、
「出しっぱなし」か「永遠にしまう」かの二者択一になりがち。

夏はだいたい、コーナーボードにしまいっぱなしなんだけど、
冬に中国茶飲まなくていつ飲むのさ?という心の声も聞こえてくる
今日この頃・・・。

そのうえ、この間大連から出張できた友人に、
私の大大大好きな「瑞翔茶庄」の「【女乃】香烏龍茶」ももらってるし、
せめてあの茶葉だけでもおいしいうちに飲みきらなければぁ~!ということで、
思い切って「中国茶器出しっぱなし時代」に突入することにしました。

こんな感じ。
b0070950_171612.jpg
なんか並べ方も全部忘れちゃって、ぐちゃぐちゃ・・・。
茶芸師の皆様、ご教授くださいませ~(汗)

並べてる茶器も純中国風ではなく、和洋中のはちゃめちゃ折衷。
やっぱりそれくらいは力の抜けた感じじゃないと、続きませんからね・・・。

茶葉の入れ物(名前なんていうんだっけ?忘れちゃった・・・)は、
昔々の祖母の持ち物なので、日本茶用のもの。
中にある蓋が重みがあるので、すーっと密閉してくれるところが気に入ってます。

カップはロイヤルコペンハーゲンのエスプレッソカップ。
2層になってるのでお茶が冷めにくいところがグッド♪
中国茶杯は結構小さくて何度も入れなおさないといけないのよね。
それはそれで結構面倒くさいので(←こんな事言ってる時点でダメだぁ!)
自分の飲みやすいものでいただいちゃいま~す(笑)

ま、なんとか色だけは合わせたってことで皆様お許しを・・・。

ダーリンが冬休みに入ったら、
久々に「こたつ」ではなく、「ソファ」に座って、
大連の懐かしい香りのする中国茶を飲みながら、
2008年の抱負(?)など、ゆっくり語り合えたらいいな!と思います。

b0070950_17265448.jpg

ただ問題は、この置きっぱなし「中国茶器セット」に、
いかにしてバトーくんの毛を入れないか!ということなのですが・・・

ま、
中国茶は飲む前に全部のお道具をお湯ですすぐからいっか♪
by fenfenblog | 2007-12-26 17:29 | シノワズリライフ

12月25日 本日発行~。

クリスマス番外編です。。。

企画段階からだと今年春くらいから、
迷いながら、不安になりながら、スランプに陥りながらも、
ひっそりこつこつ地味ぃ~にやってきたお仕事が。

なんとか年内に形になることができました♪
b0070950_17385296.jpg
はじめてのテキストです。

12月25日初版発行・・・ということで、
たまたまだけど、私にとってはなんだかクリスマスプレゼントみたい!
書店などに並ぶのは(並ぶのか・・・?)来年明けてからですが。

対象は、日本語が上手な外国の方で、
目的は、更にその日本語をビジネス対応にブラッシュアップすること。

ウェブ注文などできるようになったら、またリンク貼りますので、
お近くにそんな外国の方がいらっしゃったら、
是非教えて or プレゼントして差し上げてくださいね♪
(↑おぉ~、突然の営業モード!?)

こんな内容、おそらくどなたも興味ないと思うので、
実はこのネタ、ブログに載せるかどうかちょっぴり迷いましたが、
隠してもしょうがないし(?)、隠してて売れないと困っちゃうので(笑)
思い切って載せさせていただきました~。

みんな買ってね♪
(↑おぉ~!またしても怒涛の営業モード!!)


とにもかくにも。
2007年、ひとつでも形になるものが残ってよかったです・・・(涙)
来年も引き続きなんとか踏ん張ってやっていこうと思います・・・。
by fenfenblog | 2007-12-25 18:21 | お仕事

12月24日 Merry Christmas♪

今週は楽しいクリスマス連休~。
関西地方は最後になんとか晴れてよかったですね。

お天気がいいので、
ふぇんふぇん家チームは久々に箕面の滝まで行ってきました。

クリスマスはやっぱり猿に会わないとね。
b0070950_2117054.jpg
ウッキィー♪

お猿さんvsお犬さまバトー、恐ろしいほどの至近距離でございました。
だってこの写真、そんなにズームしてないんだよ~。
箕面の猿には小学校時代から襲われていた私。
そそくさとその場を立ち去りましてございます。

以上。


・・・

あれ?そんだけ?

それだけじゃあ、バトーのファーストクリスマスが可哀想~!
と思ったそこのあなた!!

お優しいですね♪

今年は人間(私とダーリン)もクリスマスは特に何にもしないので、
バトーももちろん何にも無しね~!と思っていたのだが、(→鬼?)
犬の保育園のクリスマス会で、
「ワンちゃん用クリスマスケーキ」なるものを初めて目にしたバトーくん。
一番最初にがっつき、一番最後までしつこく舐めていた模様。

・・・哀れですね・・・そこはかとなく・・・

19頭ものワンちゃんがいるなかで、
群を抜いての貧乏臭さを発揮したバトーくんへの敬意を込めて(?)
このとき彼が食べたfoncerさんのクリスマスケーキを急きょお願いしました。

b0070950_21433623.jpg
どうだっ!バトーがクリスマス会で食べたのとそっくり同じだぞっ。
(当たり前です・・・)

b0070950_21445580.jpg
このケーキは人間も食べられるらしいので、
私達もバトーくんと同じ分量をいただきま~す♪

b0070950_21461863.jpg
食い散らかされる事間違いなし!なので、
バトーくんお遊戯用?のこたつマットの上で、スプーンで頂きます。
・・・が、激しくがっつき食いするため、写真はすべてブレブレ・・・(笑)
あっ!という間に完食しました~!

人間が食べるにはちょっと甘さ控えめ・・・と聞いてたけれど、
なんのなんの、充分甘くておいしかったですよ。

そうそう。
実は、バトーくんへのクリスマスプレゼントはですね、
私が初めて見たときから数ヶ月間ずーっと気になっていたアイテムで、
清水の舞台から飛び降りる・・・というか落下した勢いで購入し、
現在数ヶ月先の完成待ちのものがあるんです。

私はこれで、買いたかったコートを諦めました。
(↑昔の禁煙パイポのCMみたいな感じでお願いしまっす)

さすがに、気でも狂ったか?と自分でも思うお値段だったので、
ダーリンに相談したところ、「いいやん、いいやん~!」って、
同シリーズの別アイテムまで追加注文する羽目に・・・(笑)
どうやらダーリンは元々気でも狂っていたようです♪

また届いた暁には、皆さん見て笑ってやってくださいませ。


とにもかくにも。
皆さま、メリークリスマス~!
今年も後一週間、乗り切って行きましょう~っ!!
by fenfenblog | 2007-12-24 21:59 | バトーとの日々

12月19日 ランチ友達

みなさんは「ランチ友達」ってどのくらいいらっしゃいますか?
私はお外でランチするのが大好きなので、
ほぼ毎日どこかでランチしているのですが。

「ランチ友達」がね・・・
この間気づいたんですけど、現在ほとんどいないんです♪

学校に行ってたり、お勤めしてたときは、
ひとりでお店に入れない~!というタイプではなかったけれど、
普通にみんなと一緒に楽しくランチ派!だったし、
海外にはじめて住んだ大連でも、毎日誰かとランチしたくて、
午前10時になると、婦人会の名簿を見て「今日は誰を誘おうかしら・・・?」
なんて真剣に考えてたくらい、人恋しいタイプだったんです。

でもその後、住む場所をやたらめったら転々とするはめになり、
誰か誘おうにも、その選択肢もない・・・という状況がたびたび発生。
そうなると人間って順応するものですねぇ~。
いつの間にか、ほとんど「おひとり様」ランチが全く平気に。

日本に帰ってきてからも特に何ににも属してないので、
自動的に「おひとりさま」コース。
ついこの間まで、全くそのことに気づいてなかったんだけど、
先日、ちょっとこじゃれたイタリアレストランにひとりで行ったら、
周りがマダム?ママ友?みたいなグループだらけで、
さすがにその時ちょっと気づかされるものがあったわ~。

いやぁ~ん。
まだ若いのに(本当か?)こんなライフスタイルでいいのかしら~ん?と、
我ながらちょっと心配になってしまいました(笑)

でも今日も前から気になっていた、
隠れ家風(普通の家風とも言えるかな)カフェのテラスへGO!
b0070950_8531073.jpg
緑がいっぱいでいい感じ。
今日はお日様ポカポカなのでテラスでも大丈夫でした。

頂いたのはこちら。
b0070950_8543388.jpg
冬季限定ブラウンライスランチ。
生ハムサラダがびっくりのボリューム~!
思わず「頼んでないです・・・」って言いそうになっちゃった。
これに食後にムジカティーがポットサービスでついてきます。

そうそう。
今日はバトーくんとはじめて2人きりでのランチデビュー。
彼はお店の人が親切でサービスしてくれたミルクを
激しくがっついてなめてました・・・。
何が気になるのか、お座りしたままお庭のほうを凝視していましたよ(笑)
バトー&飼い主ともども、彼の写真を撮るほどの余裕がなかったのと、
デジカメの電池が切れちゃったので、バトーくんの写真はありませんが。

帰ってから最近のヒズフェイバリット「こたつ」でくつろぐバトーくん。
b0070950_981559.jpg
「テラス席は寒いから嫌い・・・」

最近ちょっとずつ車の運転も出来るようになってきたし、
これからは「おひとりさま」ランチにプラスして、
「おひとりさま+お犬さま一匹」ランチにシフトするのも楽しいかも?

「ランチ友達」もぼちぼち探しつつ、基本そっち路線で行きますか~♪
by fenfenblog | 2007-12-20 09:08 | バトーとの日々

12月17日 「肝」が傷ついている・・・

夏から始まったことだけど、肌の調子(アトピー)がよろしくない。
最近は寒くなったからか、よくなるどころかひどくなっちゃって。
こんなんではどうやってお正月を迎えようかしら・・・?
お年始なんか行けるかしら・・・?と思案する有様。

やれ犬が原因だ、ダニだ、ストレスだと色々言われるけれど、
結局何が問題かは分からない。

私は子供のころもちょっとアトピーだったので、
体質的にそういう素因は持っているとは思うんだけど、
大人になってアトピーやじんましんが出たのは結婚してから。
ひどくなったのはダーリンが留学に行ってる間。
治まったのは海外に住んでる間。
また調子が悪くなったのは、今年の7月。
帰国して10ヶ月、犬を飼って5ヶ月、家での仕事をぼちぼち始めた頃。

・・・どう考えればいいのかしら?これって?

前に鍼灸院の先生に言われたのは、
夜にじんましんが出たりする人は、自律神経が弱いんだって。
(占いでもいつも「自律神経が・・・」と言われるのは何故かしら?)
夜になって、交感神経と副交感神経が交代するときに、
あまりにも落差が激しくて、うまくバランスが取れないんだそう。

自律神経・・・って言われてもねぇ・・・難しいわ。

でも、もうなんだか皮膚科では埒が明かないので、
久々に漢方薬の処方をしてもらいに漢方薬局へ。
こちらは漢方を煎じてくれて、それをパック詰めにしてもらえるので、
自分であっためるだけ。
漢方薬は顆粒より煎じたほうが、効力が高いですからね~。
かといって、自分で煎じるのは大変すぎるので、
こういうサービスって重要よね。1か月分煎じていただきました。

気になる診断の結果は、「肝が悪い」って。
「見た感じそんな風に見えないけど、イライラする?」って聞かれた。
どうやら舌の裏がすごいことになっていたらしい。

あぁ~あ~。
香港でもいっつも「腎」と「肝」が・・・って先生に指摘されたっけ。
「イライラしないように」って。
してないつもりだったから、どうやって治したらいいかわからずじまいだったけど(汗)

中医学上の「肝」が弱ると、
目とか自律神経とか皮膚病とか婦人科系とかにくると言われてて、
かつ「イライラしたりすると、肝が傷つく」とも言われるのよね。

そういわれれば最近、前に比べてとんでもなく疲れ目なのよね~。
それに、自律神経にイライラ・・・?
何がそんなに「イライラ」なのか、相変わらず自覚ゼロなんだけど(激汗)

どうやら、今の私は血液がうまく循環してない状態らしい。
そういうのも「肝」が司っているのよね。
体を温めたり、適度な運動をするとよいらしいので、
(過度な運動はこれまた「肝」を傷つけてしまうの・・・難しいわね)
1ヶ月ほど前から、週3回ほど「YOSA」というよもぎ蒸しをやって、
体を温めて汗をかくように努力してるんだけどね~。
なかなか一朝一夕には治りませんね・・・。

でも、漢方のうれしいところは、
「犬がだめ」「ダニがだめ」とか個別の原因除去じゃなくって、
どんなことがあっても大丈夫(抵抗力)のある体にしていく・・・
っていう考え方なのがいいわよね。
「犬(バトー)が原因ですよ!」とか言われないだけでも幸せ♪

後、先生に色々症状や生活のことをお話しする中で、
「イライラしないためにも、生活リズムは絶対に作らないと!」
と指摘されてしまった。えへへ。
今って在宅でお仕事してるので仕事とそれ以外の区別がつきにくくて。
それでも全然大丈夫な人も多いと思うんだけど、
どうも私はあまり向いてないタイプみたい。

なんていうの?家で仕事してると家のことが気になって仕方ないの~!
なんだか汚い家で仕事してると、それがすごい気になる!
「そうじしなきゃ・・・でもできない・・・」って感じね。
そう思うとお仕事のほうもなんか集中できないし。
その仕事がはかどらない状態にまたイライラする・・・という悪循環。

はたまた、一旦お仕事に集中しちゃうと晩御飯も作れない。
ダーリンが帰る時にメールくれてるのにそれにも気づかず、
「はっ!」と気づくのはダーリンが帰ってきたときで、
炊飯器のスイッチも入れてない・・・とか。
どうにもこうにも、公私の区別というか切り替えが全く出来ないの。
不器用なのかしら?高倉健?(笑)

後は、仕事の内容が最近ひとりで書くばっかりで、
ちょっとさびしい・・・というか物足りない。
色々と思うことはあっても、うまくそれを発散できないし、
発散させる機会もないって言うか・・・。
どうやら、私はこれだけ通信網が発達した現代にあっても、
Face to Faceで何かをしたい、アナログ人間なようです。

書くのは好きだから、あんまりそんな風に思ってなかったけど、
確かに黙々と書いてるだけだと、なんていうか毒素が体に回って、
自家中毒になってしまってるような感じ。
(そんなに毒々しい人間なのか?とも思ってしまうけれど・・・)

でも確か、村上春樹も毎日長距離を走る理由について、
そんな感じのことを(書くことは不健康な作業だから、
健康的なことをしてバランスをとらないといけない・・・っていうような)
書いていた気がするので、やっぱりそういうものなのかしら?
私の場合走れないので、激しく書いて、激しくしゃべって・・・とか?(笑)

とにもかくにも、
来年は生活のリズムとバランスを整えて、
なるべくイライラしないようにして、
(どうやったらいいのかしら?どなたか教えて~!)
適度に運動して、体を温めて・・・。

傷つきまくった「肝」を修復したら、そのときはアトピーも治ってるかしら?
がんばりまっす!

いやいや。
この無意味な気合がいつもよくないのよね?きっと。
一歩一歩・・・ってことににしましょうか~!


なんか誰の役にも立たない私の不調について、
ダラダラとお聞かせしてしまったけど、
一度頭の中を整理してみたかったので書いてしまいました。
失礼いたしました♪
by fenfenblog | 2007-12-17 16:36 | 日々是日常

12月15日 大好きなワンちゃん

週末はどうしてもワンネタが多くなりますが、
こりゃこりゃ失礼いたしまして・・・。

バトーくんが我が家にジョインしてほぼ1年経ち、
飼い主もブログを(細々とではあるが)やっていて、
毎週末ドッグランやらドッグカフェやらに行ってるにも関わらず、
ワンちゃん繋がりのオフ会~♪とか、なぜか全く参加したことのない私たち。

でも昨日はね、
わたくし、ふぇんふぇん憧れのワンちゃん&オーナーさんに会いに行きました!

ゴールデンレトリバーのボーイくんで~す。
b0070950_17582877.jpg

ボーイくんは
「優良家庭犬」のディプロマを
持っているという、
スーパー聡明なワンちゃん。

このテストってものすごく
難しいんですよぉ・・・。

私なんて、
試験項目と合格規定を
ちらっと見ただけで、
めまいがしましたからねぇ・・・。
ボーイくんに最初に会ったのは1年以上前。
私がもう15年も通っているヘアサロンに
ボーイくんのオーナーさんご夫婦もずっと来てらして、
ある日たまたまボーイくんも一緒だったんだけど、
そのときのボーイくんのカワイイ&立派&お利口なこと!

元々ゴールデンが好きだった私。
「私もこんなワンちゃんと暮らしたいわ~♪」となんだか夢見てしまい、
小型犬の中では微妙に?ゴールデンと似ている?
ミニチュアロングヘアダックスと暮らすことになったのです。

そういう意味では、
ボーイくんに会ってなかったら、今頃犬と暮らしてなかったかも?
いや、確実にダックスじゃぁなかっただろうね。
(だって、ダックスって多すぎてイヤ!って思ってたんだもん)
ボーイくん様様です!

ボーイくんのオーナーさんは、
最初は大型犬のボーイくん用にご自分で手作りされたのがきっかけで、
今は他のワンちゃんにも手織りカラー&リードを作ってらっしゃって。
そのお店はこちら→「グッド・ボーイ工房」

今回お会いできたのも、
こちらのリードをお願いしたのがきっかけで、
「土曜日にヘアサロンに行きますよ~」と声をかけて頂いたの。
私ってば、めずらしく喜び勇んでほいほい行っちゃった(笑)

バトーを実際に見てもらえたので、
色やサイズについてのアドバイスまでもらって、
元々オーダーさせてもらっていたのとは違う、
バトーのテーマカラー(ダークグリーン&オレンジ)で作って頂けることに。

うれしい~。
出来上がるのが本当に楽しみ。
ありがとうございます~!

それにしても。
久しぶりに会うボーイくんはやっぱり本当に聡明なワンちゃんだったわ・・・。
オーナーさんと通じ合ってるっていうか。

でも。
ボーイくんも一日にして優良家庭犬にならず・・・よね?と、
またお犬様しつけ関連本を購入してしまいました(笑)

ハリウッドセレブが教える 愛犬を賢くする21の方法 (ゴマ文庫)
なんかこの本、日本語タイトルと監修がなぜか川島なお美っていうので、
ちょっと「セレブ~」本なのか?と思わせるんだけど、
英語タイトルはシンプルに「The LOVED DOG」。
普通にトレーニング(いわゆる陽性強化法)の本です。

今バトーが通ってるしつけ教室での教えとも、
ほぼ似通っていて、結構参考になりました。

この本に書いてあるように、
犬に負担にならない、楽しいトレーニングを私ができれば、
バトーの「ボーイくんへの道」もちょっと前進?なーんて。

ま、のんびりやりますか。
by fenfenblog | 2007-12-16 18:24 | バトーとの日々

12月14日 犬の体脂肪

またまた犬ネタで失礼します。

皆様ご存知、我が家の巨大ダックス、バトーくん。
幼き日から、獣医さんにずっと「肥満気味」と言われてきました。
まあね、確かに体重は、
ダックス標準の1.5倍もありますからねぇ・・・。
(標準体重は4.5キロくらい)

でも、お医者さん以外の彼を知る皆さんは、
「全然太ってないよ~」と言ってくれる。
そういわれれば、確かにやたらめったら筋肉質なバトーくん。
脂肪より筋肉のほうが重いっていうからね・・・。

そこで、
体重だけ見たら明らかに「肥満」判定なバトーくんが
本当に「肥満」なのかどうか確かめるべく、
「体脂肪」を測定しに、体脂肪計を導入している病院を調べ、
ちょっくら行ってまいりました。
(体脂肪計を導入している全国の病院リストは→こちら

犬の体脂肪判定の目安は、
17%までがやせぎみ。
18~27%が適正。
28~34%が肥満気味。
後は犬種や去勢などの有無によって違うらしい。

さてさて。
バトーくんの測定結果は・・・

・・・24%でした。

おぉ~!肥満ではないではないか!
お医者さんは25%までは適正範囲です、とのこと。
おぉ~!ぎりぎりセーフ?(笑)

でも、ダックスは体脂肪率が高めに出やすい犬種らしいし、
去勢済みなことを考えても、まあ合格よね?
っていうか、体重は6.9キロだったんだもん。

・・・でかっ!!

この体重でこの体脂肪率。
なんともまあ、アンバランスというかなんというか。
はっきり言ってもう「ミニチュア」ダックスとは言えないのでは・・・(汗)
限りなく「スタンダード」ダックスの体重に近いんですけど。
どうしてこんな風になってしまったのか、飼い主にもわかりません。
一度ブリーダーさんに聞いてみたいくらい。

先生は、
「やせてる訳じゃないので、7キロ超えにはならないように。」って。
彼の適正体重は6.7キロくらいでOKらしい。
よかった・・・。それくらいのダイエットならがんばれそう♪


それから、
この病院でも去勢手術の糸のことを聞いてみたら、
バトーが手術した病院と全く同じ糸使いだった。
(精管・血管は絹糸で、その他は合成吸収糸)
こういう糸使いって現在のスタンダードなのかなぁ?
確かに「血管シーリング」の機械は全国でまだ数十台らしいから、
標準設備でないことは確かだろうけど。

でもこの先生は「無菌性脂肪織炎」についてはご存知で、
色々と説明してくれた。
今のところ、その病院でも症例はまだないそうだけど、
もし発症したら、どういう状態になるかということも教えてくれた。

そして、
絹糸に反応する前に糸を取り除く手術をしたほうがいいかについては、
「今また麻酔をかけて開腹手術をするほうがリスクが多い」
と言われた。

発症確率については、確かな事は言えないけれど、
それよりはヘルニアになる確率のほうが高いらしい。
ヘルニアについても、先生は色々と説明してくれた。

うーん。
なんかバトーに絹糸で手術してしまった、という事実は
全く変わってないし、何の問題解決にもなってないけど、
この病気のことを知っている先生に説明してもらえて、
ちょっと気持ち的に落ち着いたかな。

先生のアドバイスどおり、
とりあえず絹糸摘出手術はせず、経過観察することにしました。

b0070950_22144797.jpg
バトーくん。

がんばって
元気でいてくださいね。

巨犬のままでも
かまわないから。
by fenfenblog | 2007-12-14 22:00 | バトーくんヘルスケア

12月12日 クリスマスデコレーション その2

またまたクリスマスの飾りつけ話題で失礼いたします。

きっと誰も興味ないとは思うんですが、
毎年同じアイテムを使っても、ちょっとずつ違う風に飾り付けしよう!
というのが一応私のモットーなので、
自分の覚書ならぬ覚ブログということでお付き合いくださいませ。
(ちなみに去年のしょぼいクリスマス飾りは→こちら。

さてさて。
今年は玄関の正面にちょこっと飾りを持ってきました。
こんな感じ。
b0070950_20194256.jpg
去年の写真と比べるとほとんど同じアイテム・・・(笑)
我が家のツリーはこのミニミニちゃんひとつだけ。
7年前の大連時代から、ずっと私と苦楽を(?)共にしてくれてます。
赤い靴は瀋陽のホテルのカフェで売ってたお菓子の入れ物。
マカロニリースは昔から読んでくれてる皆さんはご存知、瀋陽時代の手作り品。
テディベアもどきは去年カーディーラーさんからもらったノベルティ。

・・・なんともまぁ、安上がりですわね(笑)

ちなみにこんな下駄箱の上に載ってます。
b0070950_2024218.jpg
香港時代から読んでくださってる方にはこれまた懐かしい(?)
香港で足を棒にして買ったシノワズリ下駄箱と、
マカオから瀋陽まで手荷物で意地で持って帰ったスツール。

しかし、なんだね?
いまひとつ寂しいっていうか、いまいちだねぇ~。
ツリーの後ろになんかクリスマスっぽい絵とかなんかアクセントが欲しい・・・
それは来年の課題にすることにします。

そうそう。
今年は寝室もほんのちょっぴり期間限定クリスマス仕様です。
b0070950_2029169.jpg
どこがクリスマスかわかります?

それはこちら。↓
b0070950_20295086.jpg
窓にかかってる布がサンタさん柄だったんです~。
なんかちょっと北欧っぽいデザインでかわいいと思いません?
でもこれ実は手ぬぐいなんですよ♪
1度買ったら、毎年使えるし、かさばらないのもグッド!


ということで。
今年はこんな感じの我が家でした。
by fenfenblog | 2007-12-12 20:42 | 日々是日常

12月10日 山道ドッグラン

我が家のバトーくんは性格が結構白けていて(←クールとも言う)
週末せっせとドッグランなんかに連れて行っても、
いわゆる普通のドッグランでは、走るには走ってるんだけど、
しばらくするとただ外周をつまらなさそうに嗅ぎまわっていたり、
白けたムードで立ち止まっていたりする事も多い。
どうやら彼の野性をイマイチ刺激しないらしい。

まだ飼い主側のドッグラン研究が万全とはいえないのだが、
そんな野性犬バトーが現時点で一番喜ぶドッグランがこちら

「ひょうごアニマルサークル・わんわんパーク」

私の感性では有り得ないくらいのベタなネーミングなこちらは、
あちこちにある美しく工夫を凝らされたドッグランに比べると、
「ドッグラン」と呼んでいいのか?というくらいのそのまんまな山道を
そんなに広くは無いけれど提供してくれています。
そのせいか、いつ行っても結構大型犬が多いよう。

小型犬ダックスなバトーですが、
この「山切り開いてそのまんま」加減が、彼のツボにはまるようで、
ここに連れて行くとめずらしく常にスマイルを浮かべています。
b0070950_20323190.jpg

そしてほとんど止まることなく、どれだけでも走り回ります。
b0070950_2043556.jpg
 「わー!」

b0070950_20442424.jpg
 「わーいっ!!」

b0070950_20452054.jpg
 「きゃっほーい!!!」

延々このようなテンションでご満悦。
さすがダックス。一応猟犬(笑)
思わず、アナグマをこの野っ原に放ってみたくなる私。

木枯らしに吹かれて凍えている飼い主のことは、
一応は気にしてくれているようで、呼んでももちろん来ませんが(涙)
置き去りにしようとすると焦ってついて来ます。
b0070950_2051053.jpg
 「待って待って~」
ま、所詮彼は子分なので、こんなもんですな(笑)

私とダーリンと自分で一つの群れだと認識しているようで、
並んで歩いていると、真ん中に割り込もうとします。
b0070950_2054115.jpg
 「僕がリーダーですから~」

山道で走り回ってとってもこのドッグランを楽しんでいるバトー。
でも飼い主である私とダーリンにも、ここならではの楽しみが・・・。

それは、バトーが調子に乗って走り去っていって見えなくなった隙に、
ふたりして木陰や茂みにしゃがんで隠れる事。

「飼い主がいなーい!!」と焦りまくってあちこち走り、
私たちを見つけるや否や、超高速でこっちへ走ってくる彼を見るのが、
何度やっても止められないくらいに楽しい~!
これがあるからこのドッグランに行くのよね♪なんて思っている、
ちょっぴり意地悪な飼い主なのでしたぁ~。
by fenfenblog | 2007-12-10 20:57 | バトーとの日々


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

その他のジャンル