4月22日 ガングリオン

みなさん「ガングリオン」ってご存知ですか~?
私は今日知りました。

これは書こうか書くまいか一瞬逡巡しましたが、
私のように恐怖におびえる人がいたらよくない!
と思いまして書かせていただきま~す。

さて、
昨日ようやく病み上がり状態から回復しつつあったわたくし。
荒れきった手にイソップのハンドクリームなど塗りこんでおりました。

すると。

左の手首になんか巨大なしこりがあるではありませんかっ!!

どんなんかって?

見たい?

見たくない?

でも見せちゃおう♪ (も~恥さらしねぇ、私ってば。)

こんなん↓
b0070950_23461327.jpg
(怖いもの見たさの人のみ拡大してもよろしくってよん )

親指の付け根、なんかおっきくないかい~?
見た瞬間、「なんじゃこりゃ~??」ってさすがの私も目が点。

いつからなっていたのか不明ですが、
確実にイースターの最終日にはなかった!
なぜかというとその日あるお店でブレスレットを試したから。
いくつも左手にジャラジャラつけてみてたときにはそんなのなかったもん。

ということはここ1週間で成長したのだろうか?
それともハンドクリームを塗る前にコンロの掃除をしたんだけど、
力を込めすぎたとか??

深まる謎。

「手首」「しこり」などのキーワードでネット検索するも
ひっかかるのは「リンパ管炎」とか「リウマチ」とか
恐ろしげな物ばかり。

気になってしょうがないので、
早速今日最寄のC病院へ行って来ました。

結果、
先生が私の手首を見て診断を下すまで、たった3秒。

その病名は・・・

「ガングリオン」

だってさ♪

ちなみにガングリオンってこんな症状

「若い女性」に多く見られて、
「手を酷使するピアニストやテニスプレーヤーなど」にも多いんだって。
まぁ・・・私ってば芸術家もしくは働き者?
私は左利きなので左手に出来るのはある意味納得!な訳ね。

先生に言われたオススメ治療法は、
その1.ほっとく。
その2.注射器で中の液体を吸う。
その3.切開して中身を出す。(これはオススメじゃなかったな、確か)

とにかく先生はその1.を強力レコメンドだったので、
飲み薬も塗り薬ももらわず帰ってきました。
(というよりガングリオンに効く薬はないらしい)

帰宅してから「ガングリオン」で検索かけたら
みんなの体験記とかもやたらめったら出てきて、
かなりポピュラーな病であるらしいことが伺える。

それらの情報を統合すると、
注射器で抜いても2週間くらいで元に戻るんだって!
それしきの効果で体に注射器刺したくないよねぇ~?

んで、手術は手首は色んな神経とか血管とかあるから、
結構危険だし、そんだけやっても再発するらしい!!
そんなリスクテイクして再発するなんてアホらしい~!

昔ながらの治療法としては、
分厚い本をガングリオンの上に載せて叩く、とか
自分で無理やり潰す、とか
ハンマーで叩く、などなど
なかなか「ブレイブ」なメソッドも(笑)
捻挫もした事ない私には到底無理な芸当でございます。

いろんな人の体験記を見たところによると、
「ガングリオーナー」なる単語も発見。
ガングリオンは完治はほとんどしないらしく
(完治したらそれはただのラッキーのようだ)
まずはほっておいて、大きくなりすぎて神経を圧迫しだしたら
注射器で抜いてみて、また大きくなるまでほっておいて・・・
の繰り返しのようだ。
30回も注射器で液を抜いたツワモノの日記も発見!
ガングリちゃんはなかなかの頑固者のようです。

私もデビット先生のオススメどおり、
とりあえず(仕方なくともいう)ガングリちゃんは持ったまま放置し、
彼(何故か男)の成長動静を伺うことに。

ということで。
謹んで本日「ガングリオーナー」の仲間入りを
させて頂くことにあいなりました。
これを読んでる読者の方で、既にガングリオーナーの方が
いらっしゃいましたら、初めましてどうぞよろしく♪
っていうかそれくらいポピュラーらしいんですよ。
先生に全然相手にされないくらいには(笑)

あー、それにしても。
せっかく若い女性に多い病?にカテゴライズされるような
麗しい症状とお近づきになったと思ったら、
またしても「できもの」系やんか~~~(涙)

やっぱりどう転んでも、体の悪いところは
「目に見えちゃう」体質のわたくしなのでございました!

チャンチャン♪
by fenfenblog | 2006-04-23 00:20 | 香港


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

その他のジャンル