<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カエルの洗剤

これはよくよく考えたら香港でも売っていた気がするのだが、
その時は全く気付かず、というか他の洗剤との区別もつかず。

でも最近、日本でも輸入代理業者ががんばっている!という感じで、
Franc FrancとかDouble Dayあたりの雑貨店では
必ず見かけるようになったキッチン用品。

Frosch(カエル)シリーズの洗剤です~。
b0070950_1845394.jpg
こんな風にギフトボックスになってるところがかわいい。
日本人心をくすぐりますよね!

b0070950_18463449.jpg
ボックスを開けたら中はこんな感じ。
オレンジを使ったエコな洗剤と4倍に薄めて入れるフォームボトル。
今回はこのフォームボトルが欲しくてこのボックスを買ったといっても
過言ではない・・・。
フォームボトルってかわいいのがなかなかないんですよね。
これはちっちゃいカエル柄がかわいい~。

b0070950_18483620.jpg
さっきの写真では箱の奥底で見えませんでしたが、
スポンジワイプも入ってます
このカエルちゃん柄のスポンジワイプはなかなかバラ売りしてなくて・・・。
すでに2枚目のご購入でございます!
なぜなら我が家のキッチンの壁は緑色だから。
ベタな理由でしたでしょうか?(笑)

実は、最初はこの紙で出来たスポンジワイプ(他のデザイン)を
たまたま買って使ってみたら、ふきんの繊維カスが出なくって超便利。
うちはダイニングテーブルがダークブラウンだから、
繊維カスが目立つのよね。。。
んで、その後色んなデザインのワイプを買いあさっていた時に、
たまたま出会ったのがこのカエルちゃん柄。
それで初めてこのカエルブランドのドイツメーカーを知った。
カエルは汚い水では生きられないから、ってことらしい。
粋だねぇ~!

キッチン周りでやる仕事はあまり楽しくないので(私の場合)、
道具だけでも(たとえ消耗品でも!)可愛いほうがいいよね♪
とカエルちゃんを見るたびに思うのでありました。
by fenfenblog | 2007-05-30 18:54 | 私のお気に入り

5月28日 ドガログで動画バトー

ちょっと前からエキサイトブログで動画アップができる
「ドガログ」なるサービスが始まっていたのだが、
全然使う気もないまま今に至っていた・・・。

が。
私のブログは元々色文字も使ってないような渋い代物。
ブログの機能も使っていかないと、時代に取り残される~!
ということで、試しに動画アップを試みる事に。

しかし、
我が家で顔をさらしてよく、かつ動いてなんぼの被写体って、
オンリーワンなんでありんす。

ということで。
我が家のお坊ちゃま犬、バトーくんの登場でごぜぇます~。

休日の恒例、河原での朝のお散歩風景より出典(←大げさ)

まずはオーソドックスにランニングをば。
ビデオ初心者の基本中の基本よね!
っていうか、デジカメ購入5年超、初めて動画ボタン使いました(笑)
最新デジカメじゃないから、画素が荒いねぇ・・・。すみません。

っていうか、このダックス特有のマヌケな走りっぷりったら!
懸命ながらも全然速くないよ~。
限りなく短足ですが、一応猟犬ですので走るのは嫌がりません。


お次はコマンド(命令)練習。
まずは「お座り」からそのまま「待て」。
誘惑として、周りを歩いて回ったりしてみます。
めんどくさくなって「伏せ」そうになったら、お座りの体勢を維持させます。

バトーは元来がぼけーっとしているので、「待て」自体は結構得意。
ただそれは、私のコマンドを守っている!というより、
ぼけーっとしていたら時間が過ぎた・・・ってな雰囲気だが。


さて、調子に乗ってもう一丁!
最後はこの土曜日にしつけ教室で習ったばかりの「着け」の練習。
向かい合った状態から、くるっと犬を回転させて人間の左横へ来させ、
左足に限りなく引っ付いた状態でお座りしたら終了!が理想形。

これはまだまだ習練が必要だねぇ~。
まずおやつに飛びついている時点でわかってないし!
くるっと回るのはいいけど、ラストがお尻が振っちゃって「ハの字」に。
これじゃあいかんのですねぇ。
実際には信号待ちとかで使うわけですからねぇ。

ま、私の誘導もへたっぴなので、お互いに要ブラッシュアップ!ということで。


いかがでしたかぁ?
ドガログを利用して、コマンド練習風景をお送りしました!
毎週のしつけ教室ではこんな感じのことをやってます。
いつになったら、コマンドが完璧にこなせることやら・・・。

道のりは険しいのでございます~!!
by fenfenblog | 2007-05-29 14:00 | バトーとの日々

5月24日 規則正しい生活

今思えば、最終的には衝動買いに違いなかったのだが、
私が犬を飼おうかなぁ~?と思っていた理由は、

①管理費がもったいない。
②犬でもいれば少しは規則正しい生活リズムになるだろう。

という2点に集約されていたような気がする。

①はどういうことかというと、
私の今住んでいるマンションは、最近の流行なのか、
敷地内に色んな設備がある。
その中でもマンションの売りとして、全戸ペット飼育可というのがあった。
なので敷地内に犬用のグルーミングルームがある。
他の売りとしては子育て支援で、託児所やらなんやらの子供用施設。
あれこれ施設はあるけれど、使おうと使うまいとそれらの維持費用は
一律マンションの管理費に乗せられてる訳だ。

子供用の施設は使わないんだから、せめて犬用の施設くらい使わないと、
なんだか割があわないじゃなーい?という、
なんでも元を取ろうとする単純な大阪人的発想だった。

が、実際のところ、
自分でシャンプーするのが面倒くさい&不器用なので、
犬は来たけれど、グルーミングルームは使っていない。
プロ仕様の最新機器の使い方もわかんないしねぇ~。
散歩時に無意味に立ち寄ってブラッシングだけしてみたりしたけど、
そんなの続くわけも無い。

ということで、①についてはまさに計画倒れ。

では②ではどうでしょう。
これはもう思ったとおりの結果になっておりますですよ、はい。
もう最近の私の生活ってば規則正しすぎて怖いくらい(笑)

働いてないときは、朝の10時とか11時とかに平気で起きて、
気が乗らないときは、化粧もせずにパジャマに毛が生えたような
服装で1日を過ごしてしまい、夕刻ふと鏡をみてみたら、
顔面が脂でテカテカしていた~!なんて経験も、
一度や二度ではなかったわたくし。
その自堕落な生活をどうにかする為だけに、
午前中にお稽古事を入れていたほどだ。

しかしだね。
今は我が家のお犬様バトーくんに悪ささせないため、
(一言で言えば監視するため)
ダーリンが出勤する7時に起床。
ダーリンが起きる時に起きないのはご愛嬌。

彼を監視しつつ朝ごはん。
7時半には彼が朝ごはんを欲しそうにうろうろし始めるので、
食器を洗ったりして無意味にじらした後に、彼の朝食タイム。

お次は洗顔だが、私が部屋にいないとそそうする危険があるため、
彼をキャリーケースに押し込めて、洗顔&身支度タイム。
この時まだ時計の針は8時ですよ!!
もう考えられないわっ。8時過ぎには着替えて化粧もしているなんて。

それからお犬様を監視(笑)しつつ、洗濯物を干したり、掃除機をかけたり。
あぁ、朝の光を浴びながら洗濯物を干すなんて何年振りかしら?
この家に越してきてからも、5月までずーっと室内干しだったものね。

そして9時から10時の間に散歩もしくは犬の保育園へ。
散歩はほぼ1時間コース。
保育園に行く時は自転車の前カゴに犬を入れ、10分間の疾走。
朝の10時までに一度はお外へ出るなんて、なんてヘルシーなの!
それも歩きor自転車だなんて。もうびっくりよね。

保育園に送って行った後は、自転車でそのままお出かけ。
もう着替えてるっていうのは本当に外出が身軽よねぇ~!
(低レベルな話ですみません・・・)
お気に入りは駅前のスタバでの読書。

こうやって、朝が快適に始まるとその後の1日が違う気がする。
しかし人間なにかしら用事がないと無意味に出かけたりできない。
そういう意味では、犬がいることで必須の「用事」ができる。
「散歩」だったり、「買い物」だったりね。

そしてその用事に伴って、人との交流が生まれる。
犬関係のお店でのやりとりとか、散歩中での見知らぬ人とのやりとりとか。
これが人間(自分や家族)ことだと、そのひとつひとつに重みがあるけど、
なんと言っても犬のことなので、軽視している訳じゃないが気分が楽。
楽なんだけど、ゆるやかに地域とも繋がってる感を得られるというか。
ぎっちりなコミュニティ活動が苦手な私にはうってつけ。

老境に差し掛かった人が犬を飼うと健康にいいって言われるのは、
散歩で定期的にいくので健康にいいってことだけじゃなくて、
たぶんこういうこともあるわね。

とにもかくにも、
しばらくはフルタイムで勤務しない(できない)と悟った私にとって、
あのときの衝動買い(飼い?)は日本の片隅の一地域で、
健やかなリズムで毎日を過ごす為の必然だったんだなぁ~、と
今更ながら不思議に思うのであります。

こうやって規則正しい生活を送っているうちに、
あれやこれや、あーじゃないこーじゃないって感じだった、
私の「日本再適応」もようやく無事終息しそうな予感。
長かったなぁ~。帰国して8ヶ月もかかったよ!
やっぱりどこに引っ越しても、そこでの生活スタイルが落ち着くのに
絶対に半年はかかるってことね。
地元だからって甘く見てたけど、今回いい教訓になりました。

これからは、そうねぇ・・・
なんだか素敵な予感がしますよっ。
by fenfenblog | 2007-05-24 20:00 | 日本再適応日記

5月23日 切れ易き事劣化した輪ゴムの如し

あのですねぇ~。
ここだけの話、私ってばすんごい短気なんです。むふ。
見た感じは「楚々とした大和撫子」なんですけどね!(←大嘘です)
昨日もビンビンに切れちゃいましたよ~、頭の血管が。

春の目標として車の運転を掲げているわたくし。
教習所のペーパードライバーコースを受講すべく、
自宅近くをスクールバスが通っている教習所へ問い合わせ。
申込に行く時でもバスに乗車していいということだったので、
時刻と乗車場所をHPで調べて、お金もおろし、いざ出陣!

指定されたバス乗り場でバスを待っていたら、来ました来ました~!
「おーい!」とばかりに手をあげて合図・・・したら無視された!
それもなんか「シッシ!」みたいな手振り付き。
っていうか、車線も左に寄らず、停まる気ゼロモード。
周りには私一人しかいず、車もバスしか通ってなかったのによ?
ここは明らかにそのバスのルート上、かつバス停なのよ?
シチュエーション的に見て、私がそのバスを止めているのは明白。

ちょっと~!どういうことよ!と、速攻その場で教習所に電話。
「バス停にバスは来ましたが、なぜか無視されました。」と伝えると、
「ではタクシーで来てください。領収書をお願いします。」といわれたので、
タクシーで教習所へ。

案内所について、名前を告げたらカウンター奥の女性従業員がひそひそ話。
その中の一人が出てきて、いきなり手を出して「領収書を下さい」って。
領収書を渡すと、無言のままお金を出してきた。
「申し訳ありません」とか「お手数おかけしました」などの言葉は一切無し。

んで、バス停の地図を出してきて、「バス停はここなんですけど」って。
私が「これって市バスのバス停のところですよね?ここで待ってました」
というと、「時間は合ってましたか?」だって!
だーかーらー、バスは来たんだって!来たって事は時間は正しいの!
聞いてないのか、分かってないのか。どっちでもすごいけど。

結局、最後まで一度も謝罪されないどころか、
タクシー代をせびりに来たクレーマーみたいな目つきで見られたわ。
タクシーで来いって行ったのはそっちだろっ!!
バスに無視されたというお客のクレームをリカバリー出来るチャンス
であるにも関わらず、この気合のない接客はなんぞね??

もうこの時点で「こんな受付の教習所は嫌!」と切れていたんだけど、
一応ここまできて何もしないのも癪なので説明を受ける。
でもその説明の仕方も超イヤイヤなの~。にこりともしないし。
「教習時間の時間割みたいなものはありますか?」
「9時から6時までです。」
「具体的に何時から何時までのコマがあるんですか?」
「ですから、朝9時からです。」
「じゃあその間はずっと受けられるんですか?昼休みはないんですか?」
「昼休みは3時から3時50分までです。」

・・・こんな情報提供の仕方でいいのか?
っていうか、こんな奴がサービスカウンターに座っていていいのか?
我慢なんねぇ~!!ってことで、さようなら。

帰りに「ここから最寄り駅まで徒歩でどういけばいいですか?」
と尋ねると、「バスに乗っていただいていいですけど?」だって。
あのさー、そのときの時刻は3時過ぎ。
昼休み中で次のバスは2時間後なんだよっ!嫌がらせ?
っていうか、道案内すんのも嫌なのか??

もうなんていうの?最低よね!
駅まで歩きながら、マミちゃんに電話してエキサイトしてたら、
「どうどう!落ち着いて~!」だって。暴れ馬ですかい、わたしゃ(笑)。

最近どうも腹立つことが多いんだけど、なんでかしら?
麗しき日本のサービスはもう幻想でしかないのね~!
帰国してから、美化しきっていた日本の現実を思い知るにつれ、
心の中にある「切れツボ」がビシバシと刺激され続ける毎日。
以前なら我慢していたのかも?しれないんだけど(もう忘れました)
中華圏に突入してから切れやすさに激しく拍車がかかった身としては、
それはも~耐え難いんであります。

先日もこれは切れてはいないけど、納得できないことがあって、
我が家のお犬様のかかりつけの病院を変えたばかり。
レストランなんかでも耐え難いことがあると、店を出てしまう私。
もうほんと「切れやすきこと劣化した輪ゴムの如し」でございますよぉ。
こんなんだから香港の中医の先生に「加味逍遥散」とか
処方されちゃうのね!
これって更年期障害でイライラする人とかも飲むのよ~。

そういえば、何かで見たんだけど、
問題が起きた時に「カッカ」する人と、「メソメソ」する人がいるらしい。
私は120%前者だわぁ・・・。
「メソメソ」って・・・どうやってやったらいいかわかんないくらいだもん。
重症だね、こりゃ。

あぁ~、このままだとなんだかとっても生き辛いわ!(超大げさ)
誰か~、この手の性格の矯正法なぞご存じないですかぁ~?

穏やかな生活を私に下さい~!
by fenfenblog | 2007-05-23 23:01 | 日本再適応日記

5月19日 のどかな映画のような

長崎県大村市滞在の最後の夜です。

ここはとってものどかですよ~。
なんか大阪とは同じ国だけど同じじゃないみたい。
道にあまり人や自転車がいないし。街がのーんびり。
車の運転もしやすい感じ。
私の地元なんて、狭い道を自転車やら人やらが行き来していて、
「えぇ~い!邪魔じゃ邪魔じゃぁ~っ!」って常にイライラするものね。

友人のご実家もとっても広いし、
一歩外へ出ると、なんだかある意味映画に出てきそうな風景が。
b0070950_0104476.jpg
友人宅の前にある自家菜園。

b0070950_0115160.jpg
家の横を続く坂道。

b0070950_0123664.jpg
海のほうへてくてく・・・。

b0070950_0132380.jpg
あっというまに海へ到着。海もとっても日常的。

b0070950_0143047.jpg
山も近いんです。

ねー。なんか最近流行の邦画にありそうでしょ。
「世界の中心で愛を叫ぶ」とかもこんな感じだったような。

が。どんなものにも光があれば陰がある。
デイタイムには私をとってものどかにさせてくれる大村。
ナイトタイムはまた別の顔が・・・。

駅前のお店がみんな(飲食店も)夜7時前に閉まるのは困りますよぉ~!
商店街が7時の時点で真っ暗闇で寂しいですよ~!
道をひとりぽつんと歩くのは怖いですよ~!

うーん。
これはこれで宵っ張りの私としては困るかも。

そういえば前「英語でしゃべらナイト」で工藤夕貴が、
「住むのに最高な場所も最低な場所もない」と語っていて、
引越しだらけの私は激しく同意したものだが、
大阪と長崎を引き比べて、またその言葉を思い出してしまった。

後1日、のどかな長崎を楽しみたいと思いま~す。
by fenfenblog | 2007-05-20 00:31 | 旅と宿

私の中のアフタヌーンティとは。

香港といえばアフタヌーンティ。

味はべつにおいしい~!って訳じゃないけれど、
私もダーリンもお茶をしながらおしゃべりするのが大好きなので、
長居していいよね?という気分にさせてくれるアフタヌーンティが好き。
なので今まで結構あちこち行きました。

超有名どころのホテルでも、
「こんなチンケでどうすんのよ?」というようなものから、
凝りに凝ったスウィーツでうならせられる繊細バージョン、
定番のウェスタンスタイルに最近流行のチャイニーズスタイル、
いわゆるあの3段になったお皿に乗ってくるのやブッフェスタイル、
ウェスタンスタイルの進化系?のやたらモダンなものまで、
ひとくちでアフタヌーンティといっても、
さすが何事においても競争の激しい香港、
色々と楽しませていただきました。

そのなかでも私が好きな味・・・というか、
私が持っている「アフタヌーンティとは」というイメージに最も近い
アフタヌーンティがこれ。b0070950_23341063.jpg
見て~。なんだかすごく素朴じゃないこと?
スコーンも微妙に巨大でお皿からはみ出てるし。
スウィーツもお上品なものじゃなくって、ぼってりした焼き菓子メイン。

なんていうか、私の中でのアフタヌーンティって、
その時のありものを気軽にお皿に乗せて楽しむって感じ。
かしこまってご賞味させていただく・・・というのではなく、
おしゃべりメインでついでにお腹も満腹♪みたいな。
そういうイメージにここのが一番近い。

このアフタヌーンティを出してくれるのは、
アイランドシャングリラホテルの「Island Gourmet」

ここはロビーラウンジとは違い、すっごくちっちゃなコーナーカフェ。
テーブルもとても小さくて落ち着く。
それにここのアフタヌーンティは他のホテルより安い。
価格もやっぱり重要ですものね!

このお店の隅っこのちいさなテーブルで、
巨大スコーンやら、ボリューミーなサンドウィッチやらを
一心不乱に食べながら、ピーチクパーチクおしゃべりすると、
なんだかとっても「アフタヌーンティ気分」を満喫した気がする私です。
by fenfenblog | 2007-05-19 00:00 | 香港

5月17日 どうしてるかな?

めずらしく本日2本目のアップ。
っていうか、ビジネスホテルでひとりって暇ですねぇ・・・。

そうそう。
今回ホテルで日本ならではのニッチな商品を発見!

それは「加湿器付湯沸かし器」だっ!!
b0070950_0194235.jpg
前は普通のティーサーバー。
後ろの部分から蒸気が10時間でるしくみ。
ホテルで寝るときの加湿ってすごく重要問題よね!
バスタブにお湯張ってみたり、ベッド周りに下着干してみたり。

まあ実際に今使用してみると、
蒸気が出てるんだか出てないんだか定かじゃないくらいの
ちょろちょろ加湿だけど、狭いシングルルームだし、
絶対にやらないよりはましだろう。

それにしてもこういう商品ってニッチよねぇ~。
私は今回始めて見たけど、今はこれってポピュラーな設備なの?
日本ってやっぱりある意味すごいねぇ~。


さてさて。
私が長崎くんだりで泊まっているということは、
GWに引き続きお留守番している我が家のお坊ちゃま犬バトー。
ダーリンは大阪にいるけれど、
彼はこの4月から会社帰りに、とある学校に通っているので、
帰ってくるのが12時近くになることも。
バトーくんはまだそんなに長く留守番できないので、
今回は私の実家にお泊り。
早速当てションしたりして、張り切っているようです(笑)

バトーくん、今頃どうしてるかなぁ~?
なーんてセンチメンタルなことを私が思うわけもなく、
思っているのは、バトー!ちゃんとトイレしろよっ!!ってこと(怒)

でも私がどれだけ願っても、彼はどこ吹く風。
b0070950_0153241.jpg
いつもこんな感じですましてます。
きょとんとして間抜け顔なのは相変わらず。
どうでもいいことだけど、彼は前足がなぜかめっちゃくちゃ太いので、
犬っていうより、アザラシとかアシカっぽいのよねぇ~。

もうすぐ生後半年になるにもかかわらず、
いつまでも子犬足&赤ちゃん顔の彼なのでした♪
by fenfenblog | 2007-05-18 00:20 | バトーとの日々

5月17日 大村から始まる!?

長崎の大村市に来ています。

今携わっている仕事の打ち合わせなのですが、
何気に運命の不思議?を感じます。

今を遡ること10年以上、あれは確か1994年の夏。
私は大村にいました。

当時、駆け出しの日本語教師だったのですが、
日本語教師の求人って、経験者対象のものしかない。
誰だって最初は未経験なのに、一体どうしろっていうのよ?
と思っていた私を最初に雇ってくれたのが、
大村市にある某高等学校の国際交流センター。
そこの交換留学生受け入れのサマープログラムのために、
学校の寮の敷地内に住み込み(笑)、数ヶ月間働きました。

そういう意味では、私の日本語教育系のお仕事歴は、
大村から始まった、といっても過言ではありません。

そして現在。
去年の夏に香港大学のお仕事が内定していたにもかかわらず、
ダーリンが日本帰任になってしまったことで、
さすがの私もがっかり&やる気がそがれてしまい、
「日本語教育はもうヤメだっ!」と思い、周りにも宣言しました。
(このブログでも宣言したような・・・)
なので帰国後は心機一転、派遣社員で事務職をやってみたり。

でも不思議ですねぇ。
「辞めた」って言ってる時に限って、仕事が来るんですねぇ。
それも複数。ま、野とも山とも分からぬ仕事ですが。
でも日本語教育系ばっかり。
んで、「もう辞めたんだけど・・・」って言ってるのに、
こういう時ってどれだけ及び腰でも、なぜか立ち消えにならないのねぇ。
これまた不思議と。

一度自分の中で完全にお陀仏になった日本語教育の仕事。
どうしようかなぁ・・・?って回らぬ頭で、しばらーく考えました。
なんかこんな私でも誘ってもらえるうちが花なのかなぁ?
誘ってもらえるのはやっぱり今までやっていたことしかないんだなぁ?と、
すっごいやる気&乗り気かどうかは分からぬままではありますが、
とりあえずちょこっとやってみることにしました。

このお仕事を一緒にしている仲間との打ち合わせの為、
彼女のいる長崎県は大村へやってきたという訳ですが、
大村って結構小さな街で、前回の仕事と彼女は何の関係もないんです。

ね?不思議でしょ?また大村から始まるなんて(笑)
日頃の私は、大村や長崎どころか九州にも縁がないのに。

ということは、この先もやっぱり私はこの仕事をしていくのかしら?
うーむ。いいような、悪いような。
行くべきか、行かざるべきか。
攻めるべきか、攻めざるべきか。
To be or not to be...

ふとそんな複雑な気持ちになる「大村の夜」でございます。。。
by fenfenblog | 2007-05-17 22:41 | 日本再適応日記

やっぱり上海灘が好き♪

昔から「上海灘」の商品が好きだったわたくし。
香港旅行では何があっても必ずぺダービルに赴き、
香港に住んでいた時は、1ヶ月に1回は商品をチェックしていた。

香港に住んで何がよかったかって、
上海灘の新商品をいつでもチェックできて、
それをその時はもちろん買わず(高いからね)、
バーゲンになった瞬間半額とかで購入できたこと!
と思うくらい好き。

どこが好きかというと、
あの無意味な派手っぷりと、大味なシノワテイスト。
自己主張が激しいんだけど、下品一歩手前なところが特に。

今回チェックしたところ、
今季はまさに「上海」がテーマだったみたいで、
上海のテレビ塔とかがプリントされたワンピースなどが売ってました。
まあ、その手のものはあまり好きじゃないのでいいとして。

私達が目をつけたのは、
スターフェリーで欧米人の男の人が着ていたシャツ。
私とダーリンと同時チェック!!
その足でぺダービルへ乗り込んでしまいましたよ。

そのシャツとはこれだ~!
b0070950_2113365.jpg
ラグビーシャツ風ポロシャツ。
よく見ると襟がちゃんとチャイニーズ風に立ってるところがポイント♪
エンブレムもよく見りゃ「双魚」なところが素敵(笑)
肩口にも「1」ってナンバーが入ってます。
うーん。この無意味に派手なキッチュさが、めっちゃツボ。
私は普段黒い服は絶対に着ないのだが、
ここまでアホっぽい黒なら、黒もまた良しって気になるのが不思議。

b0070950_21175419.jpg
後ろはこんな。
「上海灘」~~~!主張してまっせ~!ははは。
やっぱりええ感じやね。

このシャツ、実はレディースなのだが、
水色はダーリン用。胸元がメンズのあわせだしいっかな?って。
ここは欧米人向けのサイズ展開なので、レディースでも十分いける。
このラガーシャツもちょっとデザイン違いでメンズもあったけど、
いつものことながら、巨漢向けとしか思えない大きさだったわ。。。

ということで、
ダーリンも私も超気に入ってこんなバカなシャツを購入してしまい、
思いもかけずペアルックになってしまった!
でも「絶対に一緒に着ないでおこうな!」って熱く確認しあう私達2人。

ペアルックって、結婚指輪もしない夫婦にとっては、
やっぱり恥ずかしいもんですね。
by fenfenblog | 2007-05-14 21:30 | 香港

5月11日 香港でどうしても買いたかったもの

先日の香港旅行。

どうしても買いたい物と、出来れば買いたい物があった。
どうしても買いたい物っていうと、やっぱり必需品系グッズ。
香港で何の気なしに使っていて、日本にもあると思ったら、
意外にない!!ものってあるんですねぇ~、まだ。

その筆頭がこちら↓
b0070950_12462324.jpgそう。
見ての通り、モップ&バケツです。

これは、香港で我が家のお手伝いさんが、
「このモップが一番使いやすいの~」と言って
買ってきて使ってたもの。

日本に帰ってきて、まず頭を抱えたのが、フローリングの拭き掃除!
我が家はの床は濃い茶色なので、掃除機だけでは埃が目立つ!
でも自力で雑巾がけするには大変すぎる!
ということで、雑巾版クイックルワイパーを買ってみたりしたけれど、
部屋の隅までそれで雑巾掛けしようとすると、
ガッツンガッツンとワイパーが角にあたる・・・。

なんだかなぁ~?と思っていたところに、更に、我が家にお犬様が参入!
彼が鼻面をつけながら室内を移動するため、フローリングは激汚れ。
こまめな床の拭き掃除が更に必要な環境になった。

うーむむむ・・・。と困っていたところに思い出したのがこのモップ。
最初はこれに似た物を日本で探したんだけど、
大阪ではなかなか見つけられなかった!
モップ自体が種類が少ないし、あっても横長型の学校でワックスがけに
使っていたよねぇ?って感じのやつ。
それじゃあ、結局部屋の隅はモップの角が当たるじゃないか!!
それにあれっていちいちローラーで水気をしぼるのがめんどくさい。

やっぱり香港のあの魔女タイプのモップがいいな~!

ということで。
ヒンシュクものですが、バケツごと持って帰ってまいりました~!
替えモップも3つほど購入。(先が交換できるようになってます。)

これはどうやって使うかというと、
b0070950_13133341.jpgこうやってモップを水に入れて~、
(当たり前だって?)

b0070950_1314056.jpg上についている丸い受け皿部分にモップを乗せて、
ねじるようにグイグイ押して水気を切るのだ。

結構この絞り方って便利ですよ。
ローラー型みたいに足を使わないでいいし。

b0070950_1314177.jpg日本のバケツはまん丸タイプとか、
やたら巨大な真四角タイプが多いけど、
これは程よい大きさの楕円形なので、
日本のマンションのスロップシンクにもぴったり入ります。
便利~!

日本も最近はマンションなんかオールフローリングとかの家が
多いんだし、もっとこういうモップを売ればいいのに。
ウェットクイックルワイパーなんかじゃ汚れは落ちないんだよっ!
と思ってる人はきっと多いと思うんだけど。

それにしても。
空港でバケツもモップも預ける荷物にしたんだけど、
「これ、FRAGILEでお願いします~」という厚顔無恥。
先っぽをはずしたモップはさながら真っ赤な如意棒状態。
それももちろん「あ、これもFRAGILEでね♪」ってなもんだ。

香港人のチェックインカウンターの皆さん、
絶対これが何か分かってたはずだけど、嫌な顔ひとつせず処理。

そして関空のターンテーブル。
如意棒モップを持った空港職員の方が、
「○○様~!○○様~!」とモップを手渡しすべく、私達を呼んでいた・・・。

こうして、
色んな方々の協力のおかげ?で無事に我が家に到着したバケツ&モップ様。
さっそくモップがけしてみたら、やっぱりいいですよぉ~♪
いいものは、いい!!って感じ。
香港のアマさん(お手伝いさん)の情報に感謝感謝。

みなさ~ん。オススメです!
by fenfenblog | 2007-05-11 13:25 | 香港


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

その他のジャンル