「ふやさないのも愛」

b0070950_0191661.jpg

たくさんの方に聞かれたのでちょっとご紹介☆
↑この写真、「PhotoFunia」というサイトでフォトレタッチしてます♪
ダウンロードしなくてもできるのでお手軽ですよん~。



さて、ここからはあまり面白くはないけれど、
私がいつも気になってることについてのお話。

「ふやさないのも愛」
先日の動物愛護週間のテーマでしたよね。
これは「むやみに繁殖しない・させない」ということだと思いますが、
ちょっと違う意味で胸にグッときたのは私だけでしょうか・・・。

私は犬の保護活動などに関わっているわけではないし、
ボランティアスピリットからは程遠い場所にいる人間ですが、
犬のレスキュー団体のHPの里親募集ページや、
犬の預かりボランティアの方のブログなどは
結構拝見しています。

そういうところでそれぞれのワンちゃんの保護された経緯を読むと、
切なくなったり、呆れたり・・・とても考えさせられます。
ダックスも最近本当に多いみたいで。
やっぱりダックスちゃんのプロフィールは他人事とは思えず見てしまいます。

先日も、とある預かりボランティアさんのところにいた
ダックスのパピー坊やがあまりにも可愛くって。
(母犬が臨月でレスキューされてそのまま2匹出産したの)
思わず里親に名乗りを上げそうになったけど、
幸か不幸か関東地区限定募集だったので、
毎日里親さん見つかったかなぁ?って、ブログを覗いたり。

こんなにたくさん里親さんを探しているワンちゃんがいるって思うと、
私も誰か引き取って・・・なんて思ってしまうけれど、
ここで冷静になることこそが、「ふやさないのも愛」なんだろうなって。

一時の感情ではなく、
何年ものスパンで犬の命と犬との生活、
そしてそのクオリティを考えること。
自分自身のキャパシティを知ること。

この「犬の生活の質」っていうのが重要な気がします。
ただ飼えばいいとか、生かしとけばいい、とかではなくて。
一匹一匹のQOLを大切に。。。
そう思えば、むやみに増やすなんて出来ないはず。

廻りまわってそんな風に考えてみれば、
私にできる一番の動物愛護とは、
バトーの生活の質をこれから先何年もに渡って、
責任を持って保証することなんだろうなぁ・・・と、
当たり前のことに気付いた私です。

「動物愛護」とは遠いところにあるのではなく、
青い鳥のように、私たちのそばにあるものなのかもしれません。。。
by fenfenblog | 2010-10-07 01:24 | バトーとの日々


大阪北摂での暮らしあれこれ。  ダーリンと愛犬バトーと私。  そしてたくさんの好きなモノ。


by fenfenblog

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々是日常
バトーとの日々
私のお気に入り
雑感あれこれ
ドッグトレーニング
バトーくんグッズ
バトーくんヘルスケア
読書
旅と宿
学び
お仕事
シノワズリライフ
日本再適応日記
香港
上海・瀋陽
未分類

リンク

過去HP
瀋陽滞在時↓
しぇんしゃんとシェンヤン
大連滞在時↓
ダーリンと大連

メール
fenfenblog@excite.co.jp

タグ

以前の記事

2013年 12月
2012年 07月
2012年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
カメラ

ライフログ

BOOK

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)


月の影 影の海〈上〉十二国記


獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)


愛するということ


白洲次郎 占領を背負った男


流転の王妃の昭和史


きらきらひかる


君について行こう―女房は宇宙をめざした


こころの処方箋


おとな二人の午後


重曹生活のススメ


野菜調理のスーパーテクニック 若林三弥子の蒸しいため ボアメーザ ペケーナ

COMIC

Banana fish another story


チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


のだめカンタービレ(1)


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

MUSIC

別冊スキマスイッチ

DVD

ニューヨーク・シティ・バレエ ワークアウト(日本版)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


十二国記 月の影 影の海 一巻

MOVIE

花様年華


ある日どこかで


シュリ


ノッティングヒルの恋人


恋人たちの予感 特別編


キューティ・ブロンド〈特別編〉

その他のジャンル