カテゴリ:日本再適応日記( 31 )

7月9日 再適応終了!

みなさまこんにちは!

日本帰国後10ヶ月。
ようやく私の日本再適応プロセスはすべて終わった!と
心から思えるようになったので、

「日本再適応日記」のカテゴリは終了したいと思います。

再適応が終わった今の私はというと、
普通に、当たり前に、日々過ごしてます。

まさに「日々是日常」って感じ。

うーん。
新しいカテゴリは「北摂ライフ」にしようと思ってたんだけど、
「日々是日常」にでもしようかなぁ?
どうかな?いい感じ?

ほんとなんていうか、
当たり前にここにいて、
毎日が普通に幸せっていうのが、
やっぱり一番得がたいことなんでしょうねぇ~。

私のさまよえる「ワンダラー魂」もこのまましばらくは
休眠してくれるといいんですけど(笑)。
by fenfenblog | 2007-07-10 12:14 | 日本再適応日記

5月24日 規則正しい生活

今思えば、最終的には衝動買いに違いなかったのだが、
私が犬を飼おうかなぁ~?と思っていた理由は、

①管理費がもったいない。
②犬でもいれば少しは規則正しい生活リズムになるだろう。

という2点に集約されていたような気がする。

①はどういうことかというと、
私の今住んでいるマンションは、最近の流行なのか、
敷地内に色んな設備がある。
その中でもマンションの売りとして、全戸ペット飼育可というのがあった。
なので敷地内に犬用のグルーミングルームがある。
他の売りとしては子育て支援で、託児所やらなんやらの子供用施設。
あれこれ施設はあるけれど、使おうと使うまいとそれらの維持費用は
一律マンションの管理費に乗せられてる訳だ。

子供用の施設は使わないんだから、せめて犬用の施設くらい使わないと、
なんだか割があわないじゃなーい?という、
なんでも元を取ろうとする単純な大阪人的発想だった。

が、実際のところ、
自分でシャンプーするのが面倒くさい&不器用なので、
犬は来たけれど、グルーミングルームは使っていない。
プロ仕様の最新機器の使い方もわかんないしねぇ~。
散歩時に無意味に立ち寄ってブラッシングだけしてみたりしたけど、
そんなの続くわけも無い。

ということで、①についてはまさに計画倒れ。

では②ではどうでしょう。
これはもう思ったとおりの結果になっておりますですよ、はい。
もう最近の私の生活ってば規則正しすぎて怖いくらい(笑)

働いてないときは、朝の10時とか11時とかに平気で起きて、
気が乗らないときは、化粧もせずにパジャマに毛が生えたような
服装で1日を過ごしてしまい、夕刻ふと鏡をみてみたら、
顔面が脂でテカテカしていた~!なんて経験も、
一度や二度ではなかったわたくし。
その自堕落な生活をどうにかする為だけに、
午前中にお稽古事を入れていたほどだ。

しかしだね。
今は我が家のお犬様バトーくんに悪ささせないため、
(一言で言えば監視するため)
ダーリンが出勤する7時に起床。
ダーリンが起きる時に起きないのはご愛嬌。

彼を監視しつつ朝ごはん。
7時半には彼が朝ごはんを欲しそうにうろうろし始めるので、
食器を洗ったりして無意味にじらした後に、彼の朝食タイム。

お次は洗顔だが、私が部屋にいないとそそうする危険があるため、
彼をキャリーケースに押し込めて、洗顔&身支度タイム。
この時まだ時計の針は8時ですよ!!
もう考えられないわっ。8時過ぎには着替えて化粧もしているなんて。

それからお犬様を監視(笑)しつつ、洗濯物を干したり、掃除機をかけたり。
あぁ、朝の光を浴びながら洗濯物を干すなんて何年振りかしら?
この家に越してきてからも、5月までずーっと室内干しだったものね。

そして9時から10時の間に散歩もしくは犬の保育園へ。
散歩はほぼ1時間コース。
保育園に行く時は自転車の前カゴに犬を入れ、10分間の疾走。
朝の10時までに一度はお外へ出るなんて、なんてヘルシーなの!
それも歩きor自転車だなんて。もうびっくりよね。

保育園に送って行った後は、自転車でそのままお出かけ。
もう着替えてるっていうのは本当に外出が身軽よねぇ~!
(低レベルな話ですみません・・・)
お気に入りは駅前のスタバでの読書。

こうやって、朝が快適に始まるとその後の1日が違う気がする。
しかし人間なにかしら用事がないと無意味に出かけたりできない。
そういう意味では、犬がいることで必須の「用事」ができる。
「散歩」だったり、「買い物」だったりね。

そしてその用事に伴って、人との交流が生まれる。
犬関係のお店でのやりとりとか、散歩中での見知らぬ人とのやりとりとか。
これが人間(自分や家族)ことだと、そのひとつひとつに重みがあるけど、
なんと言っても犬のことなので、軽視している訳じゃないが気分が楽。
楽なんだけど、ゆるやかに地域とも繋がってる感を得られるというか。
ぎっちりなコミュニティ活動が苦手な私にはうってつけ。

老境に差し掛かった人が犬を飼うと健康にいいって言われるのは、
散歩で定期的にいくので健康にいいってことだけじゃなくて、
たぶんこういうこともあるわね。

とにもかくにも、
しばらくはフルタイムで勤務しない(できない)と悟った私にとって、
あのときの衝動買い(飼い?)は日本の片隅の一地域で、
健やかなリズムで毎日を過ごす為の必然だったんだなぁ~、と
今更ながら不思議に思うのであります。

こうやって規則正しい生活を送っているうちに、
あれやこれや、あーじゃないこーじゃないって感じだった、
私の「日本再適応」もようやく無事終息しそうな予感。
長かったなぁ~。帰国して8ヶ月もかかったよ!
やっぱりどこに引っ越しても、そこでの生活スタイルが落ち着くのに
絶対に半年はかかるってことね。
地元だからって甘く見てたけど、今回いい教訓になりました。

これからは、そうねぇ・・・
なんだか素敵な予感がしますよっ。
by fenfenblog | 2007-05-24 20:00 | 日本再適応日記

5月23日 切れ易き事劣化した輪ゴムの如し

あのですねぇ~。
ここだけの話、私ってばすんごい短気なんです。むふ。
見た感じは「楚々とした大和撫子」なんですけどね!(←大嘘です)
昨日もビンビンに切れちゃいましたよ~、頭の血管が。

春の目標として車の運転を掲げているわたくし。
教習所のペーパードライバーコースを受講すべく、
自宅近くをスクールバスが通っている教習所へ問い合わせ。
申込に行く時でもバスに乗車していいということだったので、
時刻と乗車場所をHPで調べて、お金もおろし、いざ出陣!

指定されたバス乗り場でバスを待っていたら、来ました来ました~!
「おーい!」とばかりに手をあげて合図・・・したら無視された!
それもなんか「シッシ!」みたいな手振り付き。
っていうか、車線も左に寄らず、停まる気ゼロモード。
周りには私一人しかいず、車もバスしか通ってなかったのによ?
ここは明らかにそのバスのルート上、かつバス停なのよ?
シチュエーション的に見て、私がそのバスを止めているのは明白。

ちょっと~!どういうことよ!と、速攻その場で教習所に電話。
「バス停にバスは来ましたが、なぜか無視されました。」と伝えると、
「ではタクシーで来てください。領収書をお願いします。」といわれたので、
タクシーで教習所へ。

案内所について、名前を告げたらカウンター奥の女性従業員がひそひそ話。
その中の一人が出てきて、いきなり手を出して「領収書を下さい」って。
領収書を渡すと、無言のままお金を出してきた。
「申し訳ありません」とか「お手数おかけしました」などの言葉は一切無し。

んで、バス停の地図を出してきて、「バス停はここなんですけど」って。
私が「これって市バスのバス停のところですよね?ここで待ってました」
というと、「時間は合ってましたか?」だって!
だーかーらー、バスは来たんだって!来たって事は時間は正しいの!
聞いてないのか、分かってないのか。どっちでもすごいけど。

結局、最後まで一度も謝罪されないどころか、
タクシー代をせびりに来たクレーマーみたいな目つきで見られたわ。
タクシーで来いって行ったのはそっちだろっ!!
バスに無視されたというお客のクレームをリカバリー出来るチャンス
であるにも関わらず、この気合のない接客はなんぞね??

もうこの時点で「こんな受付の教習所は嫌!」と切れていたんだけど、
一応ここまできて何もしないのも癪なので説明を受ける。
でもその説明の仕方も超イヤイヤなの~。にこりともしないし。
「教習時間の時間割みたいなものはありますか?」
「9時から6時までです。」
「具体的に何時から何時までのコマがあるんですか?」
「ですから、朝9時からです。」
「じゃあその間はずっと受けられるんですか?昼休みはないんですか?」
「昼休みは3時から3時50分までです。」

・・・こんな情報提供の仕方でいいのか?
っていうか、こんな奴がサービスカウンターに座っていていいのか?
我慢なんねぇ~!!ってことで、さようなら。

帰りに「ここから最寄り駅まで徒歩でどういけばいいですか?」
と尋ねると、「バスに乗っていただいていいですけど?」だって。
あのさー、そのときの時刻は3時過ぎ。
昼休み中で次のバスは2時間後なんだよっ!嫌がらせ?
っていうか、道案内すんのも嫌なのか??

もうなんていうの?最低よね!
駅まで歩きながら、マミちゃんに電話してエキサイトしてたら、
「どうどう!落ち着いて~!」だって。暴れ馬ですかい、わたしゃ(笑)。

最近どうも腹立つことが多いんだけど、なんでかしら?
麗しき日本のサービスはもう幻想でしかないのね~!
帰国してから、美化しきっていた日本の現実を思い知るにつれ、
心の中にある「切れツボ」がビシバシと刺激され続ける毎日。
以前なら我慢していたのかも?しれないんだけど(もう忘れました)
中華圏に突入してから切れやすさに激しく拍車がかかった身としては、
それはも~耐え難いんであります。

先日もこれは切れてはいないけど、納得できないことがあって、
我が家のお犬様のかかりつけの病院を変えたばかり。
レストランなんかでも耐え難いことがあると、店を出てしまう私。
もうほんと「切れやすきこと劣化した輪ゴムの如し」でございますよぉ。
こんなんだから香港の中医の先生に「加味逍遥散」とか
処方されちゃうのね!
これって更年期障害でイライラする人とかも飲むのよ~。

そういえば、何かで見たんだけど、
問題が起きた時に「カッカ」する人と、「メソメソ」する人がいるらしい。
私は120%前者だわぁ・・・。
「メソメソ」って・・・どうやってやったらいいかわかんないくらいだもん。
重症だね、こりゃ。

あぁ~、このままだとなんだかとっても生き辛いわ!(超大げさ)
誰か~、この手の性格の矯正法なぞご存じないですかぁ~?

穏やかな生活を私に下さい~!
by fenfenblog | 2007-05-23 23:01 | 日本再適応日記

5月17日 大村から始まる!?

長崎の大村市に来ています。

今携わっている仕事の打ち合わせなのですが、
何気に運命の不思議?を感じます。

今を遡ること10年以上、あれは確か1994年の夏。
私は大村にいました。

当時、駆け出しの日本語教師だったのですが、
日本語教師の求人って、経験者対象のものしかない。
誰だって最初は未経験なのに、一体どうしろっていうのよ?
と思っていた私を最初に雇ってくれたのが、
大村市にある某高等学校の国際交流センター。
そこの交換留学生受け入れのサマープログラムのために、
学校の寮の敷地内に住み込み(笑)、数ヶ月間働きました。

そういう意味では、私の日本語教育系のお仕事歴は、
大村から始まった、といっても過言ではありません。

そして現在。
去年の夏に香港大学のお仕事が内定していたにもかかわらず、
ダーリンが日本帰任になってしまったことで、
さすがの私もがっかり&やる気がそがれてしまい、
「日本語教育はもうヤメだっ!」と思い、周りにも宣言しました。
(このブログでも宣言したような・・・)
なので帰国後は心機一転、派遣社員で事務職をやってみたり。

でも不思議ですねぇ。
「辞めた」って言ってる時に限って、仕事が来るんですねぇ。
それも複数。ま、野とも山とも分からぬ仕事ですが。
でも日本語教育系ばっかり。
んで、「もう辞めたんだけど・・・」って言ってるのに、
こういう時ってどれだけ及び腰でも、なぜか立ち消えにならないのねぇ。
これまた不思議と。

一度自分の中で完全にお陀仏になった日本語教育の仕事。
どうしようかなぁ・・・?って回らぬ頭で、しばらーく考えました。
なんかこんな私でも誘ってもらえるうちが花なのかなぁ?
誘ってもらえるのはやっぱり今までやっていたことしかないんだなぁ?と、
すっごいやる気&乗り気かどうかは分からぬままではありますが、
とりあえずちょこっとやってみることにしました。

このお仕事を一緒にしている仲間との打ち合わせの為、
彼女のいる長崎県は大村へやってきたという訳ですが、
大村って結構小さな街で、前回の仕事と彼女は何の関係もないんです。

ね?不思議でしょ?また大村から始まるなんて(笑)
日頃の私は、大村や長崎どころか九州にも縁がないのに。

ということは、この先もやっぱり私はこの仕事をしていくのかしら?
うーむ。いいような、悪いような。
行くべきか、行かざるべきか。
攻めるべきか、攻めざるべきか。
To be or not to be...

ふとそんな複雑な気持ちになる「大村の夜」でございます。。。
by fenfenblog | 2007-05-17 22:41 | 日本再適応日記

4月26日 日本のクリーニング屋事情

さて、皆さんもう衣替えは済まされましたか?

私は1週間以上前に服&靴の出し入れは終了し、
捨てるものは捨て、自宅で洗える物は洗っていたんだけど、
冬物のクリーニングをまだ出してなかった。

その訳は。
お金がないから給料日を待ってたんだよぉ~ん!えへへ。

ということで。
給料日の25日を迎えましたので、なけなしの銭を握り締め、
いざ!クリーニング屋へ。
今回は事前に下調べして、2店に分けて出す事に決めていた。

1店目は安さが売り!の店。
ここにはウールのスラックスやらスカートやら、セーターやらの、
「一応はドライクリーニングしてもらわねば困るがなにぶん大量」の服を
マミちゃんの車で持ち込み。

順調に何十点も出したのはいいものの、
皮手袋数点と、ファーのついたカーディガンは取り扱い不可、だって!
さ、さすが安さが売りの店・・・。
仕方が無いのでそれらは引き取る。

続いて車で2店目へ。
ここは白洋舎ほどではないが、ちょっぴりお高め。
でも保管サービスを利用したいので、値段には目をつぶって、
コートやらジャケットやらかさばるもの数点を持ち込み。
プラスさっき拒否された手袋やらも。

しかーし!
ここでも手袋受け取り拒否!!
おいおい~。手袋ってワンシーズン使い捨てなのか??
結構汚れるから皆絶対にクリーニングしたいと思うんですけどねぇ。。。
ファー付きカーディガンは無事受け入れてもらえたけど。

だがここでまたしても問題勃発。
裏地がラビットファー(安物のね)になっているコートが受け入れ拒否!!
そのときの店員のセリフが振るっている。
「これ、クリーニングしたら高いですよ?いいんですか?」だって。
「工場に回してみますけど、返品になる可能性大ですね。」って。
なんてぇー言いざまだぃっ!他に言い方があるだろう!他に!
でもここは日本なので温和に「じゃあいいです・・・」とやむなく引き取る。

他のコートは一応受け入れてもらえたけど、
その料金設定がまたむかつくの~。
トレンチコートの腰とか首とか手首とかについてるベルトあるじゃない?
(分かります?この説明で)
あれを1個つずつ、1点にかぞえて、まあそれは紛失予防でいいとしても、
1個ずつ200円とか加算するの!!
えぇ~?それって付属物だろっ!
中についてるライナーじゃないんだからさぁ~。
すんごいあくどい商売・・・。どんどん表示価格より高くなっていくよぉ~。

んで、とどのつまりが保管料。
1点いくら・・・式なんだけど、その手首のベルトとかも1点って数えるんだよ~。
もうわたしゃびっくりしてねぇ・・・。怒る気もなくなったわよ。

もう来季からは使うまい。
只今関西北摂で勢力拡大中の「Mクリーニング」。君だよ、君。

とまあ、失意のままMクリーニングを出た私は、
裏地全ファーの問題コートと、手袋数点が入ったビニール袋を抱えて、
駅前の白洋舎へ。

最後の砦(?)の白洋舎。やっぱりさすがでした。
手袋はもちろんOK!
ちょっと破れちゃったりしちゃってるところも繕ってくれる(別料金)そうだ。
裏地全ファーのコートも全然OK!
もちろん見積もり制なんかじゃなく、料金表にちゃんとありました。
当然よねぇ~?それがあるべきクリーニング屋の姿よねぇ~?

んで遅ればせながら、トレンチコートなどのベルトの扱いと
保管サービスの点数の数え方を質問したところ、
ライナー以外は付属物扱いで、クリーニングも保管も別料金は取らないって。
そうよねぇ~?やっぱりねぇ~?
来季からコートの保管サービスは白洋舎にお願いする事にします。

それにしても。
日本のサービスってほんとに意外とまだまだなのよねぇ~。
手袋くらいどこでも洗え~!
なんで冬物クリーニングを3店舗に分けて出さなきゃいけないのよっ!

コートでも手袋でもカビだらけのスラックスでも、
なんでもかんでも家まで取りに来てくれた香港白洋舎が懐かしい・・・。
全部保管してくれるし、電話一本で持ってきてくれるし。
遠い目・・・(笑)

でもまあ、
GW前に廊下に山積みだったクリーニングが消えて、
気分的にはやっぱりすっきり。
よかったよかった・・・。
by fenfenblog | 2007-04-26 20:14 | 日本再適応日記

4月5日 春が来た

昨日桜を見に行きました。
b0070950_16222370.jpg
エキスポランドの桜。

といっても、エキスポランドに遊びに行ったついでに見たんだけど。
エキスポに行くなんて、何年ぶりだろう?
久々に「風神雷神Ⅱ」(←立ち乗り式のジェットコースターです)に乗り、
昔と同じく、目が開けられなかった。
でも風神コースター、ボロボロになってたよぉ。
あれが登場した当初(=私の若かりし日)は結構乗ったよな~って。
だって私くらいの年齢の人がデートで使ってた遊園地って断然エキスポ!

なぜなら私の地元では、
「宝塚ファミリーランドでデートしたカップルは別れる!」という
ジンクスがあったから。

ファミリーランドがダメなら、残るはエキスポかポートピアか。
エキスポのほうが断然近いからね。頻度は上がります。
今は無きファミリーランド。あれ?ポートピアってまだある?

遊園地ネタ繋がりってことでいえば、
ファミリーランドの跡地に出来たドッグパークで犬を飼ったんだった!

今や誰もが認めるやんちゃ犬・バトーくんは只今こんな感じ。
b0070950_16294752.jpg
春眠暁を覚えず・・・
by fenfenblog | 2007-04-05 16:35 | 日本再適応日記

3月26日 再適応不良なのか??

お久しゅうございます。ふぇんふぇんです。
季節はすっかり春模様になってきましたが、
私の心は相変わらずちょっぴりブルーモード。
なかなか完全脱出がはかれず、イライラする今日この頃。

この状態で何が困るかというと、
「友人知人に連絡できない」ってことなんですねぇ~。
はっきりいって、帰国してからまともにメールのやり取りが
出来ていないんですよねぇ~。

なんていうのかしら?
ただ書き散らすブログは何とか書けても、
相手がちゃんといるメールとか電話とかって、
自分がちゃんとしてる時じゃないと厳しい・・・。
もうそんなこんなで数ヶ月経つから、友達なくしちゃう~!
というあせりがまたよくないんですな、こりゃ。

もう、なんてロングな育犬ノイローゼならぬ育犬ブルーなのかしらっ!と、
今ちょっと仕事系でやりとりをしている大連時代の友人に愚痴ったら、

「それって、ほんとに育犬ノイローゼだけなのかなぁ?
 日本帰国後の再適応不良とかもあるんじゃない?」
って言われて、はっ!とした。

もしかしてそうなのかなぁ?って。
帰国して、「日本再適応日記」とかってカテゴリ作った割には、
色々落ち着く前に、派遣労働にいそしんでしまって、
派遣先にあーじゃこーじゃ、アグレッシブになってしまったり、
派遣終了と同時に犬なんて飼っちゃって、
「やれ、トイレが出来ない!」「吼える!」とかってアグレッシブに。

・・・落ち着かなさすぎか?私?

何か気付かぬうちに、日本帰国後の不安を直視しないような
行動に打って出ているとか?
うーん。意外や意外、日本再適応不良疑惑の浮上。
それならそうで、もうちょっとゆっくり考えてみる事にします。
(気付くのが遅すぎ??)

友人の皆様方、もう少々お待ちいただけますでしょうか?
必ず連絡しますので、見捨てないでくださいませね~♪
by fenfenblog | 2007-03-26 14:35 | 日本再適応日記

1月24日 漆黒の闇と薄闇

今やってるドラマ「ハケンの品格」。
現役派遣社員の私から見ると、超非現実的ですが、
つい見てしまいます。
今日はマグロの解体ショーまでこなしてましたね(笑)

私の場合、何も考えず派遣社員になって2ヶ月たちますが、
思うことはただひとつ。

「有能な社員の下でしか働きたくない。」

当たり前の事ですが、会社ってヒエラルキーがある。
それは別に派遣と社員に限った事ではなく、
上司→部下、総合職→一般職、とかね。

ヒエラルキー上、上位置に存在している人は、
下位置に存在している人よりも優れていなければ
このヒエラルキー自体が成り立たないわけだ。

私個人がどうのこうの、ということではなく、
労働市場のヒエラルキーについて思いをはせる今日この頃です。
ヒエラルキーの底辺にいるからこそ見えることもあるしねぇ・・・。
なんていうか、よい勉強ですね。

それから、私の個人的な気付きということでいうならば、
「闇よりは光」がすきだけど、
闇は闇でも「薄闇よりは漆黒の闇」が好きってことを再確認したわ。

え?なんのことかわかんないって?
そうでしょうねぇ・・・。
ということで、解説しよう!

職場の男性についてです。ハイ。
なんか今いる職場、男性が元気ないのよねぇ。。。
「光」も「華」も「活力」も感じにくいっていうか。
若かりし日から体育会系のバカ?に囲まれてきた私としては、
ちょっと物足りないんだけど、ま、それはいいのよ。
別に全員にギンギンギラギラに輝いていただかなくてもね。
そのへんは、ほら個性ってもんがありますし。
暗くても「闇」の素敵さと言うものもありますからね。

しかしねぇ~。
闇と言っても、真っ暗闇、漆黒の闇なら、素敵さもあるし、切れ味もあるし、
何考えてるか全然わかんないから、
「おぉ!人知れずそんなことまでやっていたのかね?君って!」
というような仕事上のドキドキ感もあったりして刺激的なんだけど、
「薄闇」は困るのよねぇ~。

確かに暗いんだけど、薄ぼんやりは見えて(何やってるか読めて)、
でもはっきりしないで、輪郭がぼやぁぁぁぁ~~~!って。
そういうの、超イライラするのよね。個人的に。

うーん。
この我ながら分かりにくい例えを具体的に言うならば、
「おはようございます!」って挨拶したら、
元気よく返してくれて、朝から気分がよくなるのが「光」、
一瞥はするものの無視するのが「漆黒の闇」、
こっちを見もしないでかすかに聞き取れるくらいの声で
「おはよ~」とかなんとかいうのが「薄闇」。

「光」男か「漆黒の闇」男からの刺激的で無理目な指示なら、
もっと毎日楽しいのになぁ~・・・、と思うハケンのわたくし。

そんな職場、どこかにないかしらぁ~?(笑)


注:女性については、これとはまたちょっと違う事を思っているので、
  また機会があればアップしますね。
by fenfenblog | 2007-01-25 00:08 | 日本再適応日記

1月14日 遅くなりましたが。

松の内はすぎましたが、
みなさま新年おめでとうございます。
全く更新してませんが、ブログ閉鎖はしませんので
今年もよろしくお願いします。

っていうか、お久しぶりです~。
なんか最近毎回そう書いてますね・・・。

私は現在気力吸い取られ状態が継続中で、
今だ友人知人へメールも出来ない始末・・・。
PCの前に座る事もほとんどできませ~ん。
忙しいというよりも、気力がぁぁぁ~~!

日本再適応のショック療法(派遣で職場復帰)は
なかなかショックが激しすぎたようで、
私のいたいけな(?)心と身体を蝕んでいます(笑)

あーあ。
いつの間にこんなにずれちゃったんでしょうねぇ、私ってば。
トラディショナルな日本企業とはあまりにもミスマッチなようです。
彼らが変なのか、私が変なのか、それは神のみぞ知る。

そこは、超~~~ナンセンスワールド!だったの。驚き!

今までのブランクを埋めるべく、色々学ぼうと思って入ったけれど、
逆に指導入れたくなっちゃう始末(笑)
(もちろん実際にはナンセンス指導入れられてるけどね。)

ということで(どういうことでかは想像にお任せしますが)、
2007年はもうまともな人間としての復帰は望めない気配濃厚。
規格外商品として生きていく覚悟を決めなければ・・・(涙)

ま、わずかに稼いだお金で香港にリフレッシュに行こうかな♪
(全然反省してない・・・)

そうそう。
毎年恒例(?)今年の目標。

2006年は「肉体改造」だったんだけど、
1月から日本に帰ってくる10月までコンスタントにバレエに通い、
膝下は多少引き締まり、身体も多少柔らかくなり、
なにより身長が1センチ伸びたんですよ~!
これはもしかしたら骨格矯正に通ったせいかもしれないけど、
詰まりが取れたね、きっと。
なので「肉体改造」ちょっぴりは達成。
でも日本に帰ってきて戻っちゃった(涙)

ということで、
2007年は引き続き「肉体改造」にいそしみつつ、
「これが規格外商品の生きる道」を見つけたいと思いま~す。

皆様、今年もどうぞ規格外商品ブログにお付き合いくださいませね♪
by fenfenblog | 2007-01-14 19:24 | 日本再適応日記

12月28日 年賀状が・・・

お久しぶりでございます。
皆さんお元気ですかぁ~?
私は元気じゃありませんよぉ~!へろへろですよぉ~!

ブログもサボってしまって失礼しました。
いやぁ~、残業だらけで帰宅が遅いのと、
1日中PCを見てるので、夜には目が限界なのとで、
ブログどころかメールの返信も一切できてない今日この頃。
いいんでしょうか、こんなていたらくで。

友人の皆様、見捨てないで下さいね(涙)

いやぁ~、なんていうの?
ネタはいっぱいあるんですのよぉ~。
思うことも色々とね(笑)
過激すぎてそのまま言ったら「ピー」音がいっぱい入りそうな。
毒舌満載のネタがねぇ・・・。

全部ボツにするのもしのびないので、
コンプライアンス違反コードぎりぎりの線で、
来年はもうちょっと更新していきたいと思います。

っていうかぁ~!
来年の抱負よりも、今年そのものを私は無事に越せるのか?
年賀状に全然手をつけてないんですけど!
郵便局でようやっと年賀状購入に成功したのが1週間前。
いのししの絵柄をネットからダウンロードしたのが3日前。
本日28日現在、住所録の改定もまだ済んでませんけど?

だ、だいじょうびでしょうか??
明日もまだ出勤ですよ?

年賀状出さなくっても日本在住日本人としてOK?
やっぱだめかなぁ~?

私からの年賀状が待てど暮らせど到着しなくても、
友人の皆様、見捨てないで下さいね♪

とりあえず、エクスキューズしてみる気弱なわたくしでございます。
by fenfenblog | 2006-12-28 22:59 | 日本再適応日記


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

人気ジャンル