<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ニュータード・バトー!?

皆さま。

「Neutered」(ニュータード)と「Intact」(インタクト)って、
何のことがご存知ですか?

私はもちろんご存知じゃありませんでした。

「Neutered」(ニュータード)とは・・・
生殖器を取り除いて中性にした動物達を指す言葉だそうです。
おそらくニュートラルと同じ語源でしょうね。
「Intact」(インタクト)とは、生まれたままの状態の動物のことだそう。

先週の土曜日、
インタクト・バトーはニュータード・バトーに変身しました~!
そうなんです。「去勢手術」を受けたんです。

去勢手術については、今賛否両論ある昨今のペット業界。
私も一応あれこれ調べて、メリット・デメリットを自分なりに考えました。

メリットについては、
・発情期のメス犬を追い掛け回さなくなる
・追いかけたいのに追いかけられないストレスから開放される
・生殖器系の病気にならない
・ちょっと長生きする・・・(というデータもある)

などなどありますが、
私が最も重視していたメリットは
・マーキングしなくなる(・・・おそらく)
↑これですよ、これ!

10年前までの飼い犬業界では、
散歩中に電信柱に片足上げてジャー!は当たり前。
以前実家で飼ってた赤柴のサムも、足上げまくりでした。
それはそれは、爽快な感じでね♪

しかーし!
現在はそれは「マーキング」という名称でよくないものとされていて、
少なくとも「都市部」の「マナーがよいとされる飼い主」は、
おしっこジャー!の後、水を流して~、消臭スプレーをシュッシュッ!
としなくてはならないことになってるんです。
「えー、めんどくさい~!」(→悪い飼い主の心の声・その1)

それが嫌なら、というかマーキング癖のあるオス犬は、
ドッグカフェなどのマーキングご法度地帯に行く際には、
生理パッドみたいなのを腹巻みたいに巻きつける
マナーベルトなるものを装着しなければならない、今のご時世。
「えー、一生腹巻~?ダサい~!」(→悪い飼い主の心の声・その2)

ということで、
マーキングをどうしても阻止したかった私は、
バトーくんが足を上げてしまうその日までに、
哀れな去勢手術を決行しなければならなかったわけです。

でも手術はやっぱりなるべく子犬期を脱してからのほうが、
身体に負担がかからないらしいので、1日でも後のほうがいい。
なので足上げ開始に怯えながらも、時を過ごしていたんです。

が。
生年月日が1日違いの、保育園の仲良しプードルちゃんが、
軽快に足を上げはじめたのを目撃するに至り、
「いよいよバトーにもそのときが・・・」と、
一ヵ月後の夏の終わりの手術日を予約してしまった私。

勢いで手術日を予約したのはいいものの、
去勢手術にはもちろんデメリットもあるわけです。
・ホルモンのバランスが崩れるので太りやすくなる
・毛艶が悪くなる
などなど。

でも一番のデメリットはこれでしょう。
・全身麻酔は一万匹に一頭程度の確率で死ぬ場合がある

死んじゃったら元の木阿弥。
それでも勇気を出して手術を決行すべきか否か、
手術前日に(遅いって?)それはそれは考えましたよ~。

なんていうか、
オーバーだけど「命」に関する決断を下すのって初めてだからね。
自分自身が入院も麻酔もしたことない未体験ゾーンだったもんで。

まあ、結果としては、
バトーくんは麻酔の覚めも術後の経過も良好で、
去勢後、1ヶ月くらい引きこもりになるワンちゃんもいるなか、
すでにドッグランやドッグカフェや保育園で走り回っているので、
めでたしめでたし・・・でよかったのですが、
愛犬家の方々の中には、「自然が一番!」っていう、
インタクト派の方も多いと思う。
確かに、手術するのは人間のエゴかもしれない。

だからなんというか、
飼い主の都合で本当に申し訳ないけど、
我が家の犬として楽しく暮らす為に、ここはいっちょ我慢してくれるか??
・・・というような気分でした。はい。

なのでもう今後は、
何の病気にもならず、何の手術もせず、全身麻酔もかけることなく、
長寿を全うして欲しいなぁ~・・・

と手術を受けさせた後に思う、
自分勝手な飼い主なのでありました。
by fenfenblog | 2007-09-28 17:13 | バトーくんヘルスケア

9月19日 年女

香港から無事戻ってまいりました~。

香港はやっぱり刺激的でいいですね!
大気汚染も刺激的で、喉が痛かったですが(笑)
お店のつぶれ具合も刺激的。
あの店もこの店もなくなってましたよ~!

そんな楽しい?香港話は後日お届けできるかな?
今週は大量の紙と格闘予定です(涙)

さてさて。
今日はわたくしのお誕生日♪
2回目の・・・と言いたいところだが、3回目の年女イヤーでございます。

2回目の年女だったころの私は、
「黙っていれば大和撫子」フィール。
数々の誤解を招いたものでした。

そして12年後、3回目の年女な私は、
先日初対面のある人に、
「失礼ですけど・・・外資系にお勤めでした?」
「なんだか海外に住んでいらっしゃった感じ・・・」
と言われました。

・・・黙って微笑みを浮かべていただけなのに!

それも微妙に的を得ているところが怖い。
これが私が住んでいたのが欧米だったら、
「おほほ♪ わたくしってば素敵?」とでも勘違いできるのだが、
住んでいたのは「ザ・チャイナ」。
どういう風に解釈すればよいのでしょうか??
見るからに「変な人」オーラを出しているとか?

とにもかくにも、
もう自分を「大和撫子」風・・・だなんて誤解しないほうがいいようです。
12年の年月は人を悲しく(?)させるものですね。

12年後の4回目の年女イヤーのわたくしは、
いったいどこで誰と何をしているんでしょうか?
激しく謎です。

でもせめて初対面の人から、
「宇宙人っぽいですよね・・・」とか言われないよう、
気を配って生きていこうと思います。
by fenfenblog | 2007-09-19 12:06 | 日々是日常

9月13日 明日から・・・

4ヶ月ぶりの香港です。

わーいわーい!なのですが、
今週末届くはずのタイトな締め切りの仕事が
どさっと今日の朝に宅急便で届いてしまい、一気にモードがぁ・・・。
この仕事を香港まで持っていくべきか否か?なんて考えちゃって、
なんだかウキウキ感に激しく欠けています(涙)

そのうえ、先週末から体調があんまり思わしくない。
とりあえず何とか無事に行って帰ってくるぞ!
そして帰ってきた後も寝込んだりせずに仕事をせねば!と、
かなり体調温存モードです。

今回は香港でいろいろ懐かしいお友達にも会いたいな~、
なんて思っていたのですが、ちょっと無理そうです。
みなさん、今回は不義理しちゃって申し訳ありませんが、
次回に私が行くまで香港にいてくださいね~!なんて(笑)

とりあえず、
今回は住んでるときの最後のほうにオープンして、
ずっと気になっていた小さなホテルに泊まるので楽しみ!
前回香港に行ったとき、ホテルの部屋を見せてもらいに行ったので、
部屋が素敵なことはわかっているのでワクワク♪
その近辺の小さなお店なんかを見て静かに過ごすことにします。

ということで。
我が家のお坊ちゃまは今日から保育園がやっているホテルへ。
b0070950_18235262.jpg
こんな風にわーいわーいと遊びながら、しばしお待ちくださいませね。
by fenfenblog | 2007-09-13 18:28 | 日々是日常

9月12日 みなもすなる無線LANといふものを・・・

みなさんこんにちは~。
まだまだ暑いですががんばってますか?

私は福岡から帰ってきた次の日に、
もともと予約していた伊勢志摩に犬連れ初旅行に出かけ、
帰ってきたら口内炎と「めばちこ」(ものもらい)が・・・。
あぁ~。体力なし子です。

さて、本題ですが。
今まで我が家ではノートPCを使ってはいたものの、
ちゃんと机において据え置きで使ってたんです。
プリンタやらLANケーブルなんかあるしね。

ところが。
私が家でちらっとお仕事するようになり、
ダーリンも今までは会社のPCだけ使っていたけど、
家で学校の課題などをするようになり、
PC奪い合い合戦が勃発!(ちょっとオーバーか?)

私も仕事の気分転換で外にPCを持ち出すにも、
A4サイズでは大きいわ重いわバッテリーが持たないわの3重苦。
そこで、初期投資!には大きすぎる金額だが、
モバイルPCを購入してしまいました。

Panasonic Let's Note W5シリーズ
感想から言いますと、ハードはいいです~。
軽い!小さい!充電長持ち(10時間くらい)!
でもWindows Vista、まったく使いこなせてません・・・(涙)
XPでぜんぜんよかったのに~。もう売ってないんだもんなぁ。
これだから資本主義っていやよ。

んで、これまた遅ればせながらの初体験なのですが、
せっかく無線LAN内蔵のモバイルなので、
無線LANルータを買って、無線LAN設定してみました!
ということで、これは記念すべき「無線LANからの初アップ!」です。
いやぁ~、亀のような時代遅れながらも嬉しいもんですね。
ちょっと今どき風?な技術を取り入れたときって。
我が家はダーリンがあまりそういうことに興味ないので、
大体こういうPC接続関係は私の担当なのよね・・・。
なので夫婦して時代から遅れる一方。

とにもかくにも、これで我が家のPCライフはしばし安泰。

・・・それにしても。
この投資金額、回収できる日が来るんだろうか?

・・・気にしない、気にしない(笑)
by fenfenblog | 2007-09-13 17:53 | 日々是日常

9月9日 福岡初上陸!

今やっているのとはちょっと別の仕事の打ち合わせ?
というか顔合わせ?で福岡に行ってきた。
新幹線って、実は15年前に一度乗ったきり。
なにせ「みどりの窓口」で切符を買ったことがないんですから。
今回で人生で2度目の新幹線~!
おのぼりな私に同行の友人がチケットを用意してくれました。
乗ったのは「のぞみ」。

b0070950_21385058.jpg
N700?とかいう新しい車両らしいのですが、
クレヨンしんちゃんがひょこゆがんだようなお顔なのね。
きっとそんな顔が一番空気抵抗がすくないんだろうねぇ・・・。

新幹線に乗ってて思ったのは「ずっと地続きなのね~」ってこと。
岡山、広島、山口など、天気予報で聞くような地名が、
停車駅名として出てくるんだもん。
それってなんていうかおもしろいよね~。
飛行機だと目的地にいきなり着いちゃうからこういうのってないけど、
電車は目的地に行くまでの通り道が明確になる感じ。
「旅」感が強いわよね。

福岡ではこれまた福岡在住の友人が予約してくれた
「西鉄イン天神」というホテルに宿泊。
改装直後?とかなのか、とてもきれいでいい感じ。
フットマッサージャーがおいてあったので(女性専用フロアのみ)
お風呂のあと何回もやっちゃった。
このホテルはとくにおしゃれ系って感じでもなかったけど、
そんな普通のビジネスホテルでも今は女性専用フロアがあるのね。
時代の流れを感じますねぇ~。

そうそう。
福岡といえばラーメンでしょ~!ってことで、
ホテルの人にお勧めのラーメン屋さんを聞き、
地図を片手に「一蘭」というラーメン屋さんへいざ出陣!
こちらは全席カウンターのみらしく、
こんな風に投票所のようなお席のしつらえ。

b0070950_21393726.jpg
メニューは「ラーメン」650円一種類で、お店の外で食券で購入。
それにトッピングやら替え玉やらをプラスしていくシステム。
席についたらテーブルにある紙に、味の濃さやらこってり度、
麺の硬さやネギの種類などなどの自分の好みを記入して、
食券を赤いのれんの向こうにいる店員さんに渡します。

b0070950_21421327.jpg
ラーメンが到着したら、のれんを閉められてしまった!
これじゃまさに「投票所」そのものではないか?!
しかしこれはれっきとした「味集中システム」という食べ方らしい。
何も見えず、隣の人とも話さず、黙々とラーメンを味わうべし。
ということらしいです。
すっごいおもしろいシステムだよね・・・。
結構受けました。

9月2日にちょうど大阪なんばにオープンしたらしいから、
「味集中システム」にまたそのうち会いにいこうかな(笑)
by fenfenblog | 2007-09-09 21:48 | 日々是日常

9月4日 それもいいね。

バトーを飼い始めた頃、
「やっぱり生き物が家にいるといいでしょう?」みたいな質問を
大変多く投げかけられた。

とにもかくにも、
「子供がいないから犬を飼った」みたいに思われることが多くて、
「別にそういうつもりじゃなかったんだけど・・・」と超違和感。
それどころか「なんでそんな風に思うわけ?」って
ちょっと、いやかなり憤慨してたりもした。

でも、みんながそう思うのも仕方ないのかなぁ?とか、
まあそういう理由で犬を飼ってる人もいるかなぁ?とか、
実際自分では気づいてないけどそうなのかなぁ?とか思っていた。

まあ実際には、
そんな周りの評判?をグダグダ考える暇はあまりなく、
バトーのやんちゃ対策としつけに必死だったんだけどね。

そんな日々も半年を過ぎ、
ここ最近はバトーとのバトルな毎日もようやく落ち着き、
彼もただヤンチャで訳のわからない生物ではなく、
ちゃんと意志も感情もある存在になってきた。

そしてようやく感じるようになったのは、
「犬は子供の代わりではない」ってこと。
もちろん子供も犬の代わりではない。
(それにしても、こっちを言う人がいないのは何故だろう?)
「犬は犬」「子供は子供」なのだ。(当たり前だって?)

ただ別個の種なのであって、そこに違いはあるが貴賎はないと思う。
もちろん子供は育てば喋るようになるし、排泄物の世話も必要なくなる。
犬はずっと喋れないままだし、ウンチ拾いは一生ものだ。
でもだからといって、犬が子供より劣ってるわけではないと思う。
もちろんその逆でもない。

ということに、
ついこの間「霧が晴れるように」気づいたんですね!突然に。
・・・変な私(笑)

ほんとに生き物の種類に貴賎はないんだなーって。
誰とどう暮らしてもいいじゃない?
犬がいても猫がいてもイグアナがいても魚がいても鳥がいても。
ほかの人に迷惑をかけない暮らし方ができるなら。
これは人間だって同じだよね。
基本的な共存ルールは守るべきだと思う。
そのせいで人間種以外の皆さんが自然じゃない状態で暮らすのは、
人間の勝手で申し訳ないことだけど。

もちろんそれらの種が苦手な人もいる。
それはそれでいいじゃない?無理に好きにならなくても。
さりげなく離れて暮らせば。

犬嫌いな人がいても。
子供嫌いな人がいても。
何が嫌いで何が好きな人がいても、それでいいとおもう。
自分の意見を押し付けあうことほど不毛なことはないね。

おーっ。どことなく悟り?でしょうか。わたくし。(←どこが?)

なのでこれからは
「子供がいないから犬を飼ったのね!」みたいに言われても平気。
全然憤慨なんてしません。だってそうじゃないから。
どうしてかわからないけど、私は犬が飼いたくなって犬を飼ったんです。

それもいいね♪
by fenfenblog | 2007-09-04 23:45 | 雑感あれこれ

9月3日 ダックスはもう・・・

時折通る商店街に昔ながらのペットショップがある。
最近雨後の筍のようにオープンしているおしゃれな犬屋さんではなく、
犬も猫もウサギも鳥も・・・というペットショップ。

そのお店の道に面したショーケースに、
ブラックアンドタンのミニチュアダックスの子犬がいた。
生年月日は我が家のバトーの2週間後の12月生まれ。

いつからそこのケースに陳列されていたのか定かではないが、
2月頃だったか、私が最初にその店を覗いたときにはもういたと思う。
冬が終わり、春が来て、夏が来ても、その子はまだケースの中。
ほぼ同時に生まれた我が家のバトーくんは、保育園なんか通っちゃって、
友達と上へ下への大騒ぎして、どんどんたくましく育っているのに。

もう一匹飼う気は全くなかったけど、
なんか同じ犬種だからか私らしくもなく気になって、
お店の前を通りかかるたびに覗いていた。

7月になったとき、
「この子もう月齢6ヶ月越えたけど売れるかなぁ?」と心配になり、
8月になったときは、もう売れることはないんじゃないかと悲しくなった。
かわいい顔なのに足なんかバトーの半分くらいの太さしかない。
それでも8ヶ月のワンちゃんは子犬とは呼びにくい大きさだ。
表示価格も4万円を切るほど。
いわゆる叩き売り状態?でもずっと値札は出たままだった。

なので昨日、
ショーケースからそのダックスが消えていたのを発見したとき、
一番最初に思ったのは「もしや処分されたんじゃ・・・?」ということ。
思わずそのお店で無理におもちゃなど購入しつつ、
「あそこにずーっといたダックスちゃんはおうちが決まったんですか?」
とお店の人にさぐりをいれてみた。

すると「9月1日に新しいおうちに行きましたよ。
ちょっと前からもう代金はいただいてたんですけどね。」という返事。

どうやら飼い主さんは小さなお子さんのいるご家庭のようで、
変に小さい子犬より、ワクチンも全部済んだ犬がよかったんだそうな。
それはよかったよかった。いいおうちだといいねぇ。
かわいがってもらうんだよ~。

でも、あのダックスちゃん。
いつ見てもめっちゃくちゃ吠えていた・・・。
こんなに吠えるんじゃ、うちではとても無理だわぁ~、
とマンション暮らしの私はよく思っていた。
ダックスの吠え癖は犬種特有の性質なので、矯正するのは結構大変。
それも生まれてから8ヶ月以上を狭いゲージで暮らしていて、
なんのしつけもまだしていないはず。
願わくば飼い主さんが広い一軒屋暮らしで少々吠えても問題なくて、
あのダックスちゃんが聡明なことを祈ろう。

聞いてないけどお店の人が教えてくれたところによると、
ダックスはもう全然売れないんだそうだ。増えすぎちゃって。
そっかー。そうだよねーって感じ。
私もダックスは多すぎて絶対に嫌!って思ってたもん。
なぜバトーを選んだのかは永遠の謎だ。

犬の保育園併設のホテルやグルーミングのワンちゃんを見ていても、
ダックスは3歳以上の仔が多い。コーギーもそうだよね。
おそらくそのころが全盛期?だったんだろうねぇ~。
3歳以下の仔はやっぱりトイプードル強し。
後はイタリアングレーハウンドとかミニチュアピンシャー系。
何気にフレンチブルドック系も今は多いかも。

それにしても。
なんか犬種に流行り廃りがあるっていうのも切ない話だねぇ。
人気があるから繁殖させられて、
繁殖されすぎると飽きられて。

こんなところにも人間の「飽食的」なエゴが見え隠れしますね。
by fenfenblog | 2007-09-04 21:35 | バトーとの日々


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

人気ジャンル